【受診を希望する患者さんはこちら】

その他の業績 (2011年)            


                                    >>業績メニューに戻る

社内講演・学外講義等

  1. 石田 晋. 今さら聞けないVEGFの基礎知識と抗VEGF療法の展望. 慶大眼科クルズス(2011年6月16日、東京)
  2. 齋藤 航.糖尿病網膜症‐治療法と眼内レンズの選択−.HOYA社内講演会 (2011年8月5日、東京)
  3. 野田航介. 糖尿病網膜症の病態生理とその治療戦略. ノバルティスファーマ眼科社内勉強会 (2011年6月10日、札幌)

刊行物掲載(プロシーディング等)

  1. 石田 晋. 【編者】網膜・硝子体. Ophthalmology Update 2011年総集編. 23-26. 2011年12月
  2. 石田 晋. 【翻訳・解説】スペクトラルドメイン光干渉断層計による黄斑部神経線維層厚の初期糖尿病性変化. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年12月配信)
  3. 石田 晋. 【翻訳・解説】加齢黄斑変性の病態におけるCD21,CD35,CD55の関与. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年12月配信)
  4. 石田 晋. 【翻訳・解説】加齢黄斑変性:ゲノムワイド関連研究で日本人の滲出性加齢黄斑変性の感受性座位2つを発見. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年11月配信)
  5. 石田 晋. 【翻訳・解説】女性におけるオメガ3不飽和脂肪酸および魚の食事摂取と加齢黄斑変性の発症. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年11月配信)
  6. 石田 晋. 【翻訳・解説】VEGF阻害薬の硝子体投与後に発生する持続性の眼圧上昇. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年11月配信)
  7. 石田 晋. 糖尿病黄斑浮腫の分子病態と治療法の基本戦略. シンポジウム「糖尿病黄斑浮腫の薬物治療—新たな可能性と問題点」. 第65回日本臨床眼科学会デイリーニュースNo.2: 2. 2011年10月8日
  8. 石田 晋. 【翻訳・解説】一卵性双生児で臨床所見の異なる黄斑変性における喫煙と食事(ベタイン,メチオニン、ビタミンD)の影響—エピジェネティクスの関与. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年10月配信)
  9. 石田 晋. 【翻訳・解説】抗酸化物質,亜鉛,オメガ3不飽和脂肪酸の食事摂取による加齢黄斑変性の遺伝的リスクの低下—ロッテルダム研究からー. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年10月配信)
  10. 石田 晋. 【翻訳・解説】血清ビリルビン高値と糖尿病網膜症—久山町研究からー. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年10月配信)
  11. 石田 晋. 【翻訳・解説】早期加齢黄斑変性におけるドルーゼン密度に関連する脈絡毛細管板血管脱落. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年9月配信)
  12. 石田 晋. 【翻訳・解説】糖尿病黄斑浮腫に対するペガプタニブの効果:第2/第3相多施設ランダム化二重盲検試験の2年成績. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年9月配信)
  13. 石田 晋. 【翻訳・解説】滲出型AMDに対するVEGF Trap-Eye 第2相試験CLEAR-IT2の1年成績. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年9月配信)
  14. 石田 晋. 加齢黄斑変性の抗加齢眼科学-サプリメントの分子基盤-. 第11回日本抗加齢医学会. ランチョンセミナー. Ocuvite News セミナーレポート. 2011年8月
  15. 石田 晋. 炎症性疾患としての糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症. 学会トピックス 第115回日本眼科学会. 日眼会誌. 115: 11, 2011
  16. 石田 晋. 【翻訳・解説】狭義の滲出型加齢黄斑変性とポリープ状脈絡膜血管症における硝子体黄斑界面. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年8月配信)
  17. 石田 晋. 【翻訳・解説】ポリープ状脈絡膜血管症と滲出型加齢黄斑変性における脈絡膜厚. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update. (2011年8月配信)
  18. 石田 晋. 網膜血管病変に対するカリジノゲナーゼの薬理作用と臨床応用. 第115回日本眼科学会ランチョンセミナー. 2011年7月 
  19. 石田 晋. 【監修】カルテオロール塩酸塩の最近の知見—酸化ストレスを中心にー.  ミケランLA点眼液1%・2%. 2011年7月
  20. 石田 晋. 【翻訳・解説】高速・超高分解能OCTによるRPE網膜内遊走の検出. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年7月配信)
  21. 石田 晋. 【翻訳・解説】黄斑偽円孔から分層黄斑円孔への進行 ― SD-OCTによる観察研究. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年7月配信)
  22. 石田 晋. 糖尿病網膜症におけるレニンーアンジオテンシン系の役割. シンポジウム 糖尿病網膜症治療の進歩. 糖尿病合併症. 25: 63-67, 2011
  23. 石田 晋. 【監修・資料提供】特集アスタキサンチンの視機能に対する保護作用. Supplement News Vol.1. 2011年6月
  24. 石田 晋. 【翻訳・解説】ステージ3+未熟児網膜症に対するベバシズマブ硝子体内投与の有効性. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年6月配信)
  25. 石田 晋. 【翻訳・解説】1型糖尿病アフリカ系アメリカ人における増殖糖尿病網膜症の早期指標としての網膜細静脈径. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011 年5月配信)
  26. 石田 晋. 【翻訳・解説】バルブロ酸による網膜色素変性治療の可能性. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年5月配信)
  27. 石田 晋. 【翻訳・解説】網膜中心静脈閉塞症における自然経過による視機能予後. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年4月配信)
  28. 石田 晋. 【翻訳・解説】特発性黄斑円孔における脈絡膜のEDI-OCT (enhanced depth imaging optical coherence tomography) —横断的前向き研究. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011 年4月配信)
  29. 石田 晋. 特別講演 脈絡膜血管新生における炎症機転とカルテオロールの抑制効果.  ミケラン点眼液発売25周年記念講演会. 10-11. 2011年4月  
  30. 石田 晋. 【翻訳・解説】多発性消失性白点症候群 (MEWDS) における眼底自発蛍光の長期自然経過 . 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011 年3月配信)
  31. 石田 晋. 【翻訳・解説】レチノイン酸受容体関連オーファン受容体α (RORA) 遺伝子における共通変異と滲出型加齢黄斑変性のリスクに関する前向き研究. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年3月配信)
  32. 石田 晋. 【翻訳・解説】滲出型加齢黄斑変性におけるMCP-1, ICAM-1, およびVCAM-1. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.  (2011 年2月配信)
  33. 石田 晋. 【翻訳・解説】大きい黄斑円孔に対する内境界膜フラップ反転法. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011 年2月配信)
  34. 石田 晋. 【翻訳・解説】中心性漿液性脈絡網膜症における中心窩下脈絡膜厚の治療後変化. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.(2011年1月配信)
  35. 石田 晋. 【翻訳・解説】加齢黄斑変性と血管内皮増殖因子およびそのレセプターにおける多型との関連. 網膜・硝子体. Ophthalmology Update.  (2011年1月配信) 
  36. 石田 晋. AMD病態におけるVEGFの役割. 【DVD】. 2011年2月
  37. 石田 晋. 機能性食品因子と眼疾患. 宮城県眼科医会報: 123: 8-10, 2011年1月
  38. 大野重昭.表紙の解説 杉浦清治先生(1915-2003). 眼科. 53:737-739, 2011
  39. 大野重昭.小児の細菌性眼感染症について考える. 座談会 in Sapporo. 2011年6月
  40. 大野重昭.座談会 新たなステージを迎えたベーチェット病による網膜ぶどう膜炎治療.日経CME眼科版2011年3月号
  41. 大野重昭. ベーチェット病の発症にIL23R/IL12RB2遺伝子およびIL10遺伝子が関与することを世界で初めて発見. 北大医学部広報. 46: 9, 2011
  42. 加瀬 諭. 網膜芽細胞腫の研究について. 秋山財団年報 平成22年度. 24: 77, 2011
  43. 加瀬 諭. 糖尿病網膜症の血管新生の発生病理における分子シャペロンalphaB-crystallinの役割. 持田記念財団年報. 53-55, 2011
  44. 加瀬 諭. 北海道眼科フォーラム印象記. 北眼医報. 36: 22-23, 2011
  45. 神田敦宏. 加齢黄斑変性感受性遺伝子ARMS2の機能および疾患発症機序の解明. 若手研究者自立支援. 平成22年度総長室事業推進経費研究成果報告書. 45-46. 北海道大学研究戦略室. 2011年9月
  46. 北市伸義. 3D 画像. 北区支部かわらばん. 74:29-30.  札幌市医師会北区支部. 2011年5月
  47. 齋藤 航.糖尿病網膜症UPDATEー最近の話題ー.札幌市内科医会会報.18:11-12.  札幌市内科医会. 2011年5月
  48. 齋藤 航. ワイドエリアスキャンによる網膜総合解析. 【DVD】 専門医による専門医のためのOCT症例報告会. 網膜2010 モーニングセミナー. 2011年5月
  49. 齋藤 航. TECNIS 選択の理由-East Japan Version-. Dr’s VOICE. 2011年2月
  50. 執印太郎、宝金清博、澤村 豊、西川 亮、菅野 洋、若林俊彦、夏目敦至、倉津純一、篠原信雄、矢尾正祐、米谷 新、福島敦樹、石田 晋、西森 功、伊藤鉄英. フォン・ヒッペル・リンドウ(VHL)病診療ガイドライン. 厚生労働省研究費補助金 難治性疾患克服事業 フォン・ヒッペルリンドウ病の病態調査と診断治療系確立の研究. 2011年12月
  51. 南場研一. 【資料】重症化を防ぎたい. 季節性アレルギー性結膜炎を考える〜スギ・ヒノキ花粉本格飛散を目前にして〜. 2011年12月8日
  52. 南場研一. 第5回日韓眼科シンポジウム. 全学ニュース. 北大時報No.682: 12, 2011年1月
  53. 新田卓也、陳 進輝. 360°suture trabeculotomy変法. OPHTHALMIC FORESIGHT. 16: 10-11, 2011
  54. 野田航介. 講演1 網膜血管病変に対する基礎的戦略. 人にやさしい網膜血管病変の治療戦略. 第65回日本臨床眼科学会モーニングセミナー. 2011年10月
  55. 野田航介. 自然発症メタボリックシンドローム動物モデルにおける白血球接着分子動態の解析. 若手研究者自立支援. 平成22年度総長室事業推進経費研究成果報告書. 41-42. 北海道大学研究戦略室. 2011年9月
  56. 野田実香. 患者様?. つぶやきコーナー. 眼科手術. 24:326, 2011
  57. 水木信久、澁谷悦子、目黒  明、飛鳥田有里、蕪城俊克、藤野雄次郎、後藤 浩、横井克俊、坂本俊哉、大野重昭、南場研一、北市伸義. ベーチェット病眼病変診療ガイドライン.  厚生労働省研究費補助金 難治性疾患克服事業 ベーチェット病に関する調査研究. 2011年3月

対談・座談会・インタビュー等

  1. 石田 晋. 糖尿病網膜症におけるRASの関与. 見過ごしてはいけない糖尿病合併症〜特にレニン・アンジオテンシンと糖尿病網膜症について〜. Direct Round Table Discussion 2009年9月14日研究班会議(2009業績漏れ)

研究班会議

厚生労働省難病克服対策事業 ベーチェット病に関する調査研究 第二回班会議、横浜、2011/12/16

  1. 岩渕和也、佐藤 雅、岩田大樹、南場研一、石田 晋、北市伸義、上出利光、大野重昭、谷口 克. ベーチェット病マウスモデルの免疫病態解析による新規治療標的の探索-NKT細胞を標的とした2つの試み-
  2. 北市伸義、大野重昭、南場研一、後藤 浩、水木信久、蕪城俊克. ベーチェット病国際疫学調査とぶどう膜炎診療ガイドライン作成〜初年度中間報告〜
  3. 岳野光洋、水木信久、大野重昭、南場研一、北市伸義、後藤 浩、蕪城俊克、石ヶ坪良明. インフリキシマブ治療の現状と課題
  4. 水木信久、目黒 明、太田正穂、大野重昭、河越龍方、南場研一、北市伸義、岳野光洋、望月 学、石ヶ坪良明、猪子英俊. ベーチェット病感受性遺伝子多型と病型、病態、治療効果の検討

厚生労働省難病克服対策事業 ベーチェット病に関する調査研究 第一回班会議、横浜、2011/7/22

  1. 蕪城俊克、高本光子、譚 佳梁、大野重昭、南場研一、北市伸義、後藤 浩、横井俊克、水木信久、澁谷悦子、目黒 明. ベーチェット病ぶどう膜炎の活動性の定量化に関する研究
  2. 北市伸義、南場研一、大野重昭. ぶどう膜炎の基礎的研究および国際共同研究から診療ガイドラインへ
  3. 南場研一、北市伸義、大野重昭. ベーチェット病における新たな病態解明と生物学的製剤による治療
Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.