実地能力を習得できる手術教育

実地能力を習得できる手術教育

最初は手術助手としての研修を重ね、それと同時に、ウェットラボ(豚眼を使用した手術練習)にて手術技術の習得を行い、眼科サージャンへのステップを重ねていきます。

あわせて、手術DVD等を使用した専門医からの講習も数多く実施されます。

北大眼科では年間2,000件に上る手術が行われており、その件数は増え続けています。

ウェットラボによる技術習得後、指導医の監督下で、実際の患者さんの手術を執刀していきます。