【受診を希望する患者さんはこちら】

和文著書・総説 (2009年)             


                                    

  1. 青木功喜. 流行性角結膜炎. チャイルドヘルス 7: 40-43, 2009
  2. 有賀俊英. アデノウィルス結膜炎の診断のポイントは? T眼感染症医療の標準化−ガイドラインのポイントはこれだ. あたらしい眼科26(臨増):3-5, 2009
  3. 石田 晋.眼疾患とVEGF. 特集「眼科における抗VEGF療法」.Ophthalmic Foresight 14:  4-5, 2009
  4. 石田 晋. 加齢黄斑変性 最新の抗VEGF療法. 特集「眼科診療のスキルアップ 網膜硝子体編」. 眼科インストラクションコース20: 108-112, 2009
  5. 石田 晋. レニン-アンジオテンシン系と糖尿病網膜症. 基礎研究. 糖尿病学: 78-85, 2009
  6. 石田 晋. 糖尿病網膜症の血管・神経病態におけるレニン-アンジオテンシン系の役割.特集「糖尿病網膜症の成因と治療−最近の知見」. 内分泌・糖尿病科28: 211-218, 2009
  7. 石田 晋.眼科領域におけるVEGF阻害薬.Cutting Edge. Medical Science Digest 35: 126-127, 2009
  8. 石田 晋. 生活習慣病と抗加齢眼科学 レニン-アンジオテンシン系と炎症制御による網脈絡膜病態の是正. 第112回 日本眼科学会総会 宿題報告II 「生活習慣病と眼」. 日眼会誌113: 403-423, 2009
  9. 石田 晋.RASはアンチエイジング眼科学において治療標的となるか.特集「アンチエイジングにおけるRASの重要性を知る」. Angiotensin Research 6: 42-47, 2009
  10. 石田 晋. 血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬の基礎と臨床.「学術」.東京都眼科医会報206: 2-6, 2009
  11. 石田 晋. 眼科医にとって研究とは何か. 知識の習得のしかた、勉強のしかた. 「眼科研修へのアドバイス」. 眼科研修ノート: 48-51, 2009
  12. 石田 晋. メタボエイジング仮説に基づいた眼のアンチエイジング. 予防医学. 「眼疾患の診断と治療」. 眼科研修ノート: 410-417, 2009
  13. 内尾英一、 大野重昭. ウイルス性結膜炎ガイドライン. 「眼科のガイドライン早わかり」.あたらしい眼科26: 869-873, 2009
  14. 大野重昭. アレルギー性結膜疾患の最近の話題. 「アレルギー性結膜疾患の基礎と臨床」. アレルギー・免疫16: 9-11, 2009
  15. 大野重昭. 眼疾患とアスタキサンチン. アスタキサンチンの科学: 36-46, 2009
  16. 大野重昭、北市伸義. ガイドラインに基づくアレルギー性結膜疾患の診療. アレルギア: 27-30, 2009
  17. 大野重昭、 吉田和彦. 診断および治療上の進歩 眼科学. 「臨床医学の展望2009」. 日本医事新報 4429: 71-76, 2009
  18. 鴨下 衛、野田実香、坪田一男. 急性期疾患の治療を目的とした輸液 眼科的緊急疾患の輸液.「今すぐ役に立つ輸液ガイドブック」. 総合臨床増刊58: 252-256, 2009
  19. 北市伸義、石田晋、大野重昭. アスタキサンチン. 「気になる目の病気のすべて」. からだの科学 263: 131-134, 2009
  20. 北市伸義、大神一浩、大野重昭. アスタキサンチンの抗炎症効果. 「眼と機能性食品」. Functional Food 3: 26-30, 2009
  21. 北市伸義、大野重昭. 眼科用薬. 治療薬ハンドブック2009: 161-194, 2009
  22. 北市伸義、大野重昭.アレルギー性結膜疾患の非アレルギー的側面. Topics in Atopy 8: 24-31, 2009.
  23. 久保田俊介、石田 晋. レスベラトロール. 「サプリメントサイエンスセミナー」.あたらしい眼科 26: 1081-1084, 2009
  24. 久保田俊介、石田 晋. レスベラトロールの可能性.「眼と機能性食品」. Functional Food 3: 155-160, 2009
  25. 厚東隆志、野田航介. オメガ-3脂肪酸の作用メカニズム. 「眼と機能性食品」. Functional Food 3: 38-42, 2009
  26. 齋藤 航、石田 晋.加齢黄斑変性.「気になる目の病気のすべて」.からだの科学 263:  69-73, 2009
  27. 塩田 洋、 大野重昭、 青木功喜、 安積 淳、 石古博昭、 井上幸次、 薄井紀夫、 内尾英一、 金子久俊、 熊倉重人、 田川義継、 谷藤泰寛、 中川 尚、日隈陸太郎、 山崎修道、 横井則彦. アデノウイルス結膜炎院内感染対策委員会. アデノウイルス結膜炎院内感染対策ガイドライン. 日眼会誌 113: 25-46, 2009
  28. 園田康平、 南場研一. ベーチェット病眼症状に対する顆粒球・単核球除去療法. 「血球成分除去療法の新しい展開」. 日本アフェレシス学会雑誌28: 68-71, 2009
  29. 田川義継. アデノウィルス結膜炎の診断のポイントは? T眼感染症医療の標準化−ガイドラインのポイントはこれだ. あたらしい眼科26(臨増):6-8, 2009
  30. 田川義継. 非ステロイド性消炎薬. 「日常臨床での点眼薬の特徴とコツ」. 眼科51:  149-153, 2009
  31. 田川義継. 眼感染症事典 強角膜炎 単純ヘルペス角膜炎 実質型. 「眼感染症の謎を解く」. 眼科プラクティス28: 108-109, 2009
  32. 田川義継. 眼感染症事典 強角膜炎 単純ヘルペス角膜炎 内皮型. 「眼感染症の謎を解く」. 眼科プラクティス28: 109-110, 2009
  33. 田川義継. 臨床所見から推理する! 角膜浮腫. 「眼感染症の謎を解く」. 眼科プラクティス28: 41-42, 2009
  34. 南場研一、 石田 晋、大野重昭. 免疫抑制剤(カルシニューリン阻害薬)の歴史・作用機序・副作用. 日本の眼科80: 1143-1147, 2009
  35. 野田航介. 留学のすすめ. 知識の習得のしかた、勉強のしかた. 「眼科研修へのアドバイス」. 眼科研修ノート: 55-56, 2009
  36. 野田実香. 外眼部 眼瞼・眼裂・眼球突出. 「眼のバイオメトリー 眼を正確に測定する」. 眼科プラクティス25: 12-14, 2009
  37. 平山雅敏、 野田実香. 外眼部麻酔(眼瞼麻酔). 「ワンポイントアドバイス」. 眼科手術 22:  58-61, 2009
  38. 吉田和彦、大野重昭. 眼科疾患の臨床栄養医学. 臨床栄養医学: 527-533, 2009
Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.