【受診を希望する患者さんはこちら】

北大眼科ニュースweb版 アーカイブ 


 

速報! 1回戦 対 皮膚科 (号外)
今年も医局対抗野球の時期となりました。目下3年連続1回戦負けと精彩を欠くWinkers ですが、今年は久しぶりの1回戦突破を目指して6月13日(土)に皮膚科と対戦しました。出場メンバーは以下のとおり。
恒例の独断・偏見の一言コメントを付けて紹介します。

1 番
レフト
赤沼
帯広から来札。本当の目的はネオン街?
2 番
キャッチャー
福原
昨年の失態でピッチャー失格の烙印
3 番
サード
齋藤航
日ハム小谷野ばりの守備健在
4 番
ピッチャー
新田
久々の先発
5 番
ファースト
全力疾走は危険だが、打つ方はまだいける。
6 番
ショート
大口
出るか5 年ぶりのヒット
7 番
センター
石田
趣味はテニス。野球の実力はいかに?
8 番
セカンド
北市
まだまだ健在
9 番
ライト
南場
走塁にもやさしさが・・・
控え
堀江
兄の威厳をみせられるか?



計算してみるとWinkers 先発メンバーの平均年齢はなんと38 〜 39 歳!
かなり高齢化がすすんでいます。
当日は雨予報も出ている中、曇り空のもと朝7 時30 分に試合会場の豊平川緑地南22 条野球場に集合し、キャッチボールやトスバッティングをして体をほぐし試合に備えました。皮膚科の野球の実力は事前に情報がありませんでしたが、こちらが全員ユニフォームを揃えているのに対して、向こうはそれぞれバラバラ。「もしかしたら勝っちゃうかも」と淡い期待を抱きながら8時30分試合開始となりました。
 


平成21年6月13日 豊平川緑地南22 条野球場 くもり 観衆15人


1回
2回
3回
4回
5回

皮膚科
2
0
1
2
0

5
眼科
5
0
5
0

12

勝ち投手:新田、三塁打:陳、齋藤、二塁打:福原、齋藤



試合経過

1回の表に2点を先制された裏の攻撃。試合前のトスバッティングをなぜか拒否した1番赤沼がいきなりセンターへクリーンヒットを放ち(注:その後は2打席連続三振)、相手ピッチャーの出鼻をくじいた。相手のエラーも
からめて5点を取り逆転に成功し、3回にも陳先生の3塁打などで5点を追加し、点差を広げた。
先発した新田は3 回以降は疲労から制球が定まらなくなり4 回で降板。5回表は満を持して石田教授がマウンドに上がった。3者連続四球で(たまたま)満塁策をとった後は丁寧なピッチングで、三ゴロ、三ゴロ、投ゴロと
すべてホームでホースアウトを取り、見事無失点で切り抜けた。
その裏、一死2、3塁のチャンスに、それまで当たりのなかった4番新田が左中間に2点タイムリーを放ち、規定によって5回7点差でコールド勝ちとなった。
ちなみに、大口主将は今回もクリーンヒットが出ず、堀江先生は皮膚科で出場した弟の前で満塁のチャンスに凡打した。


キャッチャーだと
元気な福原

南場先生も
久しぶりに出場

石田教授もフル出場。動きが若い!


 2 回戦は形成外科と第3内科の勝者との対戦となります。これに勝つと何と久しぶりのベスト4進出!まだ日程等未定ですが、来れそうな医局員は応援よろしくお願いします。(新田)


   


Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.