【受診を希望する患者さんはこちら】

和文著書・総説 (2014年)            


                                    >>業績メニューに戻る

  1. 有賀俊英、北市伸義. 強膜炎. 今日の臨床サポート. エルセビア・ジャパン. 1-14 (オンラインジャーナル), 2014
  2. 石田 晋. VEGF阻害薬によって薬理作用の強さは異なるのか?. 眼科. 56: 883-890, 2014
  3. 石田 晋. 糖尿病網膜症の分子病態と薬物治療. 日本眼科学会専門医制度生涯教育講座 「総説59」. 日本眼科学会雑誌. 118: 607-618, 2014
  4. 石田 晋. AREDS2 総括と考察. 眼科. 56: 615-621, 2014
  5. 石田 晋、神田敦宏. 生活習慣病と慢性炎症におけるレニン-アンジオテンシン系の病態意義. 日本の眼科. 85: 130-135, 2014
  6. 石田 晋. 加齢黄斑変性:新知見によるパラダイムシフト(柳 靖雄). 特集 ・第118回日眼評議員会指名講演:「眼疾患メカニズムの新しい理解」をより理解するために. 日本の眼科. 85: 285-287, 2014
  7. 神田敦宏. 平成25年度日本眼科学会学術奨励賞 受賞論文総説. 増殖糖尿病網膜症の病態形成における(プロ)レニン受容体. 日本眼科学会雑誌. 118: 916-926, 2014
  8. 神田敦宏、石田 晋 糖尿病網膜症とRAS. Angiotensin Research 11: 190-193, 2014
  9. 北市伸義, 石田 晋. 眼科領域のアンチエイジング. 臨床と研究 91. 1169-1173
  10. 北市伸義. フォークト-小柳-原田病. 特集:アレルギーと眼疾患. アレルギーの臨床. 34:  1147-1150, 2014
  11. 北市伸義、石田 晋. 眼のアンチエイジング- 眼の健康と栄養の関係. 臨床栄養. 125: 254-255, 2014
  12. 北市伸義. 点眼薬の基礎知識. 特集 点眼薬使用のポイント. 調剤と情報. 20: 1116-1119, 2014
  13. 北市伸義、大野重昭. 眼科用薬.  治療薬ハンドブック 2014. 191-229, 2014
  14. 北市伸義. 急性前部ぶどう膜炎. 専門医のための眼科クオリファイ 21 眼救急疾患スクランブル. 316-319, 2014
  15. 北市伸義. 食品因子による眼のアンチエイジング. あたらしい眼科. 31: 487-492, 2014
  16. 北市伸義. 自己免疫疾患と網膜症. わかりやすい臨床講座. 日本の眼科. 85: 621-626, 2014
  17. 新明康弘. 眼振.専門医のための眼科クオリファイ 21 眼救急疾患スクランブル. 98-103, 2014
  18. 新明康弘. 【視神経症のよりよい診療】 圧迫性視神経症. OCULISTA. 13: 57-66, 2014
  19. 新明康弘. 緑内障セミナー Triggerfish®による眼圧測定. あたらしい眼科. 316: 847-848, 2014
  20. 陳 進輝. その他の隅角手術. 緑内障診療クローズアップ. 130-133, 2014
  21. 陳 進輝. 手術手技のコツ 360°スーチャートラベクロトミー(S-LOT)変法のコツ. 眼科手術. 27: 219-223, 2014
  22. 陳 進輝. 生涯学習のための眼科医レベルチェックテスト. 眼科グラフィックス. 3: 456-459, 2014
  23. 董 震宇、北市伸義. 点眼薬が用いられる眼疾患. 特集 点眼薬使用のポイント. 調剤と情報. 20: 1120-1124, 2014
  24. 永井紀博、野田航介、小澤洋子. 網膜新生血管モデル. ターゲット別!画像診断お助けガイド. 臨床眼科(増刊号). 68: 372-374, 2014
  25. 南場研一. ぶどう膜炎の分類と疫学. 特集「ぶどう膜炎:アレルギーが関与する眼疾患」アレルギーの臨床. 34:  1139-1142, 2014
  26. 南場研一. 春季カタルの点眼薬治療の進歩. 臨床免疫・アレルギー科. 61: 416-421, 2014
  27. 野崎真世、野田実香. 【切開と縫合の基本】 眼瞼手術. 眼科手術. 27: 155-159, 2014
  28. 野崎真世、野田実香. 【流涙症Q&A】 臨床編【眼瞼異常】 睫毛乱生に対する手術法について教えてください. あたらしい眼科. 30(臨増) : 123-125, 2013 (2013年掲載漏れ)
  29. 野田航介. 糖尿病網膜症における炎症と酸化ストレスの関与. 日本の眼科. 85: 142-145, 2014
  30. 野田航介、石田 晋. 糖尿病網膜症. 内科疾患 最新の治療 明日への指針. 内科(増大号). 113: 1544, 2014
  31. 野田航介. 糖尿病黄斑浮腫のメカニズム. 眼科. 56: 453-457, 2014
  32. 野田航介. 眼疾患と酸化ストレス. 酸化ストレスの医学 改訂第2版. 272-277, 2014
  33. 野田実香. 【ターゲット別! 画像診断お助けガイド-基本画像から最新モダリティまで】 部位別 外眼部 眼瞼. 臨床眼科. 68: 35-41, 2014
  34. 野田実香. 眼形成外科の手術教育、手術上達の秘訣は知識、技術、そして心のあり方. 臨床眼科. 68: 1584-1587, 2014
  35. 福原崇子. ぶどう膜炎診察の基本. 眼科グラフィック. 3: 260-264, 2014
  36. 福原崇子、南場研一. 【アレルギー性結膜疾患の病態と診療の進歩】 春季カタルの点眼薬治療の進歩. 臨床免疫・アレルギー科. 61: 416-421, 2014
  37. 水内一臣、南場研一. 【眼科診療指針のパラダイムシフト】 ぶどう膜 ベーチェット病の薬物療法. 眼科. 56: 225-229, 2014
  38. 水内一臣、北市伸義. ステロイド薬の使い方の基本 - 眼炎症(ぶどう膜炎、強膜炎)の治療指針. あたらしい眼科. 31: 1273-1277, 2014
  39. 吉澤史子、石田 晋. 血管内皮増殖因子阻害薬による加齢黄斑変性治療. 特集 先端的眼科治療(角膜と網膜の新しい治療法). Medical Science Digest. 40: 124-127, 2014
  40. 吉澤史子、石田 晋. 治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 眼科治療薬. 医薬ジャーナル. 50: 521-531, 2014
  41. 山本哲平、野田実香. 【眼とアンチエイジング】 眼瞼のアンチエイジング. あたらしい眼科. 31: 505-510, 2014

 

Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.