北大眼科TOPにもどる


 

札幌グルメバイブル2015の発刊にあたって

 「札幌グルメバイブル」は、2005年に札幌で開催された日本臨床眼科学会で初めて作られました。その後、「京都版」や「神戸版」、「名古屋版」、「東京・銀座版」なども作られ、今回で3度目の「札幌版」小冊子の作製となります。昨年は、日本耳鼻咽喉科学会や日本産科婦人科学会、日本泌尿器科学会、日本脳循環代謝学会とのコラボ版を製作しましたが、今年は第119回日本眼科学会総会版の他、日本眼瞼義眼床手術学会版、日本脊髄外科学会版、日本臨床腫瘍学会学術集会版、日本脳神経外科学会総会版などを作製し、累計部数6万部を超える予定です。
 画面の表紙は、いつものように北大眼科の漫画家・水内先生の渾身の作品です。第119回日本眼科学会総会 総会長(今回は旭川医科大学の吉田学長)がスキー・ジャンプの選手となり、札幌の四季を飛ぶ姿がご覧いただけます。2本の「箸」がスキーとなっており、背景は春(時計台・イラック)、夏(大通公園・ビアガーデン)、秋(北大のイチョウ並木)、冬(札幌雪まつり・大雪像)という非常にユニークな作品です。
 「グルメバイブル」は、外出先からでも「グルメバイブル」と入力して頂ければ、小冊子に掲載されていない新しい情報を、このウェブ版から入手することができます。何分情報量が多いため、繋がるのに時間を要すこともありますが、1回目で上手く飛べない場合には、戻って再度クリックすると上手く飛ぶことができます。さらに、ウェブ版からはワンクリックで掲載店のGoogleマップに飛ぶこともできますので、ぜひ御利用ください。

2015年4月 

:最高に美味しい、また絶対に訪れたい
:かなり美味しい、また訪れたい
:それなりに美味しい、機会があれば訪れるかも
星なし :もう訪れることはないだろう
(実はこれが最も多く、取材店した店の60%が星なし)
Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.