【受診を希望する患者さんはこちら】

国内招待講演 (2010年)             


                                  

  1. 石田 晋. 糖尿病網膜症の分子病態. 第104回沖縄眼科集談会(2010年12月11日、宜野湾)
  2. 石田 晋. VEGF の観点からみたDME. Macugen DME研究会(2010年12月4日、東京)
  3. 石田 晋. 眼科専門医の立場から:糖尿病網膜症の炎症病態とレニン−アンジオテンシン系. 武田高血圧シンポジウム2010 in SENDAI〜臓器間の血管障害メカニズムを探る〜(2010年12月2日、仙台)
  4. 石田 晋. RASと糖尿病網膜症. 第14回腎とレニン・アンジオテンシン研究会(2010年12月1日、東京)
  5. 石田 晋. VEGF の観点からみたDME. Macugen DME研究会(2010年11月27日、大阪)
  6. 石田 晋. VEGFとその受容体および種々のVEGF阻害薬について. 「最近の進歩シリーズ33」抗血管新生薬の基礎と臨床. 日本眼科学会専門医制度第53回講習会(2010年11月13日、神戸)
  7. 石田 晋. 眼組織レニン-アンジオテンシン系の成立. イブニングセミナー 「第6回Pfizer Ophthalmics Award Japan受賞記念講演」. 第64回日本臨床眼科学会(2010年11月11日、神戸)
  8. 石田 晋. 機能性食品因子と眼疾患. 第181回宮城県眼科集談会(2010年10月30日、仙台)
  9. 石田 晋. 糖尿病性網膜症とレニン-アンジオテンシン系. 第4回臓器保護を考える会(2010年10月27日、東京)
  10. 石田 晋. 糖尿病網膜症におけるレニン-アンジオテンシン系の役割. シンポジウム「糖尿病網膜症治療の進歩」. 第25回日本糖尿病合併症学会(2010年10月22日、大津)
  11. 石田 晋. レニン-アンジオテンシン系をターゲットとした糖尿病網膜症の新しい治療戦略. シンポジウム「これからの眼科における新しい治療薬」. 第30回日本眼薬理学会(2010年10月2日、東京)
  12. 石田 晋. 糖尿病性網膜症とレニン-アンジオテンシン系. 第28回道北眼科集談会 (2010年8月28日、旭川)
  13. 石田 晋. 機能性食品因子と眼疾患. 第10回とやま眼科学術講演会(2010年7月24日、富山)
  14. 石田 晋.抗VEGF療法におけるアイソフォーム選択性の理論とLEVEL臨床試験の実際. Pfizer web シンポジウム (2010年7月15日、札幌) 
  15. 石田 晋. 糖尿病性網膜症の血管病態とレニン-アンジオテンシン系. 第133回糖尿病談話会 (2010年6月23日、東京)
  16. 石田 晋. 抗VEGF療法と加齢黄斑変性. 北見網膜硝子体セミナー(2010年6月14日、北見)
  17. 石田 晋. レニン-アンジオテンシン系と糖尿病網膜症. 「生活習慣病と合併症」研究会(2010年6月1日、札幌)
  18. 石田 晋. 糖尿病網膜症の炎症病態におけるレニン−アンジオテンシン系の役割. 第4回四国Eyeランドセミナー(2010年5月23日、高松)
  19. 石田 晋. 糖尿病網膜症と受容体随伴プロレニン系. 第7回未来創薬・医療イノベーションセミナー(2010年5月11日、札幌)
  20. 石田 晋. 抗VEGF薬の薬剤特性から考えた使い分け. サブスペシャリティサンデー「網膜硝子体疾患の新しい診断と治療」. 第114回日本眼科学会総会(2010年4月18日、名古屋)
  21. 石田 晋. 抗VEGF療法におけるアイソフォーム選択性の理論. ランチョンセミナー「抗VEGF薬の選択:理論と実際」. 第114回日本眼科学会総会(2010年4月17日、名古屋)
  22. 石田 晋. 受容体随伴プロレニン系と脈絡膜血管新生. シンポジウム「加齢黄斑変性の病態解明」. 第114回日本眼科学会総会(2010年4月15日、名古屋)
  23. 石田 晋. 抗VEGF薬の有効性と安全性. 第140回和歌山眼科学会(2010年4月11日、和歌山)
  24. 石田 晋. 糖尿病網膜症と受容体随伴プロレニン系. 和歌山医大眼科研究会(2010年4月10日、和歌山)
  25. 石田 晋. レニン-アンジオテンシン系と糖尿病網膜症. 深川医療連携懇話会(2010年3月24日、深川)
  26. 石田 晋. 糖尿病網膜症におけるレニン-アンジオテンシン系の関与. 第7回つくば糖尿病と網膜症研究会(2010年3月11日、つくば)
  27. 石田 晋. 北海道発フードファクター. 第5回北海道アンチエイジングクラブ(2010年3月7日、留寿都)
  28. 石田 晋. 網膜の疾患:基礎と臨床. 北大皮膚科特別講演会(2010年2月24日、札幌)
  29. 石田 晋. 糖尿病網膜症に対する新しい治療ターゲット レニン-アンジオテンシン系の役割. 第56回北海道眼科医会総会(2010年2月20日、札幌)
  30. 石田 晋. 眼科領域における抗VEGF療法-基礎から臨床まで-. 豊島区医師会学術講演会(2010年2月17日、東京)
  31. 石田 晋. 急増する失明疾患 加齢黄斑変性-その予防と治療-. 第46回北辰メディカルフォーラム(2010年2月4日、札幌)
  32. 石田 晋. 薬剤. シンポジウム「眼科手術の必須知識アップデート」. 第33回眼科手術学会(2010年1月23日、東京)
  33. 石田 晋. レニン-アンジオテンシン系と糖尿病網膜症. 第7回福島糖尿病眼研究会(2010年1月16日、福島)
  34. 大野重昭. 子どもの目の感染症. 三重県小児科医会講演会(2010年11月18日、津)
  35. 大野重昭. 血管炎を呈する眼病変. 第3回西関東血管炎フォーラム(2010年10月28日、東京)
  36. 大野重昭. 炎症性眼疾患研究の過去と未来. 第9回札幌医大眼科講演会(2010年10月9日、札幌)
  37. 大野重昭. 小児の眼感染症の診断と治療. 小児科医のための眼診療セミナー(2010年9月23日、大阪)
  38. 大野重昭. 機能性食品による疾患の予防と緩和. 第1回北海道フードインフォマティクス研究会セミナー(2010年9月7日、札幌)
  39. 大野重昭. 小児の眼感染症の診断と治療. 旭川小児科医会学術講演会(2010年8月25日、旭川)
  40. 大野重昭、南場研一、北市伸義. 内科専門医のアレルギー性結膜疾患診療. 第22回日本アレルギー学会春季臨床大会(2010年5月8日、京都)
  41. 大野重昭. 前回の振り返りと本邦におけるベーチェット病治療の現状と課題. 第2回ベーチェット病眼疾患ミーティング(2010年4月15日、名古屋)
  42. 大野重昭. ガイドライン『ウイルス性結膜炎』. 眼科診療アップデートセミナー 2010 in京都(2010年3月13日、京都)
  43. 大野重昭. 炎症性眼疾患の基礎と臨床. 第8回とやま眼科学術講演会(2010年2月6日、富山)
  44. 大野重昭. 炎症性眼疾患の最近の進歩. 三重県眼科講習会(2010年1月31日、三重)
  45. 加瀬 諭. 網膜前膜の病理組織から何がわかるのか. 手稲渓仁会病院網膜硝子体センター病診連携の会(2010年6月19日、札幌)
  46. 北市伸義. 虹彩炎. 第49回日本網膜硝子体学会/第16回日本糖尿病眼学会(2010年11月28日、大阪)
  47. 北市伸義. ウイルス性結膜炎の最近の話題. 空知臨床眼科懇話会(2010年11月24日、滝川)
  48. 北市伸義. 当施設における配合剤の使用経験. 緑内障講演会(2010年11月22日、札幌)
  49. 北市伸義. 糖鎖研究の状況. ベーチェット病眼疾患ミーティング(2010年11月11日、神戸)
  50. 北市伸義. ぶどう膜炎再発抑制免疫機構の発見. 札幌医科大学眼科研究会(2010年10月9日、札幌)
  51. 北市伸義. サルコイドーシスの鑑別診断に役立つ血清マーカー. 第30回日本サルコイドーシス学会(2010年10月2日、浜松)
  52. 齋藤 航. ワイドエリアスキャンによる網膜総合解析. モーニングセミナー「専門医による専門医のためのOCT症例報告会」. 第49回網膜硝子体学会総会/第16回糖尿病眼学会総会(2010年11月28日、大阪)
  53. 齋藤 航. 黄斑疾患に対する小切開硝子体手術:方法と戦略.空知眼科臨床懇話会(2010年10月20日、滝川)
  54. 齋藤 航. 加齢黄斑変性に対するPDTトリプル療法の治療成績. 第12回北海道黄斑疾患研究会(2010年9月25日、札幌)
  55. 齋藤 航. 糖尿病網膜症 update -最近の話題-. 札幌市内科医会・眼科医会合同学術講演会(2010年6月30日、札幌)
  56. 齋藤 航. 抗VEGF療法におけるアイソフォーム選択性の理論. 札幌黄斑セミナー(2010年4月19日、札幌)
  57. 田川義継. アデノウイルス結膜炎診療のポイント. 第11回日本アデノウイルス研究会(2010年7月10日、東京)
  58. 陳 進輝. 観血的房水流出路再建術のトレンド. 徳島眼科集談会(2010年12月12日、徳島)
  59. 陳 進輝. そうだったのか!瞼と涙の働きとその病気. 医療従事者講習会(2010年11月7日、札幌)
  60. 陳 進輝. なるほど納得!緑内障. 第31回北海道眼科看護研究会(2010年10月30日、札幌)
  61. 陳 進輝. 進化し続ける観血的房水流出路再建術. 瀬戸内眼科コロシアム(2010年10月11日、広島)
  62. 陳 進輝. 全周のシュレム管周辺の手術. 若手眼科医のための勉強会(2010年10月8日、東京)
  63. 陳 進輝. 360°スーチャートラベクロトミー変法. . Technique/Complication Management 部門 Gold. Ophthalmic surgery film award Webシンポジウム(2010年9月29日、筑波)
  64. 陳 進輝. Suture Trabeculotomy変法の可能性. イブニングセミナー 「Canal SurgeryとImplant:日本の現在と世界の現在」. 第21回日本緑内障学会(2010年9月24日、福岡)
  65. 陳 進輝. 観血的房水流出路再建術の現在と未来. 函館眼科医会講演会(2010年8月23日、函館)
  66. 陳 進輝. 観血的房水流出路再建術の現在とこれから. 緑内障釧路学術講演会(2010年7月3日、釧路) 
  67. 陳 進輝. 観血的房水流出路再建術のトレンド. 旭川学術講演会(2010年4月22日、旭川)
  68. 陳 進輝. 360°suture trabeculotomy 変法のアドバンテージ: 120°切開のトラベクロトミーとの比較. 第12回眼科サージャンの会(2010年2月26日、前橋)
  69. 陳 進輝. 360°スーチャートラベクロトミーの適応と可能性. ルミガン点眼液新発売記念講演会(2010年1月30日、札幌)
  70. 陳 進輝. 流出路再建術. シンポジウム「緑内障手術のアウトカム Today」. 第33回眼科手術学会(2010年1月23日、東京)
  71. 南場研一. ぶどう膜炎のベーシックプラクティス. モーニングクルズス「ぶどう膜炎のベーシックプラクティス」. 第64回日本臨床眼科学会(2010年11月13日、神戸)
  72. 南場研一. 免疫学から解きほぐすぶどう膜炎. 第10回北海道眼科ワークショップ(2010年10月23日、札幌)
  73. 南場研一. サルコイドーシスと鑑別を要するぶどう膜炎—非肉芽腫性ぶどう膜炎. 第30回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会(2010年10月2日、浜松)
  74. 南場研一. ベーチェット病へのレミケード投与における長期成績〜有効性と安全性〜. 第1回北海道眼炎症免疫セミナー(2010年8月20日、札幌)
  75. 南場研一. ステロイド薬の使い方. サブスペシャリティサンデー「ぶどう膜炎診療の進歩」. 第114回日本眼科学会総会(2010年4月18日、名古屋)
  76. 野田航介. 加齢黄斑変性の疫学と最近のトピックス. 手稲渓仁会病院網膜硝子体センター病診連携の会(2010年6月19日、札幌)
  77. 野田航介. 白血球接着分子をターゲットとした分子標的治療-眼科領域における臨床応用の可能性-. 第10回北海道眼科フォーラム(2010年2月6日、札幌)
  78. 野田実香. 「眼形成手術の基本」解剖と手技. 青森眼科倶楽部(2010年12月4日、青森)
  79. 野田実香. 眼瞼手術の基本手技と解剖. 第316回熊本県眼科医会研修会(2010年11月20日、熊本)
  80. 野田実香. 眼瞼腫瘍を自分自身で治療するためのポイント. モーニングセミナークルズス「よくみる眼瞼腫瘍を自分で診て治すコツ」. 第64回日本臨床眼科学会(2010年11月12日、神戸)
  81. 野田実香. 明日から役立つ眼瞼疾患の知識. 三市眼科医懇話会(2010年11月5日、千歳)
  82. 野田実香. 眼形成眼窩領域アップデート. 眼科アップデートセミナー in 岡山2010(2010年8月29日、岡山)
  83. 野田実香. 眼瞼手術とその基本手技. Ophthalmic Conference in 北九州 (2010年7月14日、小倉)
  84. 野田実香. 様々な眼瞼下垂手術とその原理. 岩手眼科レディースセミナー(2010年6月26日、盛岡)
  85. 野田実香. 身近な眼瞼疾患. 第3回眼科臨床セミナー 平成ひよこの会(2010年5月22日、札幌)
  86. 野田実香. 身近な眼瞼疾患 〜解剖と基本手術手技〜. 北海道眼科医会生涯教育講座.札幌眼科集談会(2010年3月6日、札幌)
  87. 野田実香. 眼瞼外反の治療. シンポジウム「眼瞼の形成手術」. 第33回眼科手術学会(2010年1月24日、東京)
  88. 野田実香. 炭酸ガスレーザーの利点〜最も利点が発揮できる眉毛下皮膚切除術. ランチョンセミナー「眼瞼手術を見直そう!」. 第33回日本眼科手術学会(2010年1月23日、東京)
Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.