【受診を希望する患者さんはこちら】

和文著書・総説 (2013年)            


                                    >>業績メニューに戻る

  1. 青木功喜、金子久俊、北市伸義、渡邉日出海、石田 晋、大野重昭. 院内感染を起こす新型ヒトアデノウイルスのバイオインフォマティクス. 日眼会誌 117: 721-726, 2013
  2. 有賀俊英、北市伸義. 眼科 強膜炎. 今日の臨床サポート. 2013(On-line書籍) 
  3. 石田 晋. 加齢・生活習慣病としての加齢黄斑変性. 「特集 加齢黄斑変性の新展開」. Prog Med 33: 9-11, 2013
  4. 石田 晋. 黄斑疾患の治療 薬物療法:VEGF阻害薬. 「特集 黄斑疾患診療の最前線」. Pharma Medica. 31: 41-45, 2013
  5. 石田 晋. 人間ドックなどでKeith-Wagener分類など眼底所見の記載を求められることがありますが、あのように分類する意味は現在でもあるのでしょうか? 「今さら聞けないQ&A」. RETINA Medicine. 2:103-106, 2013
  6. 石田 晋. @VEGF阻害薬の機序を考えると、VEGFが結合する受容体であるVEGFR-2阻害薬も効果があるように思われますが、そのような薬剤はあるのでしょうか?A新しいVEGF阻害薬アフリベルセプトは可溶型VEGF受容体(VEGFR-1とR-2の融合蛋白)ですので、VEGFR-1の作用はどう理解したらいいのでしょうか? 「今さら聞けないQ&A」. RETINA Medicine. 2:106-107, 2013
  7. 石田 晋. 4 血管新生抑制作用-加齢黄斑変性モデルでの検討-. 「7 注目されている脂肪酸のトピックス」. そうだったんだ!脂肪酸 循環器疾患との深い関係. 163-166, 2013 
  8. 石田 晋. 2)眼科領域の抗血管新生療法〜VEGF阻害剤〜. 「16 抗血管新生療法」. 血管新生研究の最先端. 294-304, 2013 
  9. 石田 晋. 糖尿病網膜症. 「眼科疾患」. 今日の治療指針2013〜私はこう治療している. 1263-1264, 2013 
  10. 石田 晋、神田敦宏. 糖尿病網膜症と高血圧:RA系阻害薬の可能性. 「特集 糖尿病性合併症を考慮した高血圧治療」. 月刊糖尿病. 5: 65-69, 2013
  11. 加瀬 諭. 代表的な眼瞼腫瘤の見方. 「additional」. 眼手術学2 眼瞼. 210-217, 2013
  12. 加瀬 諭. 眼窩疾患. 「眼科疾患」. 今日の治療指針2013〜私はこう治療している.1269-1270, 2013 
  13. 加瀬 諭、南場研一.眼内悪性リンパ腫. 「手術手技のコツ」. 眼科手術. 26: 433-435, 2013
  14. 北市伸義. Behcet 病. 図で早わかり 実戦! 眼科薬理. 臨床眼科増刊号. 67: 151-156, 2013
  15. 北市伸義. ぶどう膜炎の眼臨床所見. 特集 ぶどう膜炎 外来診療. Monthly Book OCULISTA 5: 1-8, 2013
  16. 北市伸義. ぶどう膜炎. 「特集 生活習慣(病)と網膜関連疾患の関与を探る」. Retina Medicine. 1: 53-57, 2012(2012記載漏れ)
  17. 北市伸義. 眼科 強膜炎. 今日の臨床サポート. 2013( on line書籍) 
  18. 北市伸義. 糖尿病虹彩炎. 専門医のための眼科診療クオリファイ16 糖尿病眼合併症の新展開. 158-162, 2013
  19. 北市伸義. ぶどう膜炎. 「眼科疾患」. 今日の治療指針2013〜私はこう治療している.1260-1261, 2013 
  20. 北市伸義、石田 晋. 総説 眼の健康科学—食品のサイエンス. 眼科55; 717-722, 2013
  21. 北市伸義、石田 晋. アンチエイジング医学による疾病治療の可能性〜アンチエイジング医学による加齢性眼疾患への介入〜. 特集 アンチエイジング医学の最近の流れ.  Geriatric Medicine(老年医学)51: 693-696, 2013
  22. 北市伸義、 石田晋. 眼の健康科学 ー 食品のサイエンス. 眼科 55: 712-722, 2013
  23. 北市伸義、 石田晋. アスタキサンチンの眼疾患への応用. 食品シリーズ アスタキサンチンの機能と応用. 138-145,2012(2012記載漏れ)
  24. 北市伸義, 大野重昭. 「目」. 他科協働とヘルスケア. 総合小児医療カンパニア 小児科医の役割と実践. 150-155, 2013
  25. 北市伸義、 大野重昭. コンタクトレンズ眼感染症 - アカントアメーバ角膜炎. クローズアップ新しい子どもの病気 境界領域疾患. 小児内科 45: 1189-1190, 2013
  26. 北市伸義、大野重昭. 「眼科用薬」. 治療薬ハンドブック2013. 187-223, 2013
  27. 齋藤 航. 知っておきたい網膜疾患に関する専門用語・略語. 眼科ケア 15: 6-13, 2013
  28. 齋藤 航、齋藤理幸、石田 晋. 中心性漿液性脈絡網膜症. 「特集 眼循環と網膜関連疾患の関与を探る」. RETINA Medicine 2: 182-186, 2013
  29. 齋藤 航、橋本勇希. 網膜が薄くなる疾患 何が見える?何がわかる?OCT. 臨床眼科 67: 846-851, 2013
  30. 新明康弘.急性緑内障発作眼に対する白内障手術のコツ. 緑内障セミナー.あたらしい眼科. 2013; 30:1565
  31. 陳 進輝. 新しい流出路再建術. Topics. 眼科臨床エキスパート All About 開放隅角緑内障. 346-348, 2013
  32. 南場研一. Behcet病. 「ぶどう膜炎」. 眼科疾患最新の治療2013-2015. 243, 2013
  33. 南場研一. 春季カタルに対する免疫抑制点眼薬治療. 「眼科医のための先端医療」. あたらしい眼科 30: 645-647, 2013
  34. 南場研一. 内因性ぶどう膜炎の診断と治療. 「特集 アレルギーと眼疾患-診断と治療-」. アレルギーの臨床 33: 35-39, 2013
  35. 南場研一、水内一臣. 小児ぶどう膜炎. 特集 ぶどう膜炎 外来診療. Monthly Book OCULISTA 5: 65-68, 2013
  36. 新田卓也. 眼科における眼瞼けいれんの診療. KKR札幌医療センター医学雑誌 10: 14-20, 2013
  37. 野田航介. 網膜静脈閉塞症とサイトカイン. 「特集 網膜静脈閉塞症の診療マニュアル」. MB OCULISTA 6:61-66, 2013
  38. 野田航介. 糖尿病網膜症. 「特集 炎症と網膜関連疾患の関与を探る」. RETINA Medicine. 2:18-23, 2013
  39. 野田航介. 眼科分子標的治療の進歩. 図で早わかり 実践!眼科薬理. 臨床眼科 2013年増刊号 : 39-43, 2013
  40. 野田航介、石田 晋. 糖尿病網膜症の病態生理. 特集 糖尿病網膜症の診療.MB OCULISTA. 8: 6-11, 2013
  41. 野田航介、石田 晋. 虹彩血管新生を呈する他疾患との鑑別. 専門医のための眼科診療クオリファイ17.裂孔原性網膜剥離−How to treat. 94-98, 2013
  42. 野田実香. 眼瞼手術に必要な解剖. 「T. 眼瞼手術に必要な基礎知識」. 眼手術学2 眼瞼. 2-11, 2013
  43. 山本哲平、野田実香. 霰粒腫 結膜側アプローチのロジック. 「霰粒腫 診断と手術のロジック」. 眼科グラフィック. 634-637, 2013
  44. 山本哲平、野田実香. 器械. 「V. 眼瞼手術の基本手技」. 眼手術学2 眼瞼. 66-68, 2013
  45. 吉澤史子、石田 晋.抗VEGF療法の理論と加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトの使い方. 臨眼. 67: 1830-1838, 2013
  46. 吉澤史子、石田 晋. 加齢黄斑変性に対する抗VEGF療法. 眼科. 55: 1133-1144, 2013

 

Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.