【受診を希望する患者さんはこちら】


クリニカルカンファレンス


 

                        >>過去の実績については、こちらからご覧ください。

 2017年 クリニカルカンファレンス実績表 

日程
内容
発表者
1/16

「消えた、出血。15の夜」

橋本
指導医:齋藤(理)

1/23

網膜でも斜視でもない話(網膜メラノーシス)

安藤
指導医:なし

1/30

角膜輪部デルモイドの治療

木嶋
指導医:大口

2/6

リサカンに変更


2/13

器質化した網膜下血腫により術中網膜剥離を生じた加齢黄斑変性症の1例

齋藤(理)
指導医:なし

2/15

眼底に出血と滲出斑を伴う片眼性の汎ぶどう膜炎で紹介された1例

福津
指導医:水内

2/20

「眼球内容除去」→眼球鉄症

石嶋
指導医:なし

2/27

乳児の再発性前房出血

野崎
指導医:なし

3/6

リサカンに変更

3/13

リサカンに変更

3/20

休会

3/27

リサカンに変更

4/3

リサカンに変更

 

4/10

「増殖硝子体網膜症(PVR)手術を振り返って」


指導医:なし

4/17

リサカンに変更


4/24

 

 

5/1

症例検討「tertiary : 第3の、3次の、3期の」
 Reticular Pseudodrusen

安藤
指導医:なし

5/8

「知っておきたい!点眼薬の知識」


指導医:なし

5/15

「怪奇! 月食??」

木嶋
指導医:なし

5/22

CTR使用報告

藤谷
指導医:なし
5/29

専門医試験対策:病理

石嶋
指導医:なし
6/5

両眼に滲出性網膜剥離がみられた一例

鈴木(佳)
指導医:水内
6/12

黄斑部黄色病変の一例

鈴木(智)
指導医:森
6/19

多焦点、眼内レンズ挿入眼の硝子体手術

加瀬
指導医:なし
6/26

神経炎症におけるDock8とミクログリアの機能

原田 高幸 先生
7/3

休会

7/10

リサカンに変更

7/19

パッと見ではわからない視力低下の一例

福津
指導医:未定
7/24

先天期間で著名な培大をきたした眼窩腫瘍の一例

松本
指導医:加瀬
7/31

ヒドロキシクロロモン網膜症 スクリーニングのプロトコール

安藤
指導医:未定
8/7

「手術、その前に」


指導医:未定
8/14

休会

8/21

前房蓄膿を伴うぶどう膜炎

新海
指導医:未定
8/28

リサカンに変更


9/4

リサカンに変更

9/11

リサカンに変更

9/25

リサカンに変更

10/2

タイトル未定

荻野
指導医:未定
10/16

タイトル未定

草島
指導医:未定
10/18

タイトル未定

和田
指導医:未定
10/23

タイトル未定

秋元
指導医:未定
10/30

タイトル未定

木嶋
指導医:未定
11/6

リサカンに変更

11/13

リサカンに変更

11/20

タイトル未定

鈴木佳代
指導医:未定
11/22

タイトル未定

藤谷
指導医:未定
11/27

タイトル未定

鈴木智浩
指導医:未定
11/29

タイトル未定

石嶋
指導医:未定


 

 

Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.