北大眼科TOPにもどる


はじめに

 昨年12月に学会長からこの依頼が来たとき、僕は二つ返事で引き受けました。小学校の時分に神戸北野町で暮らしていた僕は、この機会に、懐かしい神戸を一度探索してみたくなったのです。依頼された企画というのは「神戸B級グルメガイド」。まずは、B級を2千円未満という価格で定義し、いざ取材を始めてみると、これは!という店がなかなか出てきません。昨年の網膜硝子体学会で取材したB級王国・名古屋とのあまりの違いに戸惑い、時間だけが過ぎていきました。結局、打開策として途中から価格制限を撤廃し、A級店にまで広げることで、何とか期限内に完成することができました。今回は、自身が購入した6冊の神戸・関西グルメ本、地元ドクターやMRさんからの情報、ウェブ上の「食べログ」高得点の店の中から厳選して取材しました。さらに、かなり高額な超A級店(しげ松、あらがわなど)、かなり前から予約しないと予約が取りにくい店(Ca sento、料理屋 仁など)、アクセスが悪い店(パティスリー eS KOYAMA、日本料理 子孫、鮨 まつ本、ポンテミラボー、むら玄 芦屋川、明石市の明石焼き、加古川かつめし、姫路おでんなど)、一人客を受けない店(チャイナビストロEVOLVE)は対象から除外し、計200店以上を取材しました。その結果、あくまでもB級グルメが主体ですが、あらゆる神戸のグルメガイドやグルメサイトよりも、優れた良いものができたと思っています。今回ウェブ上でお見せしますのは、学会版を少し改変したものです。あくまでも僕の主観に基ずく感想みたいものですが、皆様が神戸を訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

2010年9月13日 



:最高に美味しい、また絶対に訪れたい

:かなり美味しい、また訪れたい

:それなりに美味しい、機会があれば訪れるかも

星なし

:もう訪れることはないだろう
(実はこれが最も多く、取材店した店の60%が星なし)



▲TOPに戻る


Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.