北大眼科TOPにもどる

1.ラーメン


今、あらゆる食の中で、ラーメンほどダイナミックな進化を遂げているジャンルはない。札幌ラーメンもその例外ではない。僕は、現在の札幌ラーメンが第三世代に突入していると考えている。第一世代とは、「純連、すみれ」に代表される、かん水の多い西山製麺系の黄色い中太縮れ麺を使用し、たっぷりのラードで炒めた野菜が載っているラーメン。第二世代とは、「山頭火」や「五丈原」などのように、ラード炒めの野菜を用いず、より細めのかん水の少ない麺を使用し、清湯にこだわることなくスープが持つ本来の旨みを追求したラーメン。第二世代になると、脇役だったチャーシュー、煮卵などの具材にも力を入れるようになり、オリジナルご飯なども登場した。魚介系の旭川ラーメンや「山岡家」などの家系ラーメンも、札幌ラーメンでは第二世代と考えて良いだろう。第三世代のラーメンとは、腰の強い中太~極太麺と、より濃厚な豚骨あるいは白湯スープの組み合わせが特徴の新世代ラーメン。最近流行のつけ麺などもこの中に入る。この種の店は、濃厚なスープにベストマッチな魚粉や魚介系ジュレを使用するのも特徴。この組み合わせが病みつきとなり、一度食べたらハマル味だ。

中央区

六嵐(ろくらん)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

昨年の 「men-eiji HIRAGISHI BASE(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 に引き続き、同じ豊平区の人気店「 山嵐(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 が、満を持して札幌の中心部に進出してきた。
 この店の特筆すべき点は、山嵐グループの人気メニューがいろいろと食べられることである。「山嵐」の定番である「白スープ」、「海スープ」、「赤スープ」の背脂豚骨ラーメンや「油そば」に加え、 「おにそば(→ 札幌グルメバイブル・蕎麦の頁を参照)」 の「肉もり」や 「おにそば 豚退治(→札幌グルメバイブル・蕎麦の頁を参照)」 の「地獄のかけそば」、 「山嵐天上天下龍我独尊(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の「ザンギ」などといった山嵐オールスターが勢揃い。さらには、この店でしか食べられない「元気が出る肉飯」や「具なしリッチカレー」などといったサイドメニューもあるのだ。
 この店の僕のお勧めは、「赤スープ」とつけ蕎麦の「肉もり」、そして「地獄のかけそば・肉のせ」の3つ。「赤スープ」は、ドロドロとした背脂入りの豚骨スープ「白スープ」をベースにした辛口のラーメンで、「辛」、「マシ」、「マシマシ」の3つの辛さを選べる。僕は辛さ中辛相当の「辛」を選び、「味玉」、「ネギダク」、「チャーシュー増し(4枚)」、「海苔」など(お勧め順)をトッピングするのが好み。さらに、「小ライス」を注文し、赤スープを入れてリゾット風にして食せばもう大満足である。
 つけ蕎麦の「肉もり」は、言わずと知れた東京・西新橋にある超人気店 「そば処 港屋( → 銀座グルメバイブル・蕎麦の頁を参照)」にインスパイアされたメニューだ。「そば処 港屋」ほどつけ汁にラー油が入っていないが、田舎そばのような太麺を使った冷たい蕎麦の進化形である。つけ汁は冷たい「冷」と熱い「温」の2つから選ぶことができるが、「冷」がお勧めだ。もしも、「温」を食べたければ、むしろ「地獄のかけそば・肉のせ」の方がいい。「地獄のかけそば・肉のせ」は背脂入りの温かい蕎麦であるが、背脂と魚介煮干しの出汁の組み合わせが絶妙で、汁を全て飲み干したい衝動に駆られるくらい後を引く。両者ともそのまま食べても美味しいが、それほど辛くはない韓国産一味(赤鬼の素)をタップリと入れ、天かす(元気玉)を少しだけ入れて食べるとより美味しい。また、両メニューには生卵が付いてくるが、「肉もり」の場合は溶いた生卵をつけ汁に全て入れ、「地獄のかけそば・肉のせ」には生卵を入れない方が個性を失わせずに美味しく食べられる。店員は味付け牛肉を溶いた生卵に漬けて、すき焼きのように食べることを勧めるが、味付け牛肉は汁の中にドップリと浸して蕎麦と一緒に食べた方が圧倒的に美味しい。
 ちなみに、店の人気メニューの「ザンギ」は、刻みネギ入りの酢醤油ソースをかけていただくのだが、大きいという以外に特に特徴がなく、お勧めというほどではない。また、「油そば」も同様にオーソドックスタイプのものなので、特に取り上げるほどのものではない。僕的には、「油そば」よりも、むしろ名古屋まぜそばの様な「ジャンクヌードル(本店にあるメニュー)」の方をメニューに載せてほしかったなあと思う。さらに、「元気が出る肉飯」は、東京で流行っている「スタミナ丼(すた丼)」にインスパイアされたニンニク醤油味の薄切りの豚丼で、これは見た目通りの味である。もう一つのこの店だけの限定メニュー「具なしリッチカレー」は、3月初旬に発売予定である。
 それにしても、札幌の中心部で「山嵐」の人気メニューをいろいろと食べられるようになったことは、とても嬉しい限りである。また、店内が禁煙であるのもいい。(2017年3月追加)

中央区南3条西12丁目 ダイヤパレス南3条1階
電話番号:011-281-8899
定休日:不定休
営業時間:11時半〜16時、17時〜21時
予算:赤スープ850円、肉もり(冷)880円、地獄のかけそば(肉のせ)880円
アクセス:地下鉄東西線・西11丁目駅2番出口を出て石山通を右へ。札幌市電の線路、「札幌プリンスホテル」を過ぎ、中央区役所の交差点を右折する。「札幌プリンスホテル・国際館パミール」を過ぎるとすぐ右側にある。西11丁目駅から徒歩5分
最寄りのランドマーク:中央区役所、札幌プリンスホテル・国際館パミール
お勧めポイント:山嵐グループの人気メニューが味わえる

マンションの1階にあります まずは自動券売機で食券を購入 メニュー 入って右側にあるカウンター席 入って左側にあるテーブル席 テーブル上にあるザンギ用の「酢醤油タレ」、蕎麦用の「一味唐辛子(赤鬼の素)」、蕎麦用の「天かす(元気玉)」 テーブル上にある「紅ショウガ」、油そば用の酢、油そば用のラー油 ラーメン用の「ブラックペッパー」、「ガーリックパウダー」、「カイエンペッパー」 山嵐の基本中の基本、豚骨「白スープ」 具材は、青ネギと刻みキクラゲ、そして美味しい肩ロースチャーシュー ドロドロの背脂豚骨スープであるが、臭みがなく洗練された味だ 麺はラーメン全て共通のストレート太麺 「白スープ」の辛口タイプ「赤スープ」がお勧め 最も辛くない「辛」でもこんな感じ。韓国産唐辛子を使っているせいか、見た目よりも辛くない。「辛」、「マシ」、「マシマシ」から辛さを選べる つけ蕎麦の「肉もり」は、言わずと知れた東京・西新橋にある超人気店「そば処 港屋」にインスパイアされたメニュー 刻み海苔をどけると、長ネギと白ごま、味付け牛肉が見える 生卵は溶いてつけ汁に全部投入。一味唐辛子(赤鬼の素)も投入済み 蕎麦は田舎そばのような太麺 後半さらに天かす(元気玉)を投入 つけ汁に蕎麦湯を入れて締める 背脂入りの温かい蕎麦「地獄のかけそば」 背脂と魚介煮干しの出汁の組み合わせが絶妙で、汁を全て飲み干したい衝動に駆られるくらい後を引く 田舎そばのような太麺と出汁が良く合う。溶き卵は入れないで食べた方が個性を損なわない 肉は別盛りで来るが、すき焼きのように溶き卵につけて食べないで、全て汁の中に入れて蕎麦と一緒に食らうのがベスト 人気の「サンギ」はでかい 刻みネギ入りの酢醤油ソースをかけて食べるのがベスト マヨネーズは合わない 山嵐グループでは、この店でしか味わえない「元気が出る肉飯」。東京で流行っている「スタミナ丼(すた丼)」にインスパイアされたニンニク醤油味の薄切りの豚丼で、これは見た目通りの味 玉葱が多めに入っている 溶き卵をすき焼き風にして食べたが、これはありかなあ 味噌汁だが、ベースがラーメンのスープ?

シビれ担担麺 マーラーキング


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

昨年、バスセンター駅近くにオープンした担々麺の専門店。大通駅や地下鉄東西線・バスセンター駅から地下で直結しているため、とても便利である。店内にはコの字型のカウンター席と半個室のテーブル席があり、スタイリッシュで清潔感が漂う。
 メニューを見ると、「汁あり担担麺」と「汁なし担担麺」の2種類しかない。「汁なし担担麺」は、ベースとなる「汁なし担担麺」の他、パクチーが山盛りの「爆盛!パクチー担担麺」や味付け挽肉が大盛りの「爆肉!担担麺」、そしてアボガドとトマトをトッピングした「レディース担担麺」の計4種類がある。辛さと痺れは、0〜6キングの7段階から無料で選べる。さらに、プラス50円をすれば、「痺れ増し」と「辛さ増し」をレベル30までアップできる。
 僕のお勧めは、「汁なし担担麺」の1キング。1キングでも十分痺れを感じることができ、むしろ、半分くらい食べたところで、自家製の「極旨ラー油」を入れて食べることを考えると、その方がバランスがいい。「極旨ラー油」を入れることによって甘さとコクが加わり、さらに美味しく食べられるのだ。ちなみに、「極旨ラー油」はそれほど辛くないので、多少多めに入れるくらいがいい。また、逆に辛さを和らげたい方は、「温泉玉子」をトッピングすることをお勧めしたい。
 出てきた「汁なし担担麺」は、ビジュアル的に 「175°DENO〜担担麺〜(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 を彷彿させる。実際、テイストの方もかなり似ている。最大の違いは麺で、「175°DENO〜担担麺〜」の方は極太の平麺なのに対し、こちらは丸麺である。麺の上には、毎朝擦られているという茶色の中国産の花山椒(花椒・ファアジャオ)がかかっている。また、通常の「汁なし担担麺」には水菜がのっているが、パクチー好きにお勧めしたいのが「爆盛!パクチー担担麺」。パクチーは十勝の「夢想農園」のものを取り寄せており、新鮮なシャキシャキとした食感とエキゾチックな香りが「汁なし担担麺」と絶妙にマッチする。さらに、干しエビや揚げカーシュナッツなどの脇役たちが、「汁なし担担麺」に重層感を与えている。ちなみに、「汁あり担担麺」に関しては、特にお勧めと言うほどものではない。
 この店では、ロサンゼルス生まれのメンチーズ「フローズンヨーグルト」が格安で食べられるので、食後の口直しとして是非いただきたい。また、会計時に次回使えるサービス券(大盛り、温泉玉子、麦飯のいずれか)がもらえる。
 それにしても、禁煙なのに加えて、通し営業なので使い勝手が良く、店員のサービスも行き届いている素晴らしい担々麺専門店である。(2017年2月追加)

中央区大通東2-3-1 第36桂和ビル地下1階
定休日:日曜・祝日
営業時間:11時〜21時半
予算:汁無し担担麺800円、爆盛!パクチー担担麺950円
アクセス:地下鉄東西線・バスセンター駅から地下で直結(5番出口)。地下鉄大通駅から大通りの地下通路をテレビ塔方面、バスセンター駅方面へ向かう
最寄りのランドマーク:地下鉄東西線・バスセンター駅
お勧めポイント:本格的な痺れる汁無し担々麺が食べられる

地下鉄バスターミナル駅直結のビルの入口から入る ココです! ラーメン店にしてはスタイリッシュな店内 無料の辛さと痺れは7段階から選択できる。50円をプラスすれば、さらに痺れや辛さを30レベルまで増すことができる メニュー1 メニュー2 メニュー3 メニュー4 極旨ラー油はそれほど辛くはない 紙エプロンをもらえる 「汁なし担々麺」の食べ方 「汁なし担々麺」 干しエビ、揚げカーシュナッツ、水菜、花椒などがのっている 麺は丸い太麺 半分くらい食べたところで「極旨ラー油」を入れると、甘さとコクが加わり、さらに美味しく食べられる 「爆盛!パクチー担担麺」は、十勝の「夢想農園」のものを使用。新鮮でシャキシャキとした食感とエキゾチックな香りが「汁なし担担麺」と絶妙にマッチする 残った挽肉に温泉玉子、麦飯、極旨ラー油を混ぜると・・・ これも美味しい! 「レディース担担麺」 「汁なし担々麺」にアボガドとトマトをトッピングしている 「汁あり担担麺」はインパクトに欠ける 中細の少し縮れたストレート麺は悪くない フローズンヨーグルトは酸味があってサッパリとしている 何と!ロサンゼルス生まれのメンチーズ「フローズンヨーグルト」だった

MEN-EIJI南3条スガイディノス店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

7月に予告した通り、 「MEN-EIJI HIRAGISI-BASE(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の支店が、ついに薄野エリアにオープンした。実は「MEN-EIJI HIRAGISI-BASE」の支店はこれが初めてではなく、以前に「Ag」という全く異なる煮干しラーメンのセカンドブランドを立ち上げたことがある。この店は既に閉店となっており、それを踏まえた上での新たな支店のオープンなのである。
 店はゲームセンターであるスガイディノスの中にあるが、入口は別となっている。店内は天上が高く、コンクリート打ちっ放しが印象的。しかも、天上には何故かミラーボールもある。また、ポップなデザインのL字型のカウンター席と4名用のテーブル席が1つあり、サービス1名、調理担当2名というコンパクトな布陣。BGMには現代的なラーメン店でありがちなオシャレなジャズが流れている。
 ラーメンは基本的に本店と同じであるが、平岸の本店に比べるとメニューが絞られており、僕のお勧めの「あっさり醤油」はこの店では食べられない。レギュラーメニューには、人気の「魚介豚骨」と台湾まぜそばの「台湾まぜ麺」、つけ麺の「つけBUTO」、さらに、この店限定のスパイシー味噌ラーメン「味噌コーンバター」の4種類がある。この他に、季節限定のラーメンが1種類(現在は「パクチーの担々麺」)ある。この中のお勧めはやはり「魚介豚骨」の醤油。「魚介豚骨」には塩もあるが、やはり醤油の方がスープに合っていると思う。ちなみに、「魚介豚骨」には辛いバージョンである「辛い魚介豚骨」もある。
 「魚介豚骨」の麺は、力強くコシのある自家製中太ストレート麺。この自家製麺が実に美味しい。スープは魚介系と濃厚な豚骨のダブルスープ。魚介系のスープは深いコクがあり、煮干しなど鰹節以外の魚介の風味も感じられる。また、「魚介豚骨・醤油」はスープが濃厚なだけでなく、ゆず風味の魚介エキスジュレが入っている。食べ進めるうちに徐々にジュレが溶け出し、四次元的な変化を楽しむこともできる。具材は、低温調理されたチャーシューと2種類のネギ(葉葱と千切りにされた玉葱)と、そしてシナチクの代わりにゴボウが入っている。
 「つけBUTO」や「台湾まぜ麺」もお勧めできるレベルで、特に、名古屋名物の「台湾まぜ麺」は、極太麺を食べ終えた残り汁に「追い飯」という少量のライス(無料)をもらい、混ぜて食べると大満足すること間違いなし。(2016年12月追加)

中央区南3条西1丁目 スガイディノスビル1階
電話番号:011-271-2717
定休日:水曜、第3火曜
営業時間:11時半〜14時45分、17時〜21時45分
予算:魚介豚骨・醤油830円
アクセス:南北線すすきの駅1番出口の階段を上り、出たら「ケンタッキーフライドチキン」とは反対方向の薄野交差点へ向かう。薄野交差点を左折して直進し、「かに将軍」を過ぎ、次の信号を過ぎると左に「スガイディノス(東豊線すすきの駅1番出口)」が見える。同ビルの裏側に入り口がある。南北線すすきの駅から徒歩2分
最寄りのランドマーク:地下鉄南北線・すすきの駅1番出口、スガイディノス
お勧めポイント:2016年ラーメンウォーカー第1位になった人気店の2号店

スガイディノスの裏口にあります ココです。ゲームセンターとは別な入口です ポップなデザインのカウンター席 高い天井には何故かミラーボールが・・・ ラーメンのメニューの中には「十勝マッシュの肉だんご」なるサイドメニューも トッピングメニュー 自家製麺に対するこだわりの説明書き 先ずは、自動券売機で食券を購入 「魚介豚骨」 を選択すると「醤油」と「塩」、更には「辛い魚介豚骨」も 僕のお勧めの 「魚介豚骨・醤油」 具材は、低温調理されたチャーシューと2種類のネギ(葉葱と千切りにされた玉葱)と、そしてシナチクの代わりにゴボウが入っている。さらには、 ゆず風味の魚介エキスジュレも入っている スープは魚介系と濃厚な豚骨系のダブルスープ。魚介系のスープは深いコクがあり、煮干しなど鰹節以外の魚介の風味も感じられる 麺は力強くコシのある自家製中太ストレート麺。この麺が実にいい

ラーメン ツバメ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

鶏白湯スープで人気の 「我流麺舞 飛燕(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 が、新たに展開する煮干し中華そばの店。本店の「我流麺舞 飛燕」が鶏ガラベースのスープを使用しているのに対し、この店のスープはやや薄濁りの豚骨スープである。
 店舗は交通量の多い石山通に面している。店舗裏にある駐車場に車を駐め、店内に入る。店内は縦型のカウンター席のみの小さな店だ。まずは、入口にある自動券売機で食券を購入して着席。オープンしてまだ間もないせいか、「我流麺舞 飛燕」の店主がラーメンを作っていた。メニューを見ると、この店の売りである「煮干し中華そば」には「しお」と「醤油」があり、これにチャーシューを増量した「肉煮干し中華そば」と更に生卵が入った「肉煮干し月見中華そば」、煮干しの風味を抑えた「昔風そば」の計4種類がある。「肉煮干し中華そば」にはストレートの太麺を、「煮干し中華そば」には平たい手もみ太麺を、「昔風そば」には黄色い中太縮れ麺を使用している。レギュラーメニューにはこの他に「極 煮干し醤油つけ麺」があり、こちらはストレート太麺か手もみ太麺かを選択できる。また、レギュラーメニュー以外では、「煮干し香る油そば」や季節の限定ラーメンなどがある。
 初日は、この店の売りである「肉煮干し中華そば・醤油」を選択。「煮干し中華そば」との価格差が僅か50円であることを考えると、「肉煮干し中華そば」の方がお得といえよう。出てきた「肉煮干し中華そば・醤油」は、バラ肉のチャーシューが4枚のっており、ビジュアル的にいいが、チャーシューの脂が少しきつめに感じてしまう。スープは、表面に背脂とラードが浮いており、本場・青森の煮干し中華そばと比較しても煮干しのエグ味はしっかりとしている。数日後に「肉煮干し月見中華そば・しお」を食べてみたが、「しお」の方が煮干しの風味と良くマッチしているような気がする。また、ストレート太麺のモチモチとした食感とコシが何とも素晴らしかった。「極 煮干し醤油つけ麺」に関しては煮干しとの相性がイマイチで、やはりつけ麺には鰹節系の出汁の方が合うようだ。(2016年8月追加)

中央区南22条西10-5-1
電話番号:011-513-3100
定休日:木曜(不定休あり)
営業時間:11時〜15時半、17時〜21時(スープが売り切れ次第終了)
予算:煮干し中華そば(醤油)750円、肉煮干し中華そば(醤油)800円
アクセス:中心部から石山通を南へ進み、市電の通る東屯田通を過ぎたら「ツルハドラッグ南22条店」が見えるので、その並び。札幌市電・石山通電停から徒歩2分
最寄りのランドマーク:石山通、東屯田通、ツルハドラッグ南22条店
お勧めポイント:煮干しスープと太麺が美味しい中華そば

石山通の「ツルハドラッグ南22条店」の並びにあります ココです まずは自動券売機で食券を購入 これがレギュラーメニュー。自動券売機のメニューには、「肉煮干し中華そば」に生卵をトッピングした「肉煮干し月見中華そば」や「煮干し香る油そば」や季節の限定ラーメンなどがあった 店内はこのようなカウンター席のみと狭い 「肉煮干し中華そば・醤油」 背脂の入った薄濁りの豚骨スープ ストレートの太麺はコシがあって美味しい 「肉煮干し月見中華そば・しお」 生卵と背脂が見えます バラ肉を使ったチャーシューは悪くないが、脂っぽく好みが分かれるところ 薄濁りの豚骨スープ ストレートの太麺はモチモチとしていて美味しい 生卵と混ざったスープは味の相乗効果はなし。生卵なしの「肉煮干し中華そば・しお」の方がお勧めだ! 「昔風そば・醤油」 スープは煮干しの風味が弱めというだけでなく、背脂も入っていないためか全体的にパンチがない 麺は黄色い中太縮れ麺 「極 煮干し醤油つけ麺」 麺に黄身が付いており、これを絡めてスープにつけて食べるのだが、特に相乗効果なし 煮干しとの相性がイマイチで、やはりつけ麺には鰹節系の出汁の方が合うようだ 「煮干し香る油そば」も、今ひとつ煮干しと油そばがマッチしていない ブラックペッパーをかけた方が煮干し臭さが抑えられて美味しい 麺はやや平べったい手もみ太麺

すすり


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

2016年に薄野にオープンした人気の鶏ガラ系ラーメン店。この店のラーメンは化学調味料を使用せず、醤油は宮内庁御用達の「関ヶ原たまり」、塩はイタリア産の海塩、鶏は北海道産のものを使用するといったこだわりが随所に見られる。
 真っ白な外観と同様に店内のインテリアも白で統一されており、清潔感溢れるモダンなラーメン店だ。店内に流れるBGMも、もちろんジャズである。まずは、自動券売機で食券を購入。
 この店のスープの基本は清湯スープで、開店当初やっていた「極濃鶏パイタン」は現在メニューにはない。恐らく、元々店主の目指す理想のスープは繊細な清湯スープであったが、意に反して白湯スープの方が若者受けしてしまったというのが僕の推測である。というのも、「淡麗中華そば」の塩バージョンを現在開発中との表示からも読み取れる。いずれにせよ、現在は清湯スープの「淡麗中華そば」と「稲庭中華そば・すすりver」、「泡がごめつけ麺」の3種類。
 中でも、僕のお勧めは「淡麗中華そば」。これは鶏油(チーユ)が入った醤油味の清湯スープで、中細の自家製ストレート麺を使用している。「淡麗中華そば」と「稲庭中華そば・すすりver」ともにこの2点とも同じであるが、ナメコの入った「稲庭中華そば・すすりver」の方がスープにとろみがあって美味しい。しかし、「稲庭中華そば・すすりver」の具材のメインは姫竹(根曲がり竹)と茹でた鶏モモであり、豚チャーシューが入っていないのが問題だ。実は、この店のラーメンの魅力はスープだけにとどまらず、低温調理された豚チャーシューが美味しいからである。なので、豚チャーシューの入った「淡麗中華そば」がベストということになってしまう。ちなみに、「特製・淡麗中華そば」なるものもあるが、これはゆで卵と鶏チャーシュー2枚が増量されただけなので、「淡麗中華そば」の方がお勧めである。「泡がごめつけ麺」は、ヌルッとしたカゴメ昆布の汁に浸された冷麺を温かいスープにつけて食べるつけ麺であるが、可もなく不可もなしといった感じ。
 もしもラーメンだけでは物足りない場合には、「レアチャーシュー丼」の少量バージョンである「追肉飯」を追加するのがいい。これは、スープを入れて雑炊の様にして食べるのだが、スープを入れると肉にかかったオニオン醤油ダレがどうしても甘く感じてしまい、スープの美味しさを台無しにしてしまうので、予めタレは不要と告げたておいた方が良いかも。(2016年8月追加)
http://susuri.jp

中央区南8条西3丁目7-40
電話番号:011-513-0446
定休日:月曜
営業時間:11時半〜22時半
予算:淡麗中華そば750円
アクセス:地下鉄南北線「すすきの」駅3番出口を出て、右の薄野交番側に向かわず、左の交差点を左に曲がり、駅前通を南へ進む。「ラウンドワン」を過ぎ、「かに本家」の信号を過ぎて次の南7条の信号を渡り、左に「はこだて」の看板を過ぎると左側にある白い建物。地下鉄南北線「すすきの」駅から徒歩5分
最寄りのランドマーク:ラウンドワン、かに本家
お勧めポイント:清湯醤油スープと低温調理されたチャーシューが美味しい

薄野駅前通沿いにあります ココです 現在「特製・極濃厚パイタン」は販売中止している 現在発売されているのはこれら清湯スープを使った3つの麺 まずは自動券売機で食券を購入する 店内は白を基調としたモダンなラーメン店。BGMにジャズが流れる メニューにもこだわりの表示が これは具材が増量された「特製・淡麗中華そば」であるが、お勧めは「淡麗中華そば」の方 この低温調理された薄切りのチャーシューが美味しい! 鶏チャーシューは普通 メンマは穂先メンマを使用 スープをすくうと鶏油が・・・ 麺は自家製の中細ストレート麺。適度なコシがあっていい 玉子は味付けでなかったのが残念 これが「追肉飯」。後に出てくる「レアチャーシュー丼」の少量バージョンで、味に違いはない これにスープをかける 完成形 「稲庭中華そば・すすりver」 ナメコと姫竹(根曲がり竹)、茹でた鶏モモ肉が入っている スープは「淡麗中華そば」と同じ清湯スープであるが、これにナメコのトロミが加わって美味しい! 「泡がごめつけ麺」 ヌルッとしたカゴメ昆布の汁に、浸された冷麺を温かいスープにつけて食べるつけ麺であるが、可もなく不可もなしといった感じ 「レアチャーシュー丼」。オニオン入りのタレが甘すぎるのが難点

辛いラーメン14


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

薄野にある人気の辛いラーメンの専門店。辛いラーメンの専門店と言っても、もちろん辛み抜きにすることも可能な店である。この種の「辛さ」を売りにする店は、往々にして市販のペーストや旨味調味料などに依存し、辛さ抜きでは食べられないような味の店が多い。しかし、この店のラーメンはベースがしっかりとしているせいか、辛み抜きでも美味しいのである。この店の辛さへのこだわりは、超高級唐辛子で知られる「中澤農園」のものを使用していることでも分かる。その辛さは普通から14倍まで注文することができ、僕の感覚では、「普通」が中辛、「2倍」が辛口、「3倍」が辛口〜大辛くらいの感じだ。もしも、スープの味を楽しみたいなら2倍がベストで、少なくとも3倍までに止めておいた方が良いだろう。しかし、マニア向けには、+50円で国産山椒と四川産山椒をブレンドした「痺れ」をトッピングすることも可能だ。
 店内は手前に待合用のスペースがあり、左奥にカウンター席、右奥に2名用のテーブル席が2つある。まずは自動券売機で食券を購入する。メニューを見ると、ラーメンは「辛味噌」、「辛塩」、「辛醤油」の3種類。中でも僕の一押しは「辛味噌」で、もう一つ選ぶならば「辛塩ラーメン」である。基本となるスープは、豚骨に鶏ガラと魚介を加えたトリプルスープらしく、「辛味噌ラーメン」は2種類の味噌をブレンドして作っているという。「辛味噌ラーメン」の具材は、炙りチャーシュー、味玉、メンマ、ネギの他に、気がつかないと思うが、焦がしニンニクのマー油も使用しているらしい。味玉はあまり味が染みていないのでダメだが、炙りチャーシューは美味しい。麺は森住製麺の中太縮れ麺で、適度なコシがあっていい。山椒の効いた 「さっぽろ 純連(→ 札幌グルメバ イブル・ラーメンの頁を参照)」 の「辛みそラーメン」と共に、札幌におけるお勧めの辛味噌ラーメンである。一方、 「辛塩」は西区の「担担(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 を彷彿させるような赤い塩ラーメンである。シンプルさ故の辛い旨味が感じられ、食べてみてもよいレベルだ。
 ちなみに、締めに美味しいスープとご飯を一緒に食べたいという方には、同じ値段で麺半玉分をライスに変更するサービスもある。(2016年4月追加)

中央区南7条西2丁目2-22 豊水ビル1階
電話番号:011-596-6377
定休日:日曜、第1第3月曜(祝日の場 合翌週月曜休み)
営業時間:【月曜〜木曜】11時半〜14時半、18時〜21時、【金曜・土曜】11時半〜14時半、21時〜翌2時
予算:辛味噌(辛さ普通)770円、(辛さ2倍)800円、(辛さ3倍〜13倍)850円、(辛さ14倍)900円
アクセス:地下鉄南北線・すすきの駅5番出口を出て右へ。「カラオケ館」、「札幌かに本家」を過ぎ、「豊川稲荷」の交差点(南7西4、南7西3交差点)を左折する。「ジャスマックプラザホテル」を過ぎ、左側に鴨々川が見えるとすぐ右側にある。すすきの駅から徒歩13分
最寄りのランドマーク:札幌かに本家・すすきの店、豊川稲荷、ジャスマックプラザホテル
お勧めポイント:辛いもの好きにはピッタリのラーメン店

遠くに見える緑の看板のあるビルです このビルです 手前に待合スペースがあり、奥にカウンター席とテーブル席があります カウンター席とテーブル席から入口を見たところ まずは自動券売機で食券を購入する メニュー 中澤農園の唐辛子を使用している 辛さの説明 同じ値段で半麺と小ライスに変更可能 「辛味噌(味玉トッピング)」の麺半量と小ライスを注文 辛さ普通の「辛味噌」のスープはこんな感じ 麺は中太の縮れ麺でコシがある スープと共にライスをいただく ちなみに、これは辛さ2倍の「辛味噌」のスープ 「辛塩」チャーシュートッピング 「辛塩」の辛さ2倍のスープ 「辛醤油」 「辛醤油」の辛さ3倍のスープ

麺屋 169


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

近頃、札幌でも増えてきた中華そばの店。今やこのエリアは、札幌を代表するラーメン店 「えびそば一幻・総本店(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 や老舗の「らーめん五丈原・本店」、「らーめん てつや南7条本店」などがひしめくラーメン激戦区である。敢えてこのエリアでオープンした店主は、実は和食出身の料理人らしく、丁寧にとられた旨味のあるスープや隠し味の柚子皮からもその片鱗が窺える。
 店内は右側にカウンター席があり、左側にテーブル席、そして店主の趣味なのだろうか?壁にはサーフボードが飾られている。メニューを見ると、ラーメンは「中華そば・醤油」、「中華そば・塩」、「煮干しそば」、「濃い煮干しそば」の4種類のみ。一方、トッピングはいろいろとあり、「チャーシュー」、「ワンタン(3個)」、「岩のり」、「のり」、「穂先めんま」、「味付け玉子」、「九条ねぎ」、「自家製ラー油」などが。また、ご飯ものはライスの他、「辛い明太マヨ丼」と「肉味噌丼」、「(九条ねぎ)ねぎ飯」があった。
 この店の僕の一押しは「中華そば・醤油」。何と言っても丸鶏でとられたスープが抜群に美味しい。ほんのりと野菜の甘味と程よい魚介の旨味が感じられる。無化学調味料なのでインパクトこそないが、後から旨味がどっと押し寄せてくる。飲めば飲むほどその美味しさが止まらない完成度の高いスープなのである。どこかしら、故・佐野 実のプロデュースした「支那そばや」を彷彿させるようなスープでもある。「中華そば」の麺は、塩も醤油も中細のストレート麺で、コシもほどほどあっていい。具材である火が完全に通る直前のチャーシューや柔らかい穂先メンマ、九条ねぎ、味玉、海苔などの脇役陣もいい。
 「中華そば・塩」は、「中華そば・醤油」と同様にスープは美味しいものの、「中華そば・醤油」と比べると若干完成度が落ちてしまう。また、鯵とカタクチイワシの2種類の煮干しを使用しているという「煮干しそば」や「濃厚煮干しそば」は、煮干しの旨味と苦みを感じる。どちらと言えば、「煮干しそば」の方がバランスが良いが、使用している手もみ中太縮れ麺とスープの一体感に欠けるため、どちらもお勧めできない。ご飯ものでは、ピリ辛の挽肉味噌炒めがのっている「肉味噌丼」は、味噌の風味が強すぎてイマイチ。しかし、「辛い明太マヨ丼」は意外と美味しい。
 ちなみに、前述のように全てのラーメンに柚子皮が入れられてくるが、僕的にはこれは不要だと思うので、予め入れないように言った方が良いのかも。(2016年4月追加)

中央区南16条西9丁目1-1 松名ビル1階
電話番号:090-8709-9666
定休日:月曜
営業時間:11時〜17時
予算:中華そば(醤油)750円
アクセス:札幌市電・静修学園前電停で下車し、電車通りに沿ってススキノ側に進む。「札幌静修高校」、「アルファ個別予備校(ライオンズマンション静修学園前)」を過ぎた次のベージュ色のマンション(カルム静修学園前)の角を左折して進むと、2つ目の交差点左角にある。静修学園前電停から徒歩10分
最寄りのランドマーク:札幌静修高校
お勧めポイント:かつての「支那そばや」に匹敵する完成度の高い中華そば

このビルの1階です ココです 店内 ラーメンのメニュー トッピングとご飯のメニュー 「中華そば・醤油」 チャーシューはほんのりピンク色で、完全に火が入る直前の状態 柔らかい穂先メンマと海苔、味付け玉子 このワンタンはトッピング。ワンタンは「中華そば カリフォルニア」の方が美味しい スープは丸鶏で取られた旨味のあるスープ 中細のストレート麺はコシもほどほどあっていい 「中華そば・塩」 スープは美味しいものの、「中華そば・醤油」と比べると若干完成度が落ちてしまう 「中華そば・醤油」と同じ中細のストレート麺 別盛りで出てきたトッピングの「岩のり」。風味が抜群に良い 後半に岩のりを投入 「煮干しそば」 鯵とカタクチイワシの2種類の煮干しを使用したスープは、煮干しの旨味と苦みを感じる 手もみの中太縮れ麺とスープの一体感に欠ける 「濃厚煮干しそば」 スープは「煮干しそば」と同様に混濁している 「煮干しそば」と同様に手もみの中太縮れ麺 「辛い明太マヨ丼」は意外と美味しい 「肉味噌丼」は、味噌の風味が強すぎてイマイチ

らーめん 信玄 南6条店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

夜になると行列が絶えない薄野エリアナンバーワンの人気ラーメン店。実はこの店、本店は札幌郊外の石狩市花川にあるローカル店なのである。にもかかわらず、ここは札幌ではもの凄い人気なのだ。
 店内に入るとL字型のオープンキッチンのカウンター席があり、その後ろに待合のベンチシートがある。見渡してみると、客は地元客と観光客が半々といった感じだ。メニューを見ると、それぞれのラーメンには日本各地の地域名がついている。この店の人気は何と言っても味噌ラーメン。味噌ラーメンにはコッテリ系の「信州(コク味噌)」とアッサリ系でピリ辛の「越後(辛味噌)」の2種類があるが、僕のお勧めは「信州(コク味噌)」の方だけ。
 どのラーメンも表面にラードが浮き、モヤシ炒めが入ったクラッシックタイプのサッポロラーメンであるが、豚骨と野菜を50時間以上じっくりと炊き上げたというスープが美味しい。「信州(コク味噌)」のスープは限りなくマイルドでバランスが良く、どこかしら 「麺屋 彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 のスープを彷彿させる。しかしながら、「麺屋 彩未」に比べると旨味調味料がかなり強いため、星を一つ下げての評価となった。麺は「小林製麺」の黄色の中太縮れ麺で、こちらも札幌ではポピュラーなタイプの麺である。サイドメニューの「チャーハン」や「チャーシュー丼」は、どちらも脂っこくてお勧めできない。「餃子」も焼き方も含めて全くお勧めできない。ちなみに、この店は最近では少なくなった通し営業で、しかも無休で深夜までやっているのでとても使い勝手が良い。(2016年3月追加)

札幌市中央区南六条西8
電話番号:011-530-5002
定休日:無休
営業時間:11時半~翌1時
予算:信州(コク味噌)760円
アクセス:地下鉄南北線・すすきの駅4番出口を出て、「東急REI」が見える西方向へ直進。 「アパホテル札幌」を過ぎ、歩道橋がある信号(セイコマートあり)を左折して4つ目の交差点角。地下鉄南北線・すすき の駅より13分
最寄りのランドマーク:アパホテル札幌すすきの駅西
お勧めポイント:クラッシックなタイプのコク味噌ラーメンが美味しい

この日は昼の開店直後だが、後ろにある待合のベンチシートにもビッシリと客が。昼はいつもこんな感じで、夜は更に行列ができる 壁にあるメニュー テーブルにあるメニュー コッテリ系の「信州(コク味噌)」 バラ肉を使ったチャーシューは平均レベル。ネギは食感を重視して斜めに切っている スープは限りなくマイルドでバランスが良く、どこかしら「麺屋 彩未」のスープを彷彿させる 麺は「小林製麺」の黄色の中太縮れ麺で、こちらも札幌ではポピュラーなタイプの麺 アッサリ系でピリ辛の「越後(辛味噌)」 「信州(コク味噌)」に比べると色が濃い 「土佐(あっさり塩)」 スープ自体は悪くないが、表面に浮いたラードが脂っこくバランスを悪くしている 「チャーシュー丼」 一見するとかなり美味しそうなのだが、かなり脂っこく、ラーメンと一緒に食べるのはどうかと思う 昼のセットメニューについてきた「餃子」。皮がブヨブヨでレトルト食品の餃子に近い

らふ家


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

地下鉄・大通駅近くにある“油そば"の専門店。夜は瓶ビールを飲みながら油そばを楽しめる“油そばビアバー"に変身する。とは言っても、実は常にビールを出していて、土日などの休日には、昼間からビールを飲みつつ最後に「油そば」を食べて帰る客もいるという。
 店内はオープンキッチンのカウンター席が5つと入口側に2席しかなく、まるで屋台のような狭さである。当然、調理もサービスも店主一人がやっている。この「oyoyovalley」というビルの2階は、同じような小さく個性的な店が集まっているようだ。
 メニューを見ると、昼と夜のフードメニューは基本的に同じである。レギュラーの油そばは、「油そば」、「辛そば」、「ネギマヨそば」、「辛マヨそば」、「しおそば」の5種類。「さがみ屋製麺」に特注した平太麺はモッチリとしていてコシの方はまあまあ。普通盛り、大盛り、特盛りともに値段は変わらず良心的だ。さらに、ご飯ものとして、油そばの麺がご飯になった「油飯」や「ミニチャーシュー丼」などがある。ランチタイムにはこれらにソフトドリンクが付く。また、夜メニューには「台湾まぜそば」が加わる他、「生さつま揚げ」や日替わりのつまみもあるので、食べた後の2軒目の店としてもいいかも。
 この店の僕のお勧めは、「辛そば」と「台湾まぜそば」、「ネギマヨそば」の3つ。「辛そば」は0〜3の4段階から辛さを選べる。2の辛さで通常の辛口程度と考えていただきたい。通常の「油そば」で感じた物足りなさを、「辛そば」のニラと辛さが見事にカバーしている。「台湾まぜそば」には、魚粉、ニラ、刻みタマネギ、ピリ辛に炒めた挽肉、卵の黄身などが入っている。名古屋の 「麺屋 はなび(→ 名古屋グルメバイブル・台湾まぜそばの頁を参照)」 の様に、背脂やニンニクが効いていないのでインパクトこそないものの、これはそれなりに美味しい。ちなみに、「追い飯」は有料である。「ネギマヨそば」は、マヨネーズのコッテリした旨みとネギや辛みのバランスがいい。(2015年8月追加)

中央区南2条西4 oyoyovalley2階
電話番号:011-231-7200
定休日:月曜
営業時間:【昼】11時45分〜16時、【夜】17時〜21時半
予算:辛そば750円、辛マヨ700円
アクセス:地下鉄・大通駅10番出口を出て、札幌駅前通りを反対方向の「4丁目プラザ」方向へ向かう。「ピヴォ」手前の小路を右折し、交差点を1つ過ぎた左側にある。大通駅より徒歩5分
最寄りのランドマーク:4丁目プラザ、ピヴォ
お勧めポイント:平麺タイプの油そばが食べられる小さなバー

このビルの2階です となりは中華そばの店で、続いて取材する予定です オープンキッチンのカウンター席はたったの5席 外に立ててあったメニュー(中にもあります) ビールのメニュー トッピングメニュー 変化を楽しむための調味料の説明 辛そば 唐辛子とニラがタップリ 混ぜたところ。油そばやまぜそばで太打ちの平麺は珍しい 「台湾まぜそば」は最も多くの具材がのっている 混ぜてみたが、魚粉がなかなか均等に混ざらない 「ネギマヨそば」には、たっぷりの長ネギと海苔が入っている 海苔をどけると、タマネギのみじん切りもタップリ入っている

すみれ 札幌すすきの店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「純連」と「すみれ」の両店は、札幌に住んでいる方なら誰もが知っている味噌ラーメンの店。元を辿ると、両店主の母親である村中明子さんがやっていたラーメン店「純連(と書いて“すみれ"と読んだ)」からそれぞれ漢字と平仮名をとって分かれた店なのである。それ故、いずれかの店から独立した「純連・すみれ」系のスープも、強火のフライパンで焼かれ、表面にタップリとラードが浮いた濃厚さが特徴な味噌ラーメンなのである。なので、具材のモヤシはシャキシャキとしていないのが特徴の一つ。もちろん麺は黄色い中太の縮れ麺である。
  札幌パークホテルの近く(現在の 「味噌らーめん専門店 狼スープの場所 →札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照」 )で営業し、その後北区新琴似に移転して店名を変更し、「らーめんの駅」を開店した。さらに、「らーめんの駅」は2010年に新横浜ラーメン博物館に移転したが、明子さんの引退により現在は「すみれ新横浜店」となっている。昨年、「札幌南3条店」が閉店したため、現在札幌にはこの「札幌本店」と「札幌すすきの店」の2店舗だけである。両店とも基本的に味は変わらないが、「味噌ラーメン」に関しては「札幌すすきの店」の方が味が濃いめで、チャーシューも硬かった。また、「札幌すすきの店」の方は自動券売機であるが、「札幌本店」の方は従来通りのレジでの後払いであり、メニューに「キムチ味噌ラーメン」が加わっている。
 前述のように、これら「すみれ」と「純連」、「らーめんの駅」の名物は何と言っても味噌ラーメン。他店では味わえないようなオリジナリティあふれる味噌ラーメンである。たっぷりのラードでしっかりと炒められたモヤシと豚挽肉、そして濃厚なスープは、何とも言えないくらい後を引く味だ。人によっては「脂っこい」とか「塩辛い」と感じる方もいるかも知れないが、頼めば割りスープをもらえたり、濃さを調整してもらえる。「すみれ」と「純連」との違いは、「純連」の方が焼きが強く濃厚で、ルーツである母親の「らーめんの駅」に近い味だが、「すみれ(札幌本店)」の方がオリジナルを更に進化させ、よりスパイシーで洗練された味わいとなっている。
 以前と変わった点といえば、「札幌本店」で食べたチャーシューも多少豚の臭みを感じてイマイチであった点と、美味しかった「味付け玉子」が何故か味のない普通の「ゆで卵」に変わってしまった点である。さらに、以前は聞かれなかった麺の固さも注文時に聞かれるようになった。ちなみに、硬さは「普通」か、後で丁度良くなることを考えて「硬め」にするのがお勧めである。さらに、「札幌南3条店」にあったショップが、「札幌本店」の横に移転してきた。ここでは、人気の「チャーシュー」が冷凍で販売され、バンダナやドンブリ、オリジナルTシャツなどのグッズも販売されている。しかしながら、以前販売されていたストレートスープのお土産用ラーメンの販売はされなくなっており、お土産品店で売っている日持ちのする濃縮タイプだけになってしまったのは残念である。
 気になったので、ついでに「味噌キムチラーメン」も試してみたが、これはこれで美味しいものの、キムチ味によってこの店の味噌の特徴が失われてしまっていて、旨味調味料も感じてお勧めできない。また、サイドメニューでは唯一、刻みチャーシューの入った「チャーハン」がお勧めである。コンガリとパラパラに仕上げられた炒飯は、とても美味しく、セブンイレブンのおにぎりとして販売されたほど。加えて、この店では北海道代表する地ビール「大沼ビール(すみれビールのラベル)」が飲めるのもいい。(2015年5月追加)
http://www.sumireya.com

【札幌すすきの店】
中央区南3条西3丁目9−2 ピクシスビル2階
電話番号:011-200-4567
定休日:不定休(基本は無休)
営業時間:平日:17時~翌3時、土曜:11時~翌3時、日曜・祝日:11時~24時
予算:味噌ラーメン900円
アクセス:地下鉄南北線・すすきの駅1番出口を出て、「ケンタッキーフライドチキン」の角を右折するとすぐ左のビル。すすきの駅から徒歩1分
最寄りのランドマーク:ケンタッキーフライドチキン(薄野交差点近くの)
お勧めポイント:すみれの味噌ラーメンが深夜に食べられる

札幌すすきの店

メニュー

サッポロクラシックの他に、すみれビール(大沼ビール)もあります

外国人も多いのか?入口には「only cash」の表示も

タッチパネルの自動券売機

札幌本店と同じくらい広い

味噌チャーシューメン

チャーシューはモモの部分?と思うくらい硬かった


らー麺 山さわ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

最近人気の煮干しラーメンが売りの店である。店主は未だ若いが、なかなか素晴らしいスープを作る。中でも一押しは鶏白湯スープのラーメンである。鶏白湯スープは「塩」と「醤油」があるが、「醤油」が特にお勧めだ。この他に、通常のスープ「塩」、「醤油」、「味噌」の3種類と煮干し醤油スープのラーメンがある。煮干し醤油スープは「あっさり煮干し醤油」と「ぶっかけ煮干し醤油」、「凶煮干し醤油」の3つがある。トータル8種類のラインナップであるが、この他に季節メニューとして「つけ麺」もある。
 僕の一押しの「鶏白湯醤油」は、魚介スープと鶏白湯スープのバランスが極めて良く、この店のラーメンの中でも傑出したスープである。「煮干し醤油」以外は、中細ストレート麺かサッポロラーメンタイプの中太縮れ麺のどちらかを選べる。どちらかと言えばストレート麺がお勧めだが、こちらも低加水なのでコシはあるがモチモチ感のない微妙な麺なのである。「煮干し醤油」だけは麺を選べず、特注の中細縮れ麺である。これが驚くほどコシがなく、まるでインスタントラーメンのよう。「ぶっかけ煮干し醤油」は、特製の煮干しペーストが入ったラーメンで、徐々に煮干しの風味が強まって4次元的変化を楽しめる。ペーストが溶けた後は煮干し風味の混濁したスープとなるが、溶け出す前のスープでも十分魚介の風味を感じる美味しいスープなので、「あっさり煮干し醤油」の方が良いと思う。前述のように、煮干しマニア向けに煮干しの風味がパワーアップした「凶煮干し醤油」もある。どのラーメンにも「サバ油」か「煮干し油」などの煮干しオイルを無料で追加できるが、これは相乗効果がないので敢えて追加しなくても良いと思う。チャーシューは美味しいこともあるが、日によって出来具合がまちまちで安定していない。しかしながら、この店オリジナルの薄くて幅広の板状のメンマは、ゴマ油が香って非常に美味である。(2013年9月追加)

白石区栄通2丁目8-25
電話番号:011-856-3737
定休日:水曜
営業時間:11時半〜21時
予算:鶏白湯 醤油680円
アクセス:地下鉄東西線・白石駅6番出口を出て左へ、「ロイヤルホスト」の見える交差点を すぐに左折する。陸橋、「洋服の青山」を過ぎ、「ドラッグ セイムス」の見える交差点を左折して東北通を進む。「大畠紙 器」、「虹の家栄通」を過ぎたらすぐ左側。白石駅から徒歩15分
最寄りのランドマーク:ドラッグ セイムス
お勧めポイント:魚介風味の鶏白湯醤油スープが美味しい店


味噌らーめん専門店 狼スープ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

今や北海道を代表するラーメン店となった「すみれ」と「純連(じゅんれん)」。そのルーツは、現経営者たちの母親・村中明子さんが昭和39年に開いた中の島の「純連(“すみれ”と読む)」に始まる。昭和57年に一時閉店となり、翌年移転してこの地で「純連(じゅんれん)」として営業を再開した。その後昭和62年に長男の教愛さんが澄川に「純連(じゅんれん)」がオープンしたのを契機に明子さんが経営していた本店は閉店となった(後に新琴似に「駅(えき)」をオープンしたが閉店)。一方、遅れること2年、平成元年に創業地である中の島に、三男の伸宣さんが「すみれ」をオープン。実は、「狼スープ」の店主は「すみれ」で修行し、「純連(じゅんれん)」のあったこの地に現在の店を開いたのである。店内は以前と同様に狭く、カウンター席とテーブル席2つしかないため、基本は相席である。天井と壁にはサイン色紙が飾られており、まさに昭和のラーメン店である。
 「すみれ・純連」系のラーメン店は、修業先そのままの味という店がほとんどだが、この店は 「彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 とともにスープにオリジナリティがあり、自然な味の美味しいスープなのである。しかしながら、「すみれ・純連」系の中ではかなり味が濃い方なので、年輩の方なら“味を薄めに!"と告げた方が良いかも知れない。
 メニューはごくシンプルで、「味噌らーめん」と「味噌卵らーめん」の2種類しかない。但し、お昼の12時〜16時まで限定で、麹入り熟成味噌を使用した「特製味噌らーめん」と「特製味噌卵らーめん」が加わる。「特製味噌卵らーめん」の方が色が薄く、マイルドで味に深みと複雑さが加わり、僕のお勧めである。麺は黄色の中太より僅かに細めの縮れ麺で、「すみれ・純連」の麺に比べると、プリプリとした食感やコシに欠けるのが残念である。土日の16時から限定で、福島の白河ラーメンを無化学調味料で再現した醤油味の「中華そば」も頂ける。ちなみに、駐車場は1台しかないので、そこが駐車出来ない場合には、「ホテル ライフォート札幌」北側隣にある有料駐車場を利用するしかない。(2013年8月追加)

中央区南11条西1丁目5−1
電話番号:011-511-8339
定休日:水曜(祝日の場合には営業 ほか月一回水曜を含めた連休あり)
営業時間:【平日】11時〜18時45分、【土日・祝日】11時〜20時15分 スープなくなり次第閉店
予算:味噌らーめん750円、特製味噌らーめん800円
アクセス:地下鉄南北線・中島公園駅1番出口を出て右へ。「札幌パークホテル」前を通り、「キリンビール園」側へ信号を渡る。右へ進み、「キリンビール園」、「ホテル ライフォート札幌」を過ぎた角を左折するとすぐ右側。中島公園駅から徒歩5分。
最寄りのランドマーク:札幌バークホテル、キリンビール園、ホテル ライフォート札幌
お勧めポイント:すみれ・純連系の美味しい味噌ラーメン


味噌らーめん


特製味噌卵らーめん


味噌らーめん(左)と特製味噌卵らーめん(右)のスープの色の違い


175°DENO 〜担担麺〜


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

ビルの裏通にある担々麺専門店。店内は細長く、入り口側にL字型のカウンター席があり、奥には2人用と4人用のテーブル席が1つずつある。最初はこの小さな店からスタートした同店だが、現在では札幌駅北口に「札幌北口店」、札幌駅南口に「駅前通店」の2つの支店ができた。
 何れの店舗も、先ずは入り口にある自動券売機で食券を購入する。自家製ラー油が自慢であるこの店のメニューは、基本的に「汁無・担担麺」と「汁有・担担麺」しかなく、両メニューとも無料で「痺れない」と「痺れる」を選択できる。違いは、「痺れない」がラー油のみの辛さで、「痺れる」はラー油と3種の中国産花(山)椒がスプーン2杯入っている。無理矢理カレーに例えるならば、「痺れる」は辛口程度である。もしも中辛くらいにしたいのなら、「痺れない」と「痺れる」の中間である花山椒スプーン1杯でもオーダー可能だ。前述のように、味の辛さは中国産・唐辛子(ラー油)に、痺れは中国産・花椒によるものである。50円を支払えば「すごく痺れる」に、更にもっと辛さと痺れを追加したい場合には50円で「痺れ増し」と「辛さ増し」をオーダーできる。
 僕のお勧めは、中国四川省で一般的な「汁無・担担麺」の方。麺は「うどん」のような極太麺で、モチモチとした弾力がある。干しエビ、ナッツ、挽肉が入った辛い汁を絡めて食べると、胡麻ペースト「芝麻醤」とラー油の風味が一体となって美味しい。さらに、食べた後の残り汁に「小ごはん(玄米入り北海道産ゆめぴりか)」を入れてかき混ぜ、名古屋・台湾まぜそばの「追い飯」のようにして食べると満足感は倍増する。「汁有・担担麺」はコシのある中細ストレート麺で、麺自体は美味しいのだが、美味しいスープと上手く絡まない。
 汁が飛ぶのが気になる方には、ヘアゴムと紙エプロンの無料サービスがある。ちなみに、店舗ではこの店の自家製ラー油「175°辣油」が販売されている。(2016年7月更新)

【本店】
中央区南1条西6−20 KYビル1階
電話番号:011-777-1177
定休日:日曜
営業時間:【平日】10時半〜14時半、17時半〜20時半、【土曜】10時半〜15時
予算:汁無・担担麺(痺れる)800円
アクセス:地下鉄南北線、東西線・大通駅1番出口を出て左へ。角に「富士フイルム札幌ビル」のある次の信号を左折して、すぐに一方通行(進入禁止)の中通りを右折すると左側にある。地下鉄南北線、東西線・大通駅から徒歩2分。
最寄りのランドマーク:富士フイルム札幌ビル
お勧めポイント:中国産唐辛子と花(山)椒を使った担担麺専門店

【北2西3 駅前通店】
中央区北2条西3丁目 敷島ビル地下1階
電話番号:011-211-4157
定休日:日曜
営業時間:【月曜〜金曜】11時半〜15時、17時半〜21時、【土曜、祝日】11時半〜15時半
アクセス:JR札幌駅から駅前通を大通方面へ進み、「日本生命札幌ビル」、「赤レンガテラス」を過ぎたら左側のビル(札幌グラントホテルの手前)。JR札幌駅から徒歩3分
最寄りのランドマーク:赤レンガテラス

【札幌北口店】
北区 北7条西4丁目1-1 東カン札幌ビル1F
電話番号:011-769-0334
定休日:月曜
営業時間:【火曜〜土曜】:10時半~21時半、【日曜・祝日】10時半〜15時半
アクセス:JR札幌駅・西改札口から北口を出るとサンクスの隣のビル
最寄りのランドマーク:JR札幌駅北口から徒歩1分

本店はこのビルの1階奥にある

ビルの奥へ進むと自動券売機が見える

先ずは食券を購入

正面にカウンター席、左奥にテーブル席がある

漢方の成分も入っているという自家製のラー油

汁無・担担麺(痺れる)

干しエビ、ナッツ、挽肉が入った辛い汁を絡めて食べる

混ぜた後の状態

汁有・担担麺

鶏ガラベースのスープは美味しい

しかし、コシのある中細ストレート麺とは上手く絡まない

「北2西3 駅前通店」はこのビルの地下

コの字型のカウンター席のみ

汁が飛ぶので紙エプロンは必須アイテム

汁無・担々麺の麵を食べた後にライスを投入

ライスをかき混ぜ、名古屋・台湾まぜそばの「追い飯」のようにして食べると満足感は倍増


ラーメン 木曜日


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

昨今の全国的な“煮干しラーメン”ブームは、ついに札幌まで押し寄せてきた。しかし、どの店のラーメンも煮干し特有のエグ味が前面に出てしまい、バランスが悪く成功を収めていない。その中でも、この店は「らーめん 侘助」以来、久々に登場した超新星である。店内はL字型のカウンター席のみで、カウンターは通常のラーメン店よりもかなり高めだ。
 この店のお勧めは「煮干し正油」。まず最初に感じるのは、「らーめん 侘助」を彷彿させるような麺の素晴らしさ。キレとコシのある自家製中細ストレート麺で、全粒粉なのか?麺の中にツブツブとした粒子が見える。希望すれば、麺は手もみの縮れ麺にも太麺にも変更してもらえるが、通常の中細のストレート麺の方が絶対にいい。スープは煮干しの風味が全体を支配しているものの、決して出すぎておらず、豚と鶏で丁寧にとられた動物系スープと絶妙なハーモニーをみせる。とても洗練されていてあまりにスープが美味しかったので、僕は小ライス(小でも多いので極小ライスで十分)を注文し、おじやの様にして完食してしまったほど。トッピングの味付け玉子も中がトロトロで、2枚入っているバラ肉のチャーシューもしっかりとした味付けされたシナチクも美味しい。トッピングのチャーシューは100円で3枚をバラとモモの2種類から選べるが、バラが圧倒的にいい。さらに、スープを吸い込んだ厚めの麩がこれまた美味しい。その上、価格は何と500円のワンコインで、煮干し好きには「追いにぼし」の追加が無料でできるというオマケ付き。煮干しの風味が苦手という方には「正油」もいい。これに対し、「煮干し塩」の方は煮干しの負の面が強調されてしまっていてお勧めできない。また、「つけ麺」は太麺かと思いきや、通常のラーメンと同じ中細麺で、悪くはないがどうしても物足りなさを感じてしまう。

 店の前には3台分の駐車スペースしかないが、近くにはコインパーキングがたくさんあり、そちらに駐車した場合はその旨を店主に告げると、「味玉」か「麺の大盛り」、「チャーシュー1枚増」のいずれかをサービスしてもらえる。現在は未だかなり空いているが、いずれ繁盛店になることは間違いないと思う。また、通し営業なので行きたいときに行けて、とてもユーティリティーが高い店である。(2013年5月追加)

中央区南8条西13丁目3-35
電話番号:011-563-6525
定休日:日曜
営業時間:11時〜16時半(土祝日は11〜15時)
予算:煮干し正油500円、正油500円
アクセス:札幌市電・西線9条旭山公園通電停で降り、左角に「北海道ハイヤー会館」のある菊水旭山公園通を右折。右角にレンガ色のマンションが見える信号を左折するとすぐ右側。
最寄りのランドマーク:北海道ハイヤー会館
お勧めポイント:「らーめん 侘助」と並び、北海道“煮干しラーメン”のツートップ


らーめん 庵(いおり)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌医大近くにある味噌ラーメンの美味しい店。この店は「純連・すみれ」系の店なので、味は若干濃いめ。「すみれ」のラーメンをもう少しアッサリさせ、洗練させたような味噌ラーメンである。スープは現在では閉店となった味噌ラーメンの名店「ゆーらっぷ」と「やぶれかぶれ」の良いところだけを融合させたようなスープで、たっぷりと摺り下ろされた生姜が濃厚さを上手く中和している。以前より麺が太くなった?と思うくらい中太縮れ麺にコシがあり、これがスープと抜群の相性を見せる。チャーシューもとろけるように美味しいので、「味噌チャーシュー麺」が僕の一押しである。できれば、もう少しラードを控えめにして、塩辛さを抑えられたらパーフェクトだ。ちなみに、本店とは名乗っていないが、前店主がいる千歳の 「IORI(→ 道央版の頁を参照)」 は、どうやらこの店とは別ブランドで売っているようだ。(2013年4月更新)

中央区南4条西16丁目2-20 
電話番号:011-512-5160
営業時間:11時〜15時半、17時〜20時
定休日:月曜
予算:味噌ラーメン770円
アクセス:地下鉄東西線・西18丁目駅2番出口を出て右側へ。1つ目の大通の信号を右折し、南1条通の信号を渡る。札幌医大の横の通りを進み、信号を渡ってサンクスを過ぎるとすぐ左側。地下鉄東西線・西18丁目駅駅より徒歩5分。
最寄りのランドマーク:札幌医科大学、北星学園女子中学・高校
お勧めポイント:洗練された純連・すみれ系味噌ラーメン


喜来登(きらいと)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

狸小路6丁目にある芸能人もよく訪れるラーメン店。この店は昨年「食べログ ベストラーメン2012」に選出。店内は入り口近くと右奥にカウンター席が、左側にテーブル席がある。この店のメニューは「しお」、「みそ」、「しょうゆ」の3種類しかなく、実にシンプル。なんとチャーシューメンすらないのである。僕のお勧めは「みそラーメン」。僕の分類からすると、“第一世代”のクラシックなラーメンということになるが、まさに第一世代のお手本とも言える正統派の味噌ラーメンなのである。運ばれてくると、“ドンダケ~”というくらい刻み葱がたっぷりとのっている。京都の九条ネギならまだしも、香りが強く甘みの少ない白ネギなので、予め少なめにするように言っておいた方がよいかも。ネギの他の具材は、炒めたモヤシと挽肉、メンマだけで、チャーシューなどは入っていない。いまどき味玉や海苔などのトッピングもできないのである。この点も“第一世代”の正統な札幌ラーメン店と言える所以である。麺は札幌ラーメンの定番であるあの黄色い中太縮れ麺。スープを口に含むとほんのりとした野菜の甘さと、しっかりとした味噌のコクが広がり、ニンニクの風味もする。札幌で流行の「純連、すみれ」系のような生姜の効いた濃厚で茶色いスープとは異なり、オーソドックスな白味噌系スープなのである。味噌汁のように親しみやすいマイルドなスープなので、ついつい最後の一滴まで飲み干してしまうほど美味しい。ちなみに、店内は禁煙となっている。(2013年4月更新)

中央区南2条西6丁目3-2  狸小路6丁目
電話番号:011-242-6070
営業時間:11時半~22時
定休日:木曜
予算:みそラーメン800円
アクセス:地下鉄南北線・すすきの駅2番出口を出て、サンクスの方へ信号を渡り、次のアコムの看板のある信号を右折。次のセブンイレブンの信号を過ぎて、狸小路を左折してすぐ右側。すすきの駅より徒歩5分。
最寄りのランドマーク:狸小路6丁目
お勧めポイント:お手本とも言える正統派の味噌ラーメン


千寿


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

この店は日本臨床眼科学会用に作成した2005年度版で初めて掲載されたものの、2007年度版からは特に理由もなく忘れ去られて掲載が見送られてきた。今回の「札幌グルメバイブル2017」は、久しぶりに学会向けに作成されたバージョンであるため、学会場である「ロイトン札幌」からアクセスの良いこの店が再登場となったのである。店は北1条宮の沢通沿いの「ヤマダ電機テックランド札幌本店」南側の目立たないビルの地下にあるため、よく捜さなければ迷うかも知れない。階段を下りて店内に入ると、テーブル席が1つと離れたカウンター席が2つだけとかなり狭い。平日の昼時には行列を作ることもあるが、回転はすこぶる速い。味が濃く表面にラードが浮いたスープは、一口飲むとそれが“純連・すみれ系”のラーメンに近いことが分かる。聞くところによると、店主は「すみれ」で店長をされていた方らしい。しかし、スープの色は若干異なっており、少しくすんだ黄土色である。これは恐らく使っている味噌の違いによるのではないかと思われる。同じ“純連・すみれ系”でありながらアレンジされ、ニュアンスが若干異なっている点では 「麺屋 彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 と少しイメージが被るが、「麺屋 彩未」の方はもっと円やかでバランスが良い。切った煮卵がのっている点やスープが荒削りでスパイシーな点などのオリジナリティがあり、黄色い中太縮れ麺もモッチリしていて美味しい。なので、学会場から徒歩圏内で味噌ラーメンを食べたくなった時に、是非思い出してほしい店である。ちなみに、換気が良くないので、衣服が油臭くなるかもしれないのでご注意を。(2013年3月追加)

中央区大通西8丁目2-39 旭ビル地下1階
電話番号:011-281-1101
定休日:日曜
営業時間:11時〜19時半
予算:味そラーメン780円
アクセス:地下鉄南北線、東西線・大通駅5番出口を出て、駅前通りをJR札幌駅側に進む。「りそな銀行」を左折して北1条宮の沢通を西に進む。「中央警察署」を過ぎ、「札幌トヨタ」を過ぎると右に「STV札幌テレビ放送」、「ヤマダ電機テックランド」が見えるので、「ヤマダ電機テックラン」前のT字路を左折すると左角のビル。地下鉄大通駅から徒歩10分。ロイトン札幌から徒歩5分。
最寄りのランドマーク:STV札幌テレビ放送、ヤマダ電機テックランド札幌本店
お勧めポイント:独自にアレンジされたスパイシーな“純連・すみれ系”味噌ラーメン



えびそば一幻(いちげん)総本店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

海老の頭を煮込んだスープが大人気のラーメン店。昨年、隣の駐車場に新たに総本店をリニューアルオープンさせ、北海道ではこの他に 新千歳空港店(→ 札幌グルメバイブル・新千歳空港の頁を参照) を、その後は東京に「新宿店」、そして更に昨年9月には関東2店舗目となる「ラゾーナ川崎店」をオープンさせ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのあるラーメン店である。
 新しい総本店は以前と同じウッディなインテリアで、中央にはコの字型のオープンキッチンのカウンター席がある。さらに、人気店らしく入口側には長い直線型ベンチの待合席もある。
 スープは、総本店が「そのまま(海老のストレートスープ)」、「あじわい(トンコツスープを加えたもの)」、「ほどほど(その中間の濃さ)」の3種類、新千歳空港店は「そのまま」と「あじわい」の2種類。また、麵は「太麺」と「細麺」の2種類から、味付けは「えびしょうゆ」、「えびしお」、「えびみそ」の3種類から選ぶことができる。僕の一押しは「えびしょうゆ」の「あじわい」。そして次に「えびしお」の「あじわい」がお勧めである。しかし、観光客に一番人気の「えびみそ」は、イマイチスープとマッチしていないので、お勧めでない。麵は「太麺」がいい。中太より僅かに太いストレート麺であるが、歯ごたえがしっかりとしていて、濃厚なスープとよく合う。
 具材のチャーシューも美味しく、ピンク色をした生姜風味の天かすとエビ味噌のような蝦子が薬味として味を引き立てている。サイドメニューの「えびおにぎり」は、餅米を使った中華ちまきのようなおこわで、干しエビが深みを与えている。ちなみに、総本店と新千歳空港店を比べてみると、新千歳空港店の方が仕事が丁寧で、美味しいと感じた。また、最近両店を食べた感想としては、オープン当初よりもエビの風味が少なくなって食べやすくなり、麵のコシも若干弱くなった様な気がした。(2015年3月更新)

【総本店】
中央区南7条西9丁目1024-10
電話番号:011-513-0098
営業時間:11時~翌3時 (スープなくなり次第終了)
定休日:水曜
予算:各780円
アクセス:地下鉄南北線すすきの駅4番出口を出て、「札幌東急イン」の方向へ向かう。「駐車場ジャンボ1000」を過ぎ、「ススキノグリーンホテル」の信号を左折して市電の線路沿いに進む。「札幌トヨペット」を過ぎ、「東本願寺前」電停の信号を右折。左に東本願寺を見ながら進むと右に「らーめん五丈原本店」が見えるので、そこを過ぎた角を右折するとすぐ左。地下鉄南北線・すすきの駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:東本願寺

【新千歳空港店】
千歳市美々 新千歳空港ターミナル3階 北海道ラーメン道場内
電話番号:0123-45-6755
営業時間:10時~20時半
定休日:無休
予算:各780円
アクセス:新千歳空港の3階中央エスカレーター近く
最寄りのランドマーク:新千歳空港
おすすめポイント:唯一無二の完成された海老そば

旧店舗の隣りにできた新しい総本店

ベンチ型の長い待合席

待合席からオープンキッチンのカウンター席を見たところ

カウンター席からキッチンを見たところ

総本店のメニュー

新千歳空港店のメニュー

「えびしょうゆ」の「あじわい」太麺

「えびおにぎり」は、餅米を使った中華ちまきのようなおこわ

「えびしお」の「あじわい」太麺


赤星


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

オープン間もない頃に訪れたとき、あまりの塩味のきつさに掲載を見送った店である。今年の春に日経新聞の記者が取材に来たとき、久しぶりにこの店の名前を耳にしたので、改めて取材してみることに。相変わらず塩味がきつめなので、年配の方には向かない店だが、作り手によって微妙に異なることに気づいた。日や時間帯によって、店主と従業員の2人で交互にラーメンを作っているが、若い従業員の方が若干塩味がきついようだ。しかし、2人とも全てのスープを味見しながら作っているところをみると、意図的に濃い味付けにしているのかも知れない。鶏白湯スープは、魚介風味が比較的押さえられているが、具に磯の香りがする岩のりが加わることで、ちょうど良い感じになっている。もっと魚介系の風味がお望みの方は、テーブルに置いてある自家製の「さばにんにく粉」をかければ、コクのある魚介系ラーメンに変身する。また、「赤玉」なる辛い肉ミンチをトッピングすると、担々麺に変身する。欠点と言えば、塩味がきついことと、チャーシューがイマイチなことくらいで、このような丁寧にとられたスープを使ったラーメンがワンコインで食べられるとは、札幌に住む我々は何と幸せ!僕のお勧めは醤油!!(2012年7月追加)

中央区南3条西7丁目7 狸小路7丁目
電話番号:011-272-2065
営業時間:11時~22時 (なくなり次第終了)
定休日:無休
予算:醤油ラーメン500円
アクセス:地下鉄南北線すすきの駅2番出口を出て、サンクスの方へ信号を渡り、市電の線路沿いに進む。市電の線路が左に曲がって通りからなくなる資生館小学校の交差点を右折。次のアコムの看板のある信号を右折。2つ目の狸小路の信号を左折するとすぐ左。地下鉄南北線すすきの駅より徒歩8分
最寄りのランドマーク:狸小路7丁目おすすめポイント:ワンコインで食べられる最高レベルのラーメン


東区

おお田ラーメン店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札樽道・札幌北インター近くの醤油にこだわったラーメン店。この店の特筆すべき点は、早朝6時からワンコインでクオリティの高い中華そばが食べられること。500円でこのようなクオリティの高い中華そばが食べられる店は、札幌では 「中華そば カリフォルニア(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「ラーメン 木曜日(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 、「 赤星(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 くらいであろう。
 店内は狭く、コの字型のカウンター席のみ。店主一人でやっているため、このくらいの広さが限界かもしれない。基本メニューは、「たまり・醤油ラーメン」と「淡口・醤油ラーメン」、「白たまり・醤油ラーメン」の3種類。これらのラーメンはワンタンメンに変えることもできるが、特にお勧めではない。この他に朝の営業時間限定で、量を少なめにした特別メニュー「朝ラー(400円)」もある。さらに最近になって、季節限定の「濃厚たまり醤油の黒い油そば」も登場した。
 スープは動物系と魚介系のWスープで、動物系は鶏ガラがメインだ。魚介系は鰹節と煮干しのバランスがラーメンの種類によって異なり、「淡口・醤油ラーメン」が最も煮干しの風味が出ている。一番人気は「たまり・醤油ラーメン」であるが、煮干しの風味がより感じられる「淡口・醤油ラーメン」が、最も動物系と魚介系のバランスが良く、僕の一押しである。醤油のコクがある「たまり・醤油ラーメン」も決して悪くないが、「白たまり・醤油ラーメン」は醤油、塩どっちつかずのぼやけた味でお勧めできない。
 具材は小さく厚めに切られたチャーシューが1〜2枚と乾燥麩、ネギ、シナチクのみ。特に、細切りのシナチクがいい。香ばしく焼かれて浸されたと思われるチャーシューは美味しいが、豚肉自体に多少臭みがあるのがマイナス点だ。麺は博多ラーメンのような低加水の中細ストレート麺であるが、東京の製麺所から取り寄せているためか?日によっては低加水に感じられないこともあり、不安定さがある。一方、50円プラスすれば道産小麦の手もみ平打ち太麺に変更できるが、決してお勧めではない。
 サイドメニューには、「チャーシューめし」や「平飼い鶏の卵かけめし」、「おかかめし」などがあるが、サイコロ状に切られたチャーシューと焼き鳥のような香ばしいタレがかかった「チャーシューめし」がお勧めである。また、トッピングの「味玉」もトロトロで美味しい。ちなみに、ラーメンには予め僅かにコショウが入っているが、スープの完成度が高いだけに、これは不要だと思う(2016年11月追加)

東区北36条東1丁目5-1 大越ビル1階
電話番号:090-9432-5617
定休日:日曜・祝日
営業時間:6時〜9時、11時〜17時
予算:淡口ラーメン500円、
アクセス:地下鉄南北線・北34条駅1番出口を出て、高速道路に沿って左へ進む。創成川通を過ぎ、次の札幌禎心会病院がある交差点を左折する。スバル自動車を過ぎ、札幌日産自動車が見えたらその向かい(右側)。北34条駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:札幌禎心会病院、札幌日産自動車・北36条店
お勧めポイント:札幌で旨い朝ラーを食べるならココ

昼の様子 秋の早朝6時の様子(確かにやっていました) ココです 店内は狭く、コの字型のカウンター席のみ 奥の調理場では店主がラーメンを作っています メニュー 店主のこだわりが感じられるそれぞれのラーメンの説明 サイドメニュー 基本は低加水の中細のストレート麺であるが、50円のプラスで道産小麦の手もみ平打ち太麺に変更も可能(お勧めではない) 一番人気の「たまり・醤油ラーメン」 たまり醤油による真っ黒なスープには、予め黒コショウが入っていた 「淡口・醤油ラーメン」が最も動物系と魚介系のバランスが良く、僕の一押し 魚粉も入っているのか?煮干しの風味が前面に出ている 「白たまり・醤油ラーメン」は醤油、塩どっちつかずのぼやけた味で、唯一お勧めできない どのラーメンも博多ラーメンにも似たやや低加水の中細のストレート麺 プラス50円で、道産小麦の手もみ平打ち太麺に変更できるが、決してお勧めではない 「たまり・醤油ラーメン」のワンタンメンバージョン。ワンタンは普通なのでお勧めではない 11月限定の「濃厚たまり醤油の黒い油そば」。白いのは酸味のある大根(ほぼナマスと同じ) よく混ぜてからいただく 好みで酢、七味唐辛子、マヨネーズを入れる 煮干し味のスープが付く サイドメニューで一押しの「チャーシューめし」。サイコロ状に切られたチャーシューと焼き鳥のような香ばしいタレがかかっている トッピングで一押しは、トロトロの「味玉」 「おかかめし」は、最初から鰹節と醤油がかかっているのではない 鰹節、胡麻の入ったふりかけ状のものを白米にふりかけ、好みで醤油を加えて食べる

閉店 チャルメラ番長


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

二郎系インスパイア味噌ラーメンとして有名な「ブタキング」系列のラーメン店 (→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁・King Boo キング・ブゥーを参照) 。当初は薄野にオープンし、深夜〜早朝営業の店であったが、その後現在の地に移転して営業時間も早くなった。現在の店は古いアパートの1階にあり、2つあるドアを開けて入ると、左側にはオープンキッチンのカウンター席が、右側にテーブル席がある。
 メニューを見ると、ユニークなネーミングのラーメンが・・・。「普通男」は通常の味噌ラーメンで、「アツ男」は中辛の味噌ラーメン、「カラ男」は大辛の味噌ラーメン、そして「つけ男」は味噌味のつけ麺である。この他に「鶏白湯塩」と「鶏白湯醤油」、「焦がしニンニク黒醤油」ラーメンなどもある。この店の売りは「ブタキング」譲りのニンニク風味の味噌ラーメンで、特に辛い味噌ラーメンである「アツ男」と「カラ男」が僕のお勧め。しかしながら、大辛の「カラ男」はかなり辛いので注意が必要だ。また、中太縮れ麵かストレート太麺かを選べるが、もちろん「ブタキング」系列なので「ブタキング」と同じストレート太麺がいい。
 味噌ラーメンはキャベツやモヤシなどの野菜類が多めで、しかも肉はチャーシューではなく炒めた豚肉。まるで、タンメンのような味噌ラーメンである。ちなみに、味噌ラーメン以外のラーメンやつけ麺にはチャーシューが入っているが、チャーシューは脱水してしまって硬くいただけない。なので、これを使った「チャーシュー丼」もお勧めではない。(2015年5月追加)

北海道札幌市東区北10条東3丁目2-6
電話番号:非公開
定休日:不定休
営業時間:11時〜20時
予算:アツ男750円
アクセス:地下鉄東豊線・北13条東駅2番出口を出て右へ。ローソンと天使病院のある2つ目の信号(南向き一方通行の道)を右折する。2つ目の信号を過ぎるとすぐ左側。北13条東駅より徒歩5分
最寄りのランドマーク:天使病院
お勧めポイント:辛口の店ラーメンが美味しい

このアパートの1階です

メニュー

中辛の味噌ラーメン「アツ男」

キャベツやモヤシがタップリ

スープはこんな感じ

この日は中太縮れ麺をチョイスした

炒めた豚肉も入っています

大辛の味噌ラーメン「カラ男」

タップリの辛子肉味噌がのっています

辛子味噌を混ぜる前のスープ

辛子味噌を混ぜた後のスープ

辛くない味噌ラーメン「普通男」

味噌味のつけ麺「つけ男」

ストレート太麺

スープの中には刻みチャーシューが入っています

鶏白湯醤油

チャーシューは脱水気味で硬い

チャーシュー丼


あやめ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「あらとん 本店」で修行を積み、 「麺処 蓮海(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の平岸店と真栄本店を立ち上げた細川さんが独立して開いた店。入り口を入ると、右側にオープンキッチンのカウンター席と真ん中にテーブル席が、そして左側に小上がりがある。店内は開店して未だ間もないこともあって、札幌の有名ラーメン店からの御祝い品が多数飾られていた。
 先ずは自動券売機で食券を購入。全メニューのうち、いくつかのメニューはまだ販売されておらず、現在食べられるのは、「塩らーめん」と「正油らーめん」、「濃厚正油らーめん」、「濃厚塩らーめん」、「正油つけ麺」、「味噌らーめん」の6品。つけ麺は全粒粉の太麺であるが、それ以外のラーメンは中太〜中細くらいの縮れ麺で、ラーメンの種類によって縮れ具合が異なるせいか、食感が若干異なっている。
 僕の一押しは「味噌らーめん」。炒めたモヤシとタマネギ、豚挽肉、そして背脂豚骨と3種類のブレンド味噌が絶妙なハーモニーを奏でる。スープが何とも言えずコクがあって後を引き、全てを飲み干したくなるほど美味しい。間違いなく、北海道味噌ラーメンランキングのトップを狙える美味しさである。これに対し、一番人気の「濃厚正油らーめん」は、その名の通りの濃厚な魚介スープ。まさに、「蓮海」のスープを彷彿させる味で、豚骨+鶏ガラ?のトロリとしたスープに、白身魚でとられた今流行の鮮魚系スープが加わり、「蓮海」よりも上品な味に仕上がっている。具材は白髪葱とタマネギのダブル葱、海苔、極太で濃い味付けのシナチク、大ぶりのチャーシュー1枚のっている。これで麺がスープとマッチしているかといえば、「濃厚正油らーめん」に関して言えば微妙なところ。「正油らーめん」はオープン当初は焦げ茶色に混濁し、外見的には「濃厚正油らーめん」とほぼ変わらなかったが、その後差別化を図るために修正が加えられた。その結果、魚介系風味を抑えて鶏油を加えことによって、鶏の風味が強くなり、中華そばのように透明度も増した。スープだけで評価するなら、断然こちらの方が完成度が高く、「正油らーめん」の方が断然お勧め。また、具材の白髪葱や太めのシナチク、海苔、乾燥麩、鶏団子、チャーシューなども「塩らーめん」と共通になった。もしも味が修正されていなければ、「塩らーめん」は清湯というより少し混濁した鶏ガラスープである。鶏団子と鶏油が加わることで、鮮魚系スープがメインの「濃厚塩らーめん」よりもスープの一体感があって美味しい。ちなみに、「正油つけ麺」はそこそこのレベルである。(2014年5月追加)

札幌市東区北33条東13丁目1-20
電話番号:011-721-2700
定休日:火曜
営業時間:11時〜14時45分、17時〜20時45分
予算:味噌らーめん750円、正油らーめん740円
アクセス:地下鉄東豊線・新道東駅5番出口を出て右へ。「au」を過ぎ、「イオン札幌元町ショッピングセンター」角の信号を右折して300mほど進むと右側にある。新道東駅から徒歩4分。
最寄りのランドマーク:イオン札幌元町ショッピングセンター
お勧めポイント:鮮魚系スープが美味しいラーメン店

味噌らーめん

濃厚正油ラーメン

正油らーめん

濃厚塩らーめん

塩らーめん

正油つけ麺


札幌担々 旨なり


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

東区にある担々麺の専門店。店は喫茶店のように狭く、左にL字のカウンター席が、右側にはテーブル席2つがある。メニューを見ると、汁有り担々麺は定番の「担々麺」とそれに豚の角煮がのった「角煮担々麺」、真っ黒な「黒担々麺」、そして辛さを増した「赤担々麺」の4つ。「汁なし担々麺」は1種類のみであるが、季節によって別な汁なし担々麺メニューが加わることも。また、サイドメニューとして「小籠包」や「中華むしパン」、自家製の「トントロ棒餃子」などが、そして子供向けの辛くないハーフサイズ担々麺「お子様担々麺」もある。辛さが足りないという方は卓上の自家製ラー油で、香りが物足りないという方は卓上の「花山椒で」で、胡麻の風味を強めたいという方は卓上のすり胡麻を加えて調整するシステム。
 僕の一押しは通常の「担々麺」。白胡麻の旨味タップリの美味しいスープで、ラー油と花山椒のバランスが良い。カレーの辛さに例えるなら中辛〜辛口といったところで、よほど辛さが苦手な人以外はスープの旨味を感じ取れるくらいの辛さ。残ったスープを、トッピングの“温玉(温泉卵)"をのせた小ライスにかけて食べるともう最高である。麺はやや低加水の縮れた中細麺で、コシもほどほどにあってスープに良く絡む。また、具材の青梗菜の炒めやネギ、挽肉とも実に良くマッチしている。チャーシュー代わりにそれに豚の角煮がのった「角煮担々麺」も悪くない。ベースの「担々麺」を更に辛くしたという真っ赤な「赤担々麺」は、“大辛"と“激辛"の2つから選べる。花山椒を増した痺れるような辛さではなく、ラー油によるピリッとした辛さだ。“大辛"でもカレーの辛口より少し辛いくらいの中途半端な辛さなので、辛い物好きの方は「赤担々麺」の“激辛"にするか、基本の「担々麺」を注文して卓上の花山椒とラー油で自分好みに調整するのがお勧めである。「黒担々麺」は黒ごまを加えることで胡麻の風味を強くしており、ほんのりとした香ばしい苦みが味に深みを与えている。一方、「汁なし担々麺」の麺は、中太のモチモチとした麺。辛さは“普通"と“辛め"から選択できる。“普通"は辛みや花山椒の香りに乏しく、好きな方なら物足りなく感じてしまうであろう。なので「赤担々麺」と同様、注文するなら“辛め"にするか、“普通"にして卓上の花山椒とラー油で自分好みに調整するのがお勧め。また、残った汁を名古屋の「まぜそば」のように、ライスにかけて食べることを店では勧めているが、さらに“温玉"をトッピングして食すると味に深みが加わっていい。
 サイドメニューでは、「トントロ棒餃子」はジューシーさがなく、トントロの歯ごたえも感じられず、皮以外は特に特徴がない。「小籠包」は「トントロ棒餃子」よりは良いが、残念ながらお勧めというほどのレベルではなかった。
 ちなみに、土日・祝日は通し営業なので、行くなら土日・祝日の方が便利。汁が跳ねるのが気になる人のために、紙エプロンのサービスもある。北海道トップクラスの担々麺専門店であるにも関わらず、今のところ土日も空いている。行列ができるくらいもっと評価されても良いと思われる名店である。(2014年2月追加)

札幌市東区北23条東13丁目2-5
電話番号:011-788-9979
定休日:月曜
営業時間:11時〜15時、17時〜21時(土日・祝日は通し営業)
予算:担々麺750円
アクセス:地下鉄東豊線・元町駅5番出口を出て、宮の森北24条通を左(西)へ向かう。「パーラー大黒天」を過ぎ、「明園内科・小児科医院」の手前左側にある。元町駅から徒歩3分。
最寄りのランドマーク:北洋銀行・東区元町支店、パーラー大黒天・元町ホール
お勧めポイント:北海道トップクラスの担々麺専門店


麺や 亀陣


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

東区太平にある自家製麺と無化学調味料スープで人気のラーメン店。店内には手前にL字のカウンター席があり、奥にはボックス席が1つある。
 この店のスープは澄んだ清湯(ちんたん)と濁った白湯(ぱいたん)スープの2種類。清湯スープには「鶏そば しお」と「鶏そば 醤油」、「有機白醤油」、「にぼ陣ジャー」があり、清湯スープのラーメンとつけ麺だけは200円を追加すれば、麺を食した後にお茶漬け風の「ライスイン」が頂ける。「ライスイン」には岩海苔、刻みチャーシュー、ネギ、柚子皮などが入っていてサッパリと美味しく、お腹に余裕があれば追加することをお勧めしたい。さらに、白湯スープには「鶏白湯 醤油」と「鶏白湯 しお」の2種類がある。この他に、季節限定の「日替わりラーメン」と「つけ麺」がある。

 僕の一押しは「鶏白湯 醤油」。麺は自家製の中細ストレート麺で、しっかりとしたコシがあっていい。鶏白湯スープは鰹節が香り、コクのある洗練された味で、思わず全て飲み干してしまうくらい旨い。チャーシューは鶏と豚が1枚ずつ入っており、豚チャーシューはローズマリーのような香草の香りがして、鶏チャーシューは炙っている。しかし、味の方はいずれもごく普通だ。トッピングの「味玉」は、魚介系出汁醤油につけ込まれているためか僕好みではない。僕のもう一つのお勧めは、清湯スープの「鶏そば 醤油」。白湯とは異なり、中細の縮れ麺で、カツオ風味のスープに良く絡んで美味しい。これで前述のチャーシューが美味しければパーフェクトである。これに対し、「鶏そば しお」と「鶏白湯 しお」などの塩系ラーメンは、スープの個性が失われてしまい、もちろんそれなりに美味しいがお勧めするほどではない。(2013年6月追加)

東区北47条東8丁目
電話番号:011-753-1305
定休日:水曜
営業時間:11時〜15時、17時〜20時
予算:鶏白湯 醤油700円、鶏そば 醤油700円
アクセス:北光線と琴似栄町通りの交差点に「ホーマック北栄店」がある。
最寄りのランドマーク:ホーマック北栄店、北光線
お勧めポイント:無化学調味料の鶏白湯・清湯スープが旨いラーメン


らーめん ほっぺ家


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

以前は「サッポロファクトリー」の近くにあったが、ビルの再開発のため、昨年現在の地へ移転してきた。以前と比べて変わったことは、事前に自動販売機で食券を買わなければならなくなったことである。また、店内も以前よりも少し狭くなった様な気がする。実はこの店、塩ラーメン(潮らーめん)で有名。特に、1日限定5食の「あごの出汁潮らーめん」は、トンコツベースの清湯スープに、高級なあご(トビウオ)や昆布、貝柱などでとった魚介スープが加わったWスープ。スープはインパクトには欠けるが、深く複雑なテイストである。しかし、中細ストレート麺は低かん水・低加水で作られているため、博多ラーメンの麺に近い感じで、僕好みではない。僕の一押しは“つけ麺”。太麺や極太麺を使用してインパクトを前面に出す店が多い中、敢えてこの店は、火の通りが早い中太麺を使用している。なので、この店のつけ麺は“冷もり”のみで、“温もり”には出来ないのである。麺は香り高い茶色の全粒粉を使用しているので、中太麺とは思えないくらいのコシとプリプリとした食感が味わえる。これがガツンとパンチの効いた魚介系の濃厚トンコツスープと良く合うのだ。さらに、脇役の四角い極太シナチクやチャーシューもいい。また、トッピングの煮卵も美味しく、スープ割りも旨い。もう一つのつけ麺「辛いつけめん」は、基本的に通常のつけ麺と具や麺が同じである。スープは豆板醤が入ったようなピリ辛スープで、濃厚なトンコツスープとも上手くマッチしており、思ったほど辛くない。一押しではないが、これも結構お勧めである。なお、ラーメンを注文すると、昼・夜とももれなく「小ライス」か「ミニ鶏そぼろ飯」が無料サービスとなる。(2013年1月追加) 

東区北11条東6丁目1-40 館ビル1階
電話番号:011-752-0011
定休日:水曜
営業時間:11時~14時50分、17時~20時30分(第3日曜は昼のみの営業)
予算:つけめん800円
アクセス:地下鉄東豊線・東区役所前駅4番出口を出て「東8丁目篠路通」を東区役所方面(南へ)進む。東区役所の手前角の信号を右折し、更にすぐの信号を左折すると右側に見える。東区役所の裏側にある。東区役所前駅から徒歩2分。
最寄りのランドマーク:東区役所
お勧めポイント:中太麺の魚介系トンコツ醤油つけ麺が美味しい


らーめん 侘助


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「コープCO-OPさっぽろ」並びのマンションの1階にあるラーメン店。目立たない店だが、実は東区で1,2を争う人気の煮干しラーメン店なのである。入り口を入ると手前にテーブル席が1つと奥にL字型のオープンキッチンのカウンター席がある。席に着く前に、先ずは自動券売機で食券を購入。久しぶりに訪れてみると、メニューの品数が更に増え、「醤油らーめん」や「つけ麺」、「担々麺」に加えて、「塩らーめん」と「味噌らーめん」が加わった。
 僕のお勧めは「醤油らーめん」と「塩らーめん」の2つで、「醤油らーめん」は煮干し系ラーメンの最高峰と言っても過言ではない。煮干しを強調したスープは、どうしても酸味や苦みが強くなるため、人によって好みが別れるところ。好きな人は、そのノスタルジックな味の虜になるだろうし、ダメな人は、一口含んだだけで食べるのを止めてしまうかも知れない。実際、札幌で煮干しラーメンを売りにしている店はいくつもあるが、つけ麺店以外で成功を収めている店はごく僅かというのが現状である。店主はこれほどリスキーな煮干しスープを、鶏白湯を使用することで実に上手くまとめている。旨味調味料を使用していないので、後味がすっきりとしていて胃にもたれない。また、道産小麦を使ったモチモチとした自家製中太ストレート麺が、濃厚なスープに負けないくらい力強くていい。実は、どのラーメンにも隠し味に柚子の皮が入っている。もう一つのお勧めの「塩らーめん」のスープは、見た目は少し茶色っぽくて一見醤油スープのよう。煮干しの風味が抑えられ、むしろ昆布や鰹節の旨味を強く感じる濃厚な塩スープだ。このスープにも自家製中太ストレート麺が良く絡んでいい。このような美味しいスープには、小ライスを注文しておじやのようにして食べるともう最高!!
 「担々麺」は「醤油らーめん」の魚介系醤油スープを辛くアレンジしたもので、発売当初に比べると挽肉の甘さが少なくなった分バランスが良くなっており、擂りゴマやニラが良いアクセントとなっていて悪くない。「つけ麺」は通常のものと辛いバージョンの2種類がある。スープは海老の香りがメインで、それに煮干しや鰹節の風味が加わったもの。スープはかなり良くなっているが、冷やの中太麵が全くコシがなく、これを改めない限りお勧めはできない。「味噌らーめん」は使用している味噌が原因なのか?このラーメンだけは既製調味料の味がしてやはりお勧めできない。脇役陣の中では、太めのシナチクと味玉が何とも言えず美味しい。日本酒で炊かれたのか?ほんのりと心地よい香りがして秀逸である。ちなみに、この店には駐車場がないのでご注意を。(2014年10月更新)

東区北21条東16丁目2-29(コープさっぽろの駐車場向かい)
電話番号:011-807-7149
営業時間:
【月曜】10時~15時
【火曜】10時~14時、16時~19時
【水曜】10時~14時、17時~19時
【木曜】休み
【金曜】10時~14時
【土曜】11時~15時、17時~20時
【日曜】 9時~14時
定休日:木曜
予算:醤油らーめん750円 、塩らーめん750円、味玉100円
アクセス: アクセス:地下鉄東豊線・元町駅3番出口を出て左(ツルハドラック側)へ進み、2つめの信号を左折すると右側に「CO-OP札幌」が見える。「CO-OP札幌」の手前の1つめの通りを右折し、「CO-OP札幌」の駐車場手前をすぐ左折するとすぐ左側(「CO-OP札幌」の並び)。地下鉄東豊線・元町駅より徒歩5分。
最寄りのランドマーク: ツルハドラック、CO-OP札幌
お勧めポイント:日本トップクラスの煮干し系醤油ラーメン

コープ札幌の駐車場より撮影(左の茶色いビルです)

L字型のカウンター席

テーブル席

醤油らーめん

太めのシナチクが旨い

トッピングの味玉も旨い

締めはスープと小ライス

塩らーめん

隠し味として柚子皮が入っています

やはり美味しいスープにはライスが合うねえ

担々麺にかけるゴマ

ゴマを擂りながら待つ

担々麺

担々麺のアップ

擂りゴマを投入してかき混ぜたところ

つけ麺

海老の粉がのっている

この麵では物足りない

スープ割り

味噌らーめん

 

らーめん 飛馬


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

元町にある鶏白湯スープが評判のラーメン店。鶏白湯スープのチャーシューは鶏チャーシューで、これがシットリとした食感で旨味があって美味しい。白湯の他に清湯スープもあるが、やはり僕のお勧めは鶏白湯スープである。とくに、新しく登場した「絶品白湯」がいい。何でもこのスープは、塩、醤油、味噌全ての旨味を凝縮した新感覚スープらしく、鶏の旨味も十分で、リッチで深みのある味わい。唯一残念だったのは、やはり低加水の中細縮れ麵の歯ごたえが良くないことである。これで麵が良ければほぼ完成形なのだが。
 この他の僕のお勧めは、この店唯一の清湯スープである「にぼし 醤油」。このスープは、“にぼし"というネーミングとは裏腹に、煮干しの風味はさほど強くない。むしろ、上手く抑えられていて、繊細な鶏ガラスープとのバランスが良く感じられる。具材のバラ豚チャーシューも、2枚入っている麩もこのスープにマッチしていて美味しい。一方、「鶏白湯 塩」のスープは、化学調味料の味が僅かに感じられるが、濃厚かつ深遠な味がしてこれも上出来である。平日ランチタイムに無料サービスとなる小ライスをスープに入れて食べても抜群に美味しい。(2015年3月更新)

東区北24条東18丁目3-1   
電話番号:011-787-8686
営業時間:11時~20時
定休日:不定休
予算:絶品白湯800円、にぼし醤油700円
アクセス:地下鉄東豊線元町駅5番出口を出て、宮の森北24条通を右(東)へ。札幌東消防署を過ぎ、ガスト札幌元町店を過ぎたらすぐ左側。地下鉄東豊線元町駅より徒歩10分
最寄りのランドマーク:ガスト札幌元町店、札幌市東消防署
お勧めポイント:鶏ガラスープが美味しいラーメン店

定番の「鶏白湯 塩」

青ネギと白髪ネギのダブルネギ

この鶏チャーシューが美味しい

絶品白湯

鶏チャーシューと豚のチャーシューのダブルチャーシュー

麵は共通の低加水の中細縮れ麵

唯一の清湯スープである「にぼし 醤油」

豚のチャーシュー

清湯が染みた麩が旨い

鶏白湯 醤油

鶏白湯系は鶏チャーシュー

味噌


西区

中華そば スパンキー


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

琴似に行く時に、そのネーミングが気になって入ってみたラーメン店。店に入ると、右側にカウンター席、左側にテーブル席が2つだけの小さな店だ。何度か行ってみたが、どうやら店主一人でやっているようだ。
 メニューを見ると、「醤油らーめん」と「塩らーめん」の2つのみ。トッピングメニューとして「味付け玉子」、「炙り鶏チャーシュー」、「めんま」、「海苔」、「ねぎ」などがあるが、どれも50円と良心的だ。
 僕のお勧めは、この店の看板メニューでもある「醤油らーめん」。店主は醤油にかなりのこだわりを持っているらしく、島根県出雲市にある「森田醤油」の2種類の「生揚げ醤油」を使用しているという。これに、鶏ガラベースの優しい動物系の味と鰹節や鯖節による魚介系の深みが見事に調和しており、今流行の煮干し系中華そばと一線を画す日本蕎麦に近い感じがいい。また、中細のストレート麺もこのスープによくマッチしている。のっている具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔などといった定番具材である。チャーシューはイマイチだったが、ほんのりと塩味の効いたメンマがおいしかった。「醤油らーめん」を注文する際には、トロトロの「味付け玉子」も是非一緒にいただくこともお勧めしたい。一方、「塩らーめん」は、鶏ガラベースのスープに昆布やアサリ、スルメなどの魚介風味が加わった繊細なスープで、函館の塩ラーメンに近いイメージである。一口すするたびに、しみじみと美味しく感じられるが、残念ながらインパクトには欠ける。
 それにしても、これだけのレベルにありながら、今のところ全く無名で食べログの点数も低く、流行っていないのがとても残念である。(2017年8月追加)

西区二十四軒3条5丁目8-25 田中ビル1階
電話番号:非公開
定休日:月曜(祝日の場合には翌火曜)
営業時間:【火曜〜土曜】11時〜15時、17時〜21時、【日曜・祝日】11時〜17時
予算:醤油ラーメン650円
アクセス:地下鉄東西線・二十四軒駅1番出口を出て左へ。「ふかざわ病院」、「恒和薬品」を過ぎて進むと、右に「北央信用組合」と「AEONまいばすけっと」が見えるので、その向かいの左側のビル。二十四軒駅から徒歩6分
最寄りのランドマーク:北央信用組合
お勧めポイント:生揚げ醤油を使ったコクのある中華そば

地下鉄琴似駅へ向かう広い通り沿いにあります ココです! 店内 ラーメンは「醤油らーめん」と「塩らーめん」の2種類のみ トッピングは全て50円と非常に良心的 「醤油らーめん」を「ちゃーしゅー麺」にして、「味付け玉子」をトッピングで注文した。チャーシューはイマイチだったが、味付け玉子はトロトロで美味しかった スープは、2種類の「生揚げ醤油」に、鶏ガラベースの優しい動物系の味と鰹節や鯖節による魚介系の深みが見事に調和している。今流行の煮干し系中華そばと一線を画す日本蕎麦に近い感じが良かった 全粒粉のようなツブツブが見える中細のストレート麺もスープとマッチしている 味付け玉子の半熟状態は完璧 島根県出雲市にある「森田醤油」の2種類の「生揚げ醤油」 島根県出雲市にある「森田醤油」の2種類の「生揚げ醤油」 「塩らーめん」 鶏ガラベースのスープに昆布やアサリ、スルメなどの魚介風味が加わった繊細なスープで、函館の塩ラーメンに近いイメージ 麺は同じ中細のストレート麺

ラーメン ノボリザカ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

山の手エリアにあるラーメン店。この店の売りは、何と言っても鯛から抽出された鯛出汁スープの魚介ラーメン。とは言っても、純粋な魚介系と言うよりも、基本的に鶏ガラ系スープが加わったWスープのラーメンである。
 入口のドアを開けると、店内はカウンター席が8席のみという狭い店。ご夫婦なのか?若い店主と女性の2人でやっている。メニューを見ると、「濃厚鯛だしラーメン」と「鯛だしラーメン」、「中華そば」の3種類のみ。中でも僕の一押しは「濃厚鯛だしラーメン」。ビジュアル的に低温調理されたチャーシューと甘めのシナチク、紫玉葱と白髪ネギのWネギ、海苔、そして何故かレモンがひとかけらのっている。これまでの取材した鯛出汁ラーメンで美味しかったのは、銀座の 「麺処 銀笹(→ 銀座グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 だが、こちらは清湯スープのラーメンである。これに対して、この店の「濃厚鯛だしラーメン」は、口に含むと「ん?」、鶏白湯スープのような濃厚さの中に洗練された魚介系の味を感じる。この様な混濁した白湯系の鯛出汁スープは、これまで大阪でしか経験したことがない。鯛のアラを使っているせいか、煮干しや鰹節などで感じる魚臭さなどは一切なく、白身魚の旨味を感じる美味しい塩ラーメンだ。麺は低加水の中細ストレート麺で、このスープにベストマッチというほどではないがスープとの相性は実に良い。このラーメンと是非一緒に注文して欲しいサイドメニューが「鯛飯」。これだけで単独で味わうと、特にどうって事のない炊き込みご飯だが、これをスープに投入しておじやのようにしていただくと、両方の鯛の相乗作用によって美味しくいただける。
 「鯛だしラーメン」は、スープだけを飲むと野菜の甘味を感じる完成度の高い塩味(もしくは白醤油味?)の清湯スープであるが、残念ながら麺とは上手く絡まない。なので、トータル的な評価としては、「濃厚鯛だしラーメン」に一歩譲るが悪くない。魚介系の風味が抑えられた醤油味の「中華そば」は、ほぼ鶏ガラ風味の醤油ラーメンでインパクトに欠けるため、お勧めできない。
 現在のところ、まだ行列ができるほどの人気店ではないが、将来的には行列店となることが十分期待できる実力店である。(2017年6月追加)

西区山の手2条11丁目1-10 山の手ビル1階
電話番号:070-5285-4977
定休日:木曜
営業時間:11時半〜15時、17時〜20時
予算:濃厚鯛だしラーメン750円、鯛めし150円
アクセス:地下鉄東西線・円山公園駅3番出口を出て、西28丁目の環状通を右折。「富士メガネ」、「すし善本店」を過ぎ、北1条宮の沢通の信号を左折して西へ向かう。「スターバックスコーヒー」、「北海道神宮」、「ケンタッキーフライドチキン」、「宮の森フランセス」、「ココス」、「浄國寺」を過ぎると、次の信号の右角にある。円山公園駅から徒歩20分
最寄りのランドマーク:北1条宮の沢通、宮の森フランセス、浄國寺
お勧めポイント:札幌では珍しい鯛スープのラーメン店

北1条宮の沢通沿いにあります ココです!横の奥に駐車場があります カウンターだけの狭い店内 メニュー 僕のイチオシの「濃厚鯛だしラーメン」 「濃厚鯛だしラーメン」に味玉をトッピングしたバージョン。味玉は火の通し方は良いが味は普通 低温調理されたチャーシューと甘めのシナチク、紫玉葱と白髪ネギのWネギ、海苔、そして何故かレモンがひとかけらのっている トッピングした味玉のアップ 鶏白湯のような濃厚スープ。鯛のアラを使っているせいか、煮干しや鰹節などで感じる魚臭さなどは一切なく、白身魚の旨味を感じて美味しい 麺は低加水の中細ストレート麺で、このスープにベストマッチというほどではないがスープとの相性は実に良い ラーメンと是非一緒に注文して欲しいサイドメニューがこの「鯛飯」 これだけで単独で味わうと、特にどうって事のない炊き込みご飯だが・・・ これをスープに投入しておじやのようにしていただくと・・・ この様におじやのようにしていただくと、両方の鯛の相乗作用によって美味しくいただける 「鯛だしラーメン」 繊細なせいか、紫玉葱や海苔は入っておらず、代わりに三つ葉とだし巻き玉子が入っている スープだけを飲むと野菜の甘味を感じる完成度の高い塩(もしくは白醤油味?)清湯スープであるが、残念ながら麺とは上手く絡まず、トータル的な評価としては「濃厚鯛だしラーメン」に一歩譲るが悪くない 麺はさらに細いストレート細麺 「中華そば」 スープが繊細なためか、紫玉葱やレモンなどは入っておらず、代わりに三つ葉とニンジンが入っている 魚介系の風味が抑えられた醤油味のスープは、ほぼ鶏ガラ風味のスープでインパクトに欠ける こちらもストレート細麺

八乃木(はちのき)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

西区発寒の住宅街にオープンした 「すみれ(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 出身者のラーメン店。まずは、券売機で食券を購入。入ってすぐ右側にL字型の分離したカウンター席が、そして左側にテーブル席がある。
 「すみれ」系のラーメン店だけに、もちろん一押しは「みそらーめん」だが、この店の特筆すべき点はそれだけではない。何と、通常の「すみれ」系ラーメン店では絶対に見かけることのない京都 「本家 第一旭 たかばし本店(→ 京都グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 そっくりの「中華そば」を食べることができるのだ。
 「みそらーめん」は、「すみれ」譲りのラードタップリの第1世代の札幌ラーメンである。麺は黄色い中太縮れ麺で、「すみれ」に比べるとスープのファーストインプレッションは弱いものの、その分、後味に旨味調味料を感じないのがいい。また、モヤシの炒め方が浅く、シャキシャキとした食感を残している点も異なる。「すみれ」や 「純連(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 系のチャーシューはとても美味しいだけに、値段は張るものの「みそチャーシュー」で食べることを是非お勧めしたい。
 前述のように、「中華そば・しょうゆ」は、「本家 第一旭 たかばし本店」のラーメンにも似た清湯スープだ。九条ねぎがタップリとのせられ、チャーシューは他のラーメンの厚切りチャーシューとは異なる薄切りのチャーシューである。唯一残念だったのは、低加水の中細ストレート麺が中途半端な食感となっていて、スープに全く合っていないのである。この麺さえ改善されれば、3つ星にしても良いくらいスープが美味しいだけに残念である。(2016年8月追加)

西区発寒7条14丁目1−33
電話番号:011−590−1992
定休日:木曜
営業時間:11時〜15時、17時〜19時半(水曜11時〜15時)
予算:中華そば・しょうゆチャーシュー1000円、みそチャーシュー1000円
アクセス:JR発寒中央駅・南口を出て線路と反対方向へ向かう。突き当たった「ラッキー」のあるT字路の交差点を右折する。「発寒西公園」を過ぎた信号を左折して2つ目の交差点右側。JR発寒中央駅から徒歩8分
最寄りのランドマーク:発寒西公園、ラッキー発寒店、イオン札幌発寒店
お勧めポイント:京都「本家 第一旭 たかばし本店」のラーメンを彷彿させる中華そば

ココです このような住宅街にあります ココです 暖簾に「すみれ」の文字が・・・ まずは自動券売機で食券を購入する メニューは、ラードたっぷりの第1世代タイプの札幌ラーメン「みそらーめん」、「しおらーめん」、「しょうゆらーめん」3種の他、「中華そば・しょうゆ」がある L字型の分離タイプのカウンター席の横の部分 L字型の分離タイプのカウンター席の縦も部分 「みそチャーシュー」 摺り下ろし生姜、炒めたモヤシ、刻みネギ、厚切りの肩ロースのチャーシュー スープはラードたっぷりの濃厚味噌スープ 黄色い中太麺はコシがあって良い 「中華そば・しょうゆチャーシュー」 九条ねぎと薄切りのチャーシューがのっている 清湯スープが抜群に美味しい 低加水の中細のストレート麺がイマイチなのが唯一残念

らーめん 竹馬(ちくま)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

西区にある鶏スープが売りの中華そば店。店内はカウンター席のみと狭いが、ラーメン店とは思えないくらいスタイリッシュ。
 まずは券売機で食券を購入。メニューを見ると、ラーメンは人気の「鶏そば・醤油」の他、「鶏そば・塩」、「煮干しそば」、「中華そば」の4種類。トッピングは、「鶏皮」、「チャーシュー」、「味付け玉子」、「メンマ」、「生玉子」などで、ご飯ものはライスの他に、チャーシューの切れ端を使用した「肉めし」がある。
 この店の僕の一押しは「鶏そば・醤油」。これ以外のものは食べなくてもよいくらいの完成度。スープは中札内産の若鶏を使用しているらしく、良質な鶏の旨味に加えて野菜の甘味が印象的。基本的に、魚介系の深みのない鶏ベースなのでどうしても味が単調となってしまうが、それでも無化学調味料とは思えないくらい美味しい。一方、カタクチイワシによる魚介スープメインで作られた「煮干しそば」や、さらに鶏油を加えたWスープの「中華そば」は、これを上回るか?いえば決してそうでない。要するにスープのバランスの問題だと思うが、「鶏そば・醤油」のスープの方がインパクト、バランスともにこの店のベストなのである。「鶏そば・塩」も同様な理由でインパクトが弱く、物足りなく感じてしまうであろう。
 麺は中細のストレート麺で、コシはあまりないがこのスープにはよくマッチしている。チャーシューは、火が入りすぎないように仕上げられた最近流行のミディアムタイプのもので美味しい。この他に、「鶏そば」には鶏チャーシューも入っているが、これが更に美味しい。また、かなり太めのメンマは独特な香りがするが、味的にはごく普通。ネギと三つ葉も入っているが、三つ葉を入れる意味はあまりなく、どちらかと言えば三つ葉を入れずにネギを増量した方が更に完成度が増すと思われる。
 ちなみに、単にチャーシューとタレを絡めた「肉めし」は、単調な味なのでお勧めできない。やはり今風に、刻みチャーシューと鰹節、山ワサビ、ネギ、マヨネーズ、タレなどと和え、さらに黄身をのせるなどの工夫が必要であろう。これに対して、「味付け玉子」は出色の出来でお勧めである。(2016年4月追加)

西区山の手3条4丁目2-12 昭栄ビル1階
電話番号:011-643-8778
定休日:水曜(祝日の場合は翌日が休日)
営業時間:11時~15時、17時~20時(スープなくなり次第終了)
予算:鶏そば・醤油750円、味付け玉子100円
アクセス:地下鉄東西線・琴似駅1番出口を出て右へ、琴似栄町通を進む。「富士メガネ」、「西区役所」、「山の手3−1交差点」、「稚内しんきん」、「西さっぽろ病院」を過ぎ、2つ目の信号を右折すると右側にある。琴似駅から徒歩15分
最寄りのランドマーク:稚内信用金庫・琴似支店、西さっぽろ病院
お勧めポイント:鶏の旨味たっぷりの中華そば

ココです まずは自動券売機で食券を購入する テーブルにあったメニュー カウンター席のみの店内は、ラーメン屋とは思えないくらいスタイリッシュ 僕のお勧めの「鶏そば・醤油」 チャーシューは、火が入りすぎないように仕上げられた最近流行のミディアムタイプのもので美味しい。また、かなり太めのメンマは独特な香りがして普通 豚チャーシューの左にあるのが鶏チャーシュー。これは美味しい 麺は中細のストレート麺で、このスープに良く合う トッピングの「鶏皮」 スープに絡めて食べる。食感が硬く、これでトロトロであれば合格なのだが・・・ 「鶏そば・塩」は、美味しいが物足りなく感じてしまう 「煮干しそば」はバランスが悪い 「煮干しそば」は中細縮れ麺 「中華そば」 「中華そば」も中細縮れ麺 「味付け玉子」は出色の出来でお勧め

ふくや


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

“昭和ラーメン"の看板を掲げる二十四軒のラーメン店。この店の創業は昭和22年というから、札幌のラーメン店としては間違いなく老舗に入る。メニューは「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」の2種類だけしかなく、職人肌の老店主がラーメンを作り、女性店員がサービスを行っている。店内はL型のカウンター席と窓際のテーブル席のみであるが、思っていたよりも広めだ。何と言ってもこの店の特筆すべき点は、どちらのラーメンもワンコインの500円で食べられること。
 「醤油ラーメン」は表面に僅かに油膜が張り、麺はコシのない中細縮れ麺。これで魚介をもう少し強調すれば、旭川ラーメンと勘違いしてしまうほど。スープは鶏ガラとトンコツのブレンドなのであろうか?とてもコクがあって野菜の甘みも感じる旨味のあるスープである。また、“昭和ラーメン"と言うだけあって、どこかしら懐かしい優しい味だ。スープだけならほぼ完璧で、これで麺とチャーシューが良ければ文句なしの3つ星点である。しかも、500円であるにも関わらず、チャーシューが2枚入ってくる。「塩ラーメン」も具材は同じで、こちらのスープも醤油のスープと甲乙付けがたいくらい美味しい。「塩ラーメン」のスープもやや薄濁りで、こちらのスープの方が繊細なだけに麺のかん水の臭いを感じてしまう。なので、どちらかと言えば「醤油ラーメン」の方がお勧めである。それにしても、同じワインコインの名店 「ラーメン 木曜日(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「赤星(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 に勝るとも劣らない円熟味を感じさせるワンコインラーメンである。(2013年8月追加)

西区二十四軒3条4丁目2−2
電話番号:非公開
定休日:水曜
営業時間:11時半〜19時くらい スープなくなり次第閉店
予算:塩ラーメン、醤油ラーメン500円
アクセス:地下鉄東西線・二十四軒駅3番出口を出て右へ。「パールモンドール」、「ふかざわ病院」の前を過ぎ、信号を渡ると「常口アトムJOG」の並びのビル。二十四軒駅から徒歩5分。
最寄りのランドマーク:常口アトムJOG、ふかざわ病院
お勧めポイント:ワンコインで食べられる超ハイレベルの醤油ラーメン


担 担(タンタン)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

西区にある「タンタンメン」が名物の中華料理店。しかし、「タンタンメン」とは言っても、いわゆる四川風の担々麺ではなく、塩味の担々麺なのである。唐辛子がタップリ入っており、透明な鶏ガラベースのスープにゴマ油が香る。これにフワフワ玉子と豚挽肉、刻みニンニクが入ることで何とも言えない深いコクが生まれる。麺は黄色の中太縮れ麺で、これがまた不思議とスープにピッタリと合う。辛さは「普通」、「中辛」、「激辛」の3段階から選べ、「普通」が中辛、「中辛」はかなり辛い。何も言わなければ「普通」で供される。麺を食べ終えたら「小ライス」を注文し、残ったスープの中に入れて食べるのが僕流。これが下手な韓国料理店のクッパよりも遙かに旨いので是非試してみてほしい。店は夫婦二人でやっており、ご主人が作るときも奥さんが作るときも、どちらも味は変わらない。ちなみ に、7のつく日(7日、17日、27日)は感謝デーで、「タンタンメン」が500円で食べられる。もしも時間があれば、帰りにすぐ近くにある 「ジェラテリア ジェリー ム(→ スイーツの頁を参照)」 でジェラートを食べると、満足度は倍増すること間違いなし。(2012年10月更新)

西区西野3条6丁目7-31 
電話番号:011-665-7113
営業時間:11時半~20時
定休日:火曜
予算:タンタンメン750円、小ライス200円
アクセス:中心部から北1条宮の沢通を西に向かい、びっくりドンキー、ダイソーを過ぎて3つ目の信号(ジェラテリア ジェリームの交差点、ホーマック手前)を右折するとすぐ右側。
最寄りのランドマーク:びっくりドンキー、ダイソー、ホーマック
お勧めポイント:ピリ辛の塩担々麺が最高の店


南区

鬼そば


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

定山渓の手前の簾舞にある人気のラーメン店。実はこの店、背脂豚骨で有名な 「山嵐(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の別ブランド店である。それにしても、昼夜でスタイルを変える薄野の二毛作ラーメン店「山嵐黒虎/雷文」や平岸の味噌カレーラーメン店 「フジヤマロック(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 、藤野のタンメン店 「山嵐天上天下龍我独尊(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 、そして日本蕎麦店「おにそば」など、「山嵐」の店主・大村さんの次々と沸き上がる無尽蔵のアイディアには脱帽である。
 この店は「アイスの鉄人」や「セイコーマートみすまい店」と同じ敷地内にある。店内に入ると左側にオープンキッチンのカウンター席が、そして右側に小上がりのテーブル席がある。任されている店主はかなり若いが、作るラーメンのスキルは高い。
 店名を冠した「鬼そば」は、煮干し風味の醤油ラーメンで、僕の一番のお勧め。 「men-eiji HIRAGISHI BASE(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「豚そば Fuji屋(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の醤油ラーメンを足して2で割ったようなイメージのラーメンであるが、鶏ガラベースの魚介スープと思われたスープは、実は魚介と豚のラードだけで作られた驚くべきスープである。それは、煮干しの風味とは思えないほどとても洗練された魚介スープである。なので、逆に煮干しの風味が物足りないと思うマニア向けに煮干し感を強めた「極(ごく)にぼ」も用意されている。麵はストレートの細麺ながら低加水でシがあり、このスープによくマッチしている。具材のシナチクには姫竹(ネマガリダケ)を使用しているのも珍しい。また、この他に「鬼そば」の数量限定塩バージョン「鬼そば塩」などもある。
 もう一つの名物である「鬼退治」は、「山嵐」の「ジャンクヌードル」にも似た太麺を使った和風油そばである。先ずはそのまま食べ、半分ほど食べてからマヨネーズとラー油を追加して食べるともう最高である。ちなみに、普通盛り、中盛り、小盛りの3種があるが、普通盛りでも麵4玉とかなりの大盛りなので、小盛りがお勧めである。また、サイドメニューの「鬼メシ」は白飯の上に天かす、卵黄、ネギ、海苔が載り、天つゆの様なタレがかかっているご飯で、これも意外と美味しい。これに対して、桜姫鶏で作った「桜しゅうまい」は、イマイチでお勧めできない。
 正月明けは3日から営業しており、定山渓やニセコ、ルッス、札幌国際スキー場方面へ行く際には、「山嵐天上天下龍我独尊」や 「カラバトカリー(→ 札幌グルメバイブル・カレーの頁を参照)」 と共にお勧めである。(2014年12月追加)

南区簾舞3条6-8-35
電話番号:非公開
定休日:火曜
営業時間:11時半〜20時
予算:鬼そば750円、鬼退治880円(小600円)
アクセス:札幌中心部から国道230号線石山通を定山渓方面へ向かう。藤野の「パーラー太陽」、「コープさっぽろ」、「東光ストア」。「ファッションセンターしまむら」、「北門信用金庫」を過ぎ、中央分離帯が出てきたら「山岡家」が見える。さらに1㎞ほど進むとセイコーマートが見えるので、その敷地内にある。
最寄りのランドマーク:北門信用金庫、山岡家
お勧めポイント:洗練された至高の煮干しそば

「アイスの鉄人」と「セイコマート」の間に挟まれて いる小さな店

カウンター席

小上がりのテーブル席

メニューはこれだけ

一押しの「鬼そば」は、魚介系出汁とラードだけで作られたとは思えないほど、洗練された深い味のスープ

「鬼メシ」は意外と美味しい

海苔をどけると、卵黄と鰹節、天かすが見える

残った白飯にスープを投入してもイケル!

「鬼退治」は和風の超大盛りの油そば(写真は小盛り)

青ネギ、鰹節、刻み海苔、刻みチャーシュー、ゴマが載っている

具材を混ぜたところ

やや縮れた太麺との相性も抜群

後半はラー油とマヨネーズを投入

桜しゅうまいには何故かわさびが添えられている


山嵐天上天下龍我独尊


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

石山通に沿いの“藤野エリア”は、“澄川・平岸エリア”と並ぶラーメン激戦区。この石山通沿いに、昨年 「山嵐(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 の2番目の支店(正確には1店閉店したので3番目の支店)が出来た。この店の特徴は、本店の「山嵐」と昼・夜2つの顔を持つ1番目の支店「山嵐黒虎(昼)・山嵐雷文(夜)」、そして閉店した「札幌ちゃんぽん 股旅」の3店のいいとこ取りと言おうか、集大成を味わえる店なのである。それはメニューを見れば一目瞭然で、「山嵐」を代表するラーメン「白スープと海スープ(この店では豚骨らーめんと三代目 海)」、「山嵐雷文」の「あぶら中華そば」、そして「札幌ちゃんぽん 股旅」の「札幌ちゃんぽん(この店では豚骨タンメン・白タン)」と「サンギ(この店では藤野ザンギ)」をそれぞれオマージュした進化形が味わえるのだ。外観は黒っぽい現代的なデザインで、テーブル席が2つとゆったりとした間隔のカウンターが6席ある。店内にはジャズが流れていて、モダンなラーメン店である。先ずは食券機でラーメンを選び、席に着く。
 本店の「海スープ」は、「白スープ」に魚粉が入ったような味であるが、この店の「三代目 海」は、魚粉を用いずに鰹節(本枯れ節)と黒いマー油(焦がしニンニク油)を用いている。また、本店が太麺を使用しているのに対し、この店の麺は 「men-eiji HIRAGISHI BASE」 を彷彿させるコシのある中細ストレート麺なのである。全体的なイメージとしては、「山嵐」のラーメンを熊本ラーメン風に進化させたものと考えれば分かりやすい。ちなみに、この「三代目 海」が僕の一押しである。「豚骨らーめん」にもマー油が入っており、麺は同じ中細ストレート麺でなかなか良い。
 「豚骨タンメン・白タン」は、前述のようにどこかで食べた味だと思ったら、「札幌ちゃんぽん 股旅」で食べたあの味そのもの。白湯トンコツスープ(恐らく海のスープ)に、炒められた白菜やキャベツなどがタップリ入った豚骨タンメンなのである。麺は「さがみ屋製麺」の太麺を使用している。野菜炒めの油が円やかなスープに微妙にマッチしていない気もするが、全体的にはまとまっていて美味しい。これに対し、「白タン」にタップリの赤唐辛子が入った「赤タン」は、「白タン」の違和感を上手く補っており、これも僕のお勧めである。辛さはそれほどではなく中辛程度。「札幌ちゃんぽん 股旅」のザンギは通常のザンギだったが、この店の「藤野ザンギ」はかなり大ぶりだ。ジューシーで美味しいが、外側の衣が硬く、お勧めと言うほどでない。そのままでも十分味が付いているが、特製タレをかけて食べると、中華の「油淋鶏(ユーリンチー)」のような別な味となる。

 「あぶら中華そば」は、通常の「正油」と生卵入りの「月見正油」がある。「山嵐雷文」との最も大きな違いは、具が全て別盛りにされていること。まずは麺と背脂入りスープだけの素ラーメンで味わってほしいという意図なのだろうか?煮干しと鰹節の香りがする繊細なスープなので、生卵入りでない方が美味しいと思う。深夜まで営業しており、ニセコ・定山渓方面へ行くときには是非寄って食べたい店だ。(2013年1月追加)

南区藤野3条2-1-52
電話番号:011-592-0005
定休日:月曜
営業時間:11時半~15時、17時~22時(スープなくなり次第閉店)
予算:三代目 海750円、赤タン850円
アクセス:札幌中心部から国道230号線石山通を定山渓方面へ向かう。藤野の「スターバックス」、「マックスバリュ」を過ぎて200mほど進み、左側にマクドナルドの広告を過ぎたら左側にある。札幌中心部から車で約30分。
最寄りのランドマーク:マックスバリュ
お勧めポイント:山嵐系列の集大成を味わえる店

三代目 海



豚骨らーめん



白タン

赤タン

藤野ザンギ



月見醤油・あぶら中華そば


北区

雪月花(せつげっか)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

北区にある「純連・すみれ」系のラーメン店。北区では唯一の「純連・すみれ」系のラーメン店であるが、東区の同じエリア内には「さっぽろ 純連 北31条店」がある。店内に入ると、手前にテーブル席が1つと奥にカウンター席があり、右側には小上がりがある。
 この店のお勧めは、もちろん「味噌らーめん」。「純連・すみれ」系とは言っても、同じ「純連・すみれ」系の 「千寿(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 にも似たスパーシーな風味のスープである。表面にはラードがタップリと浮かび、味噌はやや甘めなので好みが分かれると思う。具材は、チャーシューと刻みチャーシュー、ネギ、シナチク、炒めた玉葱とモヤシ、そして擦り生姜で、どれも悪くない。麺は黄色い中太縮れ麺で、これはごく普通。また、チャーハンもお勧めと言うほどではない。もしも、「純連・すみれ」系ファンであるなら、一度は試してみても良いかも。(2013年8月追加)

北区新琴似4条2−8−1
電話番号:011-300-0121
定休日:月曜
営業時間:11時半〜15時、17時〜19時半
予算:味噌らーめん800円
アクセス:①車で行くなら北大通り(西5丁目樽川通)を北に進み、高速道路(札幌新道)下の交差点5叉路を斜め左へ入る。3つ目の信号の琴似栄町通、「札幌鈴木病院」を過ぎ、学園都市線を過ぎると右側に見える(札幌北郵便局の手前)。
②地下鉄南北線麻生駅の8番出口を出て、左にあるローソンの交差点を右折し、斜め通りを北西に進む。琴似栄町通との交差点を左折し、「ケーズデンキ」を過ぎてしばらく進むと「札幌鈴木病院」が見えるので信号を右折。学園都市線高架橋を過ぎると右側に見える(札幌北郵便局の手前)。南北線地下鉄麻生駅から徒歩18分。
最寄りのランドマーク:ケーズデンキ、札幌鈴木病院、札幌北郵便局
お勧めポイント:北区唯一の「純連・すみれ」系ラーメン店


麺処 四代目 ゆうじ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

JR新琴似駅からほど近いところにある人気のラーメン店。店内にはカウンター4席の他、テーブル席が3つだけと狭いが、とても清潔感があっていい。
 この店のスープは基本的に濁った「鶏白湯」と澄んだ「鶏清湯」の2種類。どちらも美味しいが、「鶏白湯」の方はより旨味調味料を感じてしまうので、「鶏清湯」の方がお勧めである。麺は、卵の入らない「ストレート麺」と卵の入っている「札幌ちぢれ麺」、そして「道産小麦極太麺」の3つから選ぶことができるが、何も言わなければ最適の麺で供される。

 「鶏白湯醤油らーめん」は強火で鶏ガラを煮込んで抽出したコラーゲンタップリのスープで、とろみが強く濃すぎる感じもする。麺は中細ストレート麺で標準的なレベルだ。チャーシューは脱水しすぎでイマイチ。穂先メンマは歯ごたえが良いものの味がやや濃すぎる感じがする。「味玉」はトロッとしていて最高の出来でお勧め。一方、清湯スープを使った「あっさり醤油らーめん」が僕のお勧めで、こちらも麺は中細ストレート麺である。スープは鶏の旨味と野菜の甘みを感じられ、とても美味しい。今流行の魚介系風味は抑えられていて、どこか懐かしい味である。「鶏白湯 濃厚魚介 つけ麺」は魚介風味が強めの鶏白湯スープで、言われなければトンコツがブレンドされているのでは?と思ってしまうくらい濃い。この濃厚で温かいスープと冷たく締められた「道産小麦極太麺」との相性はいい。しかし、濃厚なスープはやや甘めに仕上がっているので、ブラックペッパーをかけて食べた方が美味しい。また、「きざみちゃーしゅーマヨご飯」は想像通りのごく普通の味だ(2013年6月追加)

北区新琴似8条8丁目1-1
電話番号:011-765-5060
定休日:不定休
営業時間:11時〜15時、17時〜21時
予算:あっさり醤油らーめん650円、味玉100円
アクセス:JR新琴似駅2番出口を出て、西5丁目樽川通を右折する。新琴似神社、消防署、北洋銀行、札幌練成会を過ぎ、「パチンコ パーラージャパン」が見えたらその並び。JR新琴似駅から徒歩15分。
最寄りのランドマーク:パチンコ パーラージャパン
お勧めポイント:鶏清湯スープが美味しいラーメン店


北山龍


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

麻生の交差点近くにある無化学調味料のラーメン店。店に入ると、感じの良い白いコック帽を被った女性店主が迎えてくれる。2011年度版と変わった点は、新たに「カレーライス」と「カレーらーめん」が加わったことである。カレー粉は奄美のものを使用しているらしく、本格的なカレー専門店のようにスパイシーで美味しい。辛さは中辛未満で、豆カレーには“ひよこ豆”が入っている。

 この店はマスコミに露出することが少なく知名度が低いせいか、残念ながらいつも空いている。しかしながら、この店のラーメンのレベルは高く、特にチベット海底岩塩を使用した「塩ラーメン」が有名。塩は5種類を使い分けているそうで、「塩ラーメン」は他に「ジンジャーソルト」や「ブラックソルト」などもあるが、通常の「塩ラーメン」がベスト。10時間かけて作られたスープは、トンコツに鶏ガラを加えて作られたもので、鯵節と鰹節に野菜の甘みが加わり、サッパリとしながらコクのある濁った白湯スープである。旭川ラーメンのような中細ストレート麺は、コシがなくイマイチだが、スープだけで評価するなら、北海道最高レベルの塩ラーメンと言ってもいい。もう一つのお勧めは「醤油ラーメン」。特にチャーシューが美味しいので「醤油チャーシューメン」をお勧めしたい。チャーシューにはかなりこだわっているらしく、「しおチャーシュー」と「醤油チャーシュー」の2種類を使い分けている。このチャーシューに自家製味噌を塗り、白髪ネギを載せて食べるとビールのつまみとして最高である。「カレーらーめん」は、奄美の無農薬栽培で作られた生ウコンと36種類のスパイスを使用して作られる。あまり辛くなくスパイシーさもほどほどながら結構旨い。特に、スープに溶け込んだ野菜の甘さがカレー味を引き立たせている。辛さが足りない方は特製スパイスをセルフで追加する。ちなみに、200円を追加すれば残ったスープを「おじや」にしてもらえる。これは、旭川ラーメンで有名な「加藤ラーメン」系と同じサービス。 残ったスープに御飯を入れて玉子でとじ、刻みチャーシューがのせて食べる。これも美味しいので、ラーメンを食べた後には是非お勧めしたい。(2013年4月更新) 

北区麻生町2丁目4-8 第3山重ビル1階
電話番号:011-893-7107
営業時間:11時半〜15時、17時半〜20時
定休日:火曜、水曜
予算:塩ラーメン850円、醤油ラーメン750円(チャーシューメンは200円増し)
アクセス:地下鉄南北線・麻生駅6番出口(ダイエー麻生店前)を出て右へ。東光ストアを過ぎた五叉路の交差点を「CUCINA」、「JOG常口アトム」側へ向かうとすぐ右側。麻生駅より徒歩3分。
最寄りのランドマーク:ダイエー麻生店、東光ストア
お勧めポイント:塩と醤油のチャーシューメンが美味しい


閉店 麺や けせらせら


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

元「豚そばFuji屋」があったから場所から僅か数百メートルのところにあるラーメン店。この店のお勧めは「塩らあめん」。白く混濁した鶏ガラベースのスープは、まるでポタージュスープのようにトロッとしている。非常に濃厚な鶏白湯(パイタン)であるが、それでいながら、飲んだ瞬間それが丁寧にとられた最上の白湯スープであることを感じ取れるほど円やか。もしも、北海道の塩ラーメンランキングをつけるなら、鶏ガラベースの白湯系部門のナンバーワンを、 「麺屋 菜々兵衛(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「我流麺舞 飛燕(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 と共に争うことになるかも。麺はかん水の入った黄色い縮れ麺で、スープとマッチしているとは言えない。この点が3つ星でない最大の理由である。大ぶりのチャーシューはバラ肉なので、トロッとしていて美味しい。また、味付け玉子も魚介系のダシが染みていて美味しい。しかしながら、カイワレにはちょっと違和感を感じてしまう。(2013年2月更新)

北区太平7条5丁目2-5
電話番号:011-771-5246
営業時間:11時半~15時、17時~21時
定休日:木曜
予算:塩らあめん650円
アクセス:JR学園都市線・百合が原駅から500m。札幌中心部から北へ向かい、東8丁目篠路通の「太平ゴルフセンター」のすぐ向かい。
最寄りのランドマーク:太平ゴルフセンター
お勧めポイント:北海道最高レベルの鶏白湯塩ラーメン


豊平区

めん屋 大介


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

2016年5月にオープンした「麺屋 はなび」系のラーメン店。 「麺屋 はなび(→ 名古屋グルメバイブル・台湾まぜそばの頁を参照)」 と言えば、名古屋で大人気の「台湾まぜそば」発祥の店として知られている店だ。
 「台湾まぜそば」とは、辛く炒めたピリ辛豚挽肉(台湾ミンチ)がのった名古屋のB級グルメ 「台湾ラーメン(→ 名古屋グルメバイブル・台湾ラーメンの頁を参照)」 から進化したもので、まるで台湾ラーメンと油そばが合体したような油そばの進化形である。通常の油そばとの違いは、ピリ辛の台湾ミンチがのっている他、生ニラや刻みニンニク、魚粉などパンチがある薬味が入っている点だ。さらに、最後に残り汁に「追い飯」と呼ばれる小ライスを混ぜて食べるのも特徴。その影響力はすさまじく、今や類似の台湾まぜそばを出す店は全国に広がっている。ここ北海道でも、札幌の 「men-eiji HIRAGISHI BASE(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「らふ家(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 、 富良野の 「煮干中華 ゆきと花(→ その他北海道の旨い店・富良野市の頁を参照)」 など、このメニューを出す店は枚挙に暇がないほど。しかしながら、北海道で「麺屋 はなび」とほぼ同じレシピで「台湾まぜそば」を出している店は、この店だけではないだろうか?
 店は豊平区の東北通沿いというラーメン激戦区にある。すぐ近くには、 「らーめん 心繁(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 や「ラーメン桜島・月寒東店」、「銀波露・札幌店」、「ハナウタ」などの人気ラーメン店が目白押しだ。まずは、自動券売機で食券を購入。メニューを見ると、「麺屋 はなび」名物の「台湾まぜそば」や「カレー台湾まぜそば」、「塩ラーメン」の他、「ベトコンラーメン」、「台湾ラーメン」、「塩担々麺」、「醤油ラーメン」、「月見まぜそば」、「あまから肉まぜそば」、「明太子クリームまぜそば」、「塩油そば」などもある。
 お勧めの「台湾まぜそば」の麺は、「麺屋 はなび」のような極太麺ではなく、全粒粉の太麺である点が若干異なる。具材には辛い台湾ミンチ(豚挽肉のミンチ)や魚粉、生卵の黄味、刻み海苔、ネギ、ニラ、ニンニクなどがのっていてオリジナルと同じだが、トータル的な味はオリジナルよりも多少インパクトに欠ける。まずは、箸とレンゲを使って良くかき混ぜてからいただく。店の説明では、途中で自家製の“昆布酢”を入れるとサッパリとした甘みが出て、また違った味わいに変化するというが、後の「追い飯」のことを考えると僕的には入れないでおいた方が良いと思う。麺を食べ終えた後には無料の「追い飯(少量ライス)」を注文し、残ったタレや台湾ミンチに絡めて食べると、魚介香る中華リゾットに変身する。「台湾まぜそば」には「カレー台湾まぜそば」なる名古屋らしいメニューもあるが、こちらは特にお勧めと言うほどではない。また、10食限定の「ベトコンラーメン」は愛知県一宮市発祥のB級グルメで、ゴロゴロとしたニンニクやニラ、モヤシなどが入ったピリ辛ラーメンである。この店の「ベトコンラーメン」には台湾ミンチが入っており、「ベトコンラーメン」そのものというよりも、「ベトコンラーメン」と「台湾ラーメン」がミックスしたようなラーメンだ。かなりオイリーなので、これに関しては好みが分かれるところだろう。(2017年月追加)

豊平区月寒東5条8-2-8 三上コーポ1階
電話番号:080-9489-4440
定休日:月曜(祝日は営業)
営業時間:11時半~14時半、18時~22時(日曜は11時〜20時)
予算:台湾まぜそば750円
アクセス:地下鉄東西線・南郷7丁目駅4番出口を出て水源地通をローソンと逆方向(南)へ進む。「常口アトム」を過ぎ、数百メートルほど進むと「旭川信用金庫」の交差点が見えるので、東北通りを左折するとすぐ右側(Shellガソリンスタンドの隣の建物)。南郷7丁目駅から徒歩10分
最寄りのランドマーク:水源地通、旭川信用金庫、東北通り
お勧めポイント:名古屋で大人気の「麺屋 はなび」出身の店主が作る台湾まぜそばが食べられる

このビルの1階に入っています アパートの1階にあるココです 駐車スペースは4台分 麺の量が選べます(大は110円増し) まずは自動券売機で食券を購入 店内 まぜそばのメニュー ラーメンのメニュー1 ラーメンのメニューとビールメニュー ごはんもののメニュー まぜそばの食べ方 紙エプロンもあります。禁煙です 左が自家製の昆布酢 これが「台湾まぜそば」 レンゲと箸を使って混ぜ合わせて食べる 麺は「麺屋 はなび」のような極太麺ではなく、全粒粉の太麺である点が若干異なる 麺を食べ終えた後には無料の「追い飯(少量ライス)」を注文し、残ったタレや台湾ミンチに絡めて食べると、魚介香る中華リゾットに変身 「台湾ごはん」は「台湾まぜそば」と全く同じ具材なので、お勧めできない 10食限定の「ベトコンラーメン」は愛知県一宮市発祥のB級グルメ ゴロゴロとしたニンニクやニラ、モヤシなどが入ったピリ辛ラーメン 麺は中細の縮れ麺

札幌豚骨ラーメン 常(JOE)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌ドームからほど近い羊ヶ丘展望台の入口にあるラーメン店。店内に入ると広めのカウンター席があり、右側にテーブル席がある。まずは入口にある自動券売機で食券を購入。メニューを見ると、塩ラーメンや醤油ラーメン、味噌ラーメンなど、札幌のラーメン店としてはごく一般的なメニューが並ぶ。通常のラーメンは550円と、非常に良心的な価格だ。この店の最大の特徴は、焦がしニンニクテイストの「マー油」をはじめ、「チー(鶏)油」、「えび油」、「炙り魚粉」、「ガゴメ昆布」、「背脂」などの調味料が無料でトッピングできること。さらに、スープは豚骨スープか鶏ガラスープかを選ぶことができる。これらの組み合わせることにより、自分好みのラーメンを作ることが可能なのだ。さらに、レギュラーメニューの他に季節限定のラーメンもあり、夏には山形名物の「冷やしラーメン」も登場する。また、変わり種では「焼つけ麺」なるものもある。
 この店で僕がお勧めしたいのは、鶏ガラスープの「醤油ラーメン」。もちろん、限定ラーメンの「鶏白湯」があるときにも「醤油ラーメン」をチョイスしよう。通常の麺は黄色い中太縮れ麺で、コシがほどほどあって良い。これに対し、限定ラーメンは中細のストレート麺である。具材のメンマは厚めに切られ、小さく切られているので食べやすい。また、この店のチャーシューは豚バラと肩の2種類があり、限定ラーメンや「特製味噌ラーメン」では2種類が入っている。もしも、観光で羊ヶ丘展望台を訪れた際には、訪れても良い店である。(2015年10月追加)

豊平区福住3条10-3-2
電話番号:011-854-1052
定休日:火曜(祝日の場合には翌平日)
営業時間:11時〜20時(スープが売り切れ次第終了)
予算:醤油ラーメン550円、限定・鶏白湯醤油ラーメン650円
アクセス:地下鉄南北線・澄川駅あるいは地下鉄東豊線・福住駅から車で5分分。羊ヶ丘展望台の入口にある
最寄りのランドマーク:羊ヶ丘展望台
お勧めポイント:鶏ガラベースの醤油ラーメンが美味しい

このビルの1階に入っています ここです 自動券売機 限定ラーメンは2種類あります このときの限定ラーメンは「鶏白湯」と「コラニボ(コラーゲン+煮干し)醤油ラーメン」 スープの種類 限定ラーメンの「鶏白湯」の醤油 チャーシューは豚バラと肩の2種類 麺は中細ストレート 限定ラーメンの「鶏白湯」の塩 通常の「醤油ラーメン」の鶏ガラスープに、チー油と背脂をトッピング 麺は黄色い中太縮れ麺 通常の「塩ラーメン」豚骨スープに炙り魚粉とマー油をトッピング マー油入り豚骨スープ マー油の少ない部分をすくうとこんな感じ 「特製味噌ラーメン」には擦った生姜が(背脂トッピング) チャーシューは豚バラ2枚と肩が1枚 中太縮れ麺

2017年10月まで改装閉店 すみれ 札幌本店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「純連」と「すみれ」の両店は、札幌に住んでいる方なら誰もが知っている味噌ラーメンの店。元を辿ると、両店主の母親である村中明子さんがやっていたラーメン店「純連(と書いて“すみれ"と読んだ)」からそれぞれ漢字と平仮名をとって分かれた店なのである。それ故、いずれかの店から独立した「純連・すみれ」系のスープも、強火のフライパンで焼かれ、表面にタップリとラードが浮いた濃厚さが特徴な味噌ラーメンなのである。なので、具材のモヤシはシャキシャキとしていないのが特徴の一つ。もちろん麺は黄色い中太の縮れ麺である。
  札幌パークホテルの近く(現在の 「味噌らーめん専門店 狼スープの場所 →札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照」 )で営業し、その後北区新琴似に移転して店名を変更し、「らーめんの駅」を開店した。さらに、「らーめんの駅」は2010年に新横浜ラーメン博物館に移転したが、明子さんの引退により現在は「すみれ新横浜店」となっている。昨年、「札幌南3条店」が閉店したため、現在札幌にはこの「札幌本店」と「札幌すすきの店」の2店舗だけである。両店とも基本的に味は変わらないが、「味噌ラーメン」に関しては「札幌すすきの店」の方が味が濃いめで、チャーシューも硬かった。また、「札幌すすきの店」の方は自動券売機であるが、「札幌本店」の方は従来通りのレジでの後払いであり、メニューに「キムチ味噌ラーメン」が加わっている。
 前述のように、これら「すみれ」と「純連」、「らーめんの駅」の名物は何と言っても味噌ラーメン。他店では味わえないようなオリジナリティあふれる味噌ラーメンである。たっぷりのラードでしっかりと炒められたモヤシと豚挽肉、そして濃厚なスープは、何とも言えないくらい後を引く味だ。人によっては「脂っこい」とか「塩辛い」と感じる方もいるかも知れないが、頼めば割りスープをもらえたり、濃さを調整してもらえる。「すみれ」と「純連」との違いは、「純連」の方が焼きが強く濃厚で、ルーツである母親の「らーめんの駅」に近い味だが、「すみれ(札幌本店)」の方がオリジナルを更に進化させ、よりスパイシーで洗練された味わいとなっている。
 以前と変わった点といえば、「札幌本店」で食べたチャーシューも多少豚の臭みを感じてイマイチであった点と、美味しかった「味付け玉子」が何故か味のない普通の「ゆで卵」に変わってしまった点である。さらに、以前は聞かれなかった麺の固さも注文時に聞かれるようになった。ちなみに、硬さは「普通」か、後で丁度良くなることを考えて「硬め」にするのがお勧めである。さらに、「札幌南3条店」にあったショップが、「札幌本店」の横に移転してきた。ここでは、人気の「チャーシュー」が冷凍で販売され、バンダナやドンブリ、オリジナルTシャツなどのグッズも販売されている。しかしながら、以前販売されていたストレートスープのお土産用ラーメンの販売はされなくなっており、お土産品店で売っている日持ちのする濃縮タイプだけになってしまったのは残念である。
 気になったので、ついでに「味噌キムチラーメン」も試してみたが、これはこれで美味しいものの、キムチ味によってこの店の味噌の特徴が失われてしまっていて、旨味調味料も感じてお勧めできない。また、サイドメニューでは唯一、刻みチャーシューの入った「チャーハン」がお勧めである。コンガリとパラパラに仕上げられた炒飯はとても美味しく、セブンイレブンのおにぎりとして販売されたほど。加えて、この店では北海道代表する地ビール「大沼ビール(すみれビールのラベル)」が飲めるのもいい。(2015年5月追加)
http://www.sumireya.com

【札幌本店】
豊平区中の島2条4丁目7−28
電話番号:011-824-5655
定休日:不定休(基本は無休)
営業時間:11時〜21時
予算:味噌ラーメン870円
アクセス:地下鉄南北線・平岸駅2番出口を出て右へ進む。信号を右折し、平岸街道を南へ進む。500mほど進むとマクドナルドとモービル石油のガソリンスタンドが見える広い交差点にでるので、そこを右折する。「紳士服のはるやま」、「ネッツトヨタ」を過ぎ、橋が見えたらすぐ左側。平岸駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:ネッツトヨタ道都平岸
お勧めポイント:ガツンとパンチのある濃厚味噌ラーメン

まるでニシン御殿のような札幌本店

入って左側にオープンキッチンのカウンター席が、そして右側にテーブル席がある

メニュー

これが名物の「味噌ラーメン」

刻みチャーシューが入っている

黄色の中太縮れ麺はコシがあっていい

味付け玉子でなく普通のゆで卵になってしまったのは残念

「味噌キムチラーメン」は美味しいが、「味噌ラーメン」の個性がなくなっている

チャーシューは柔らかい(後の札幌すすきの店のチャーシューと比べてみてほしい)

キムチがタップリ入っている

凄く辛そうに見えるが、実際は中辛程度の辛さ

入口の左側に併設されたグッズを販売するショップ

冷凍の特製チャーシューが店のバンダナ付きで販売されている

ロングとハーフの2サイズあったが、今回はロングを購入

湯煎して切ったところ。そのままビールのつまみとして食べても良いが、細かく切ってチャーハンの具材にしたり、細かく刻んだチャーシューとネギ、七味、刻みミョウガなどと和え、醤油を少々足して少し濃いめの味にして、それを炊きたての炊飯器の白米の中に投入してかき混ぜ、最後に刻み海苔をかけて混ぜご飯として食すれば最高


春一家 三代目 麵宿


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

味噌ラーメンで人気の 「麺屋 彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照) の斜め向かいにあるラーメン店。店内に入ると、1階の右側にはカウンター席、そして左側にはテーブル席があり、さらに2階にも客席がある。まずは券売機で食券を購入。
 この店は自家製麺と濃厚スープにこだわりがあるらしく、22番の切刃で切られるという中太ストレートの玉子麵が美味しい。適度なコシと太さ、加水率も絶妙にいいのである。加えて、厚く切られたチャーシューも口の中でとろける。また、食べログで地図をプリントアウトすると「地黄卵のトロトロ味玉」の無料クーポン券が付いてくるが、この「味玉」も美味しいのである。
 僕のお勧めは何と言っても、一番人気の「えびらーめん」と鶏白湯を使った昼限定10食の「極上の塩らーめん・極」。「えびらーめん」は、「かき揚げ」か「チャーシュー」のいずれかの具材を選べる。タマネギで作られた「かき揚げ」は合うには合うが、濃厚なスープがさらに油っぽくなってしまうので、僕的にはチャーシューの方が好みである。 「えびそば一幻(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)、(→ 札幌グルメバイブル・新千歳空港の頁を参照)」 の「えびそば」に比べても、勝るとも劣らない濃厚で完成度の高い海老ラーメンである。「えびらーめん」だけでは物足りないと言う方は「えびふりかけご飯」を追加し、それに残ったスープを入れておじや風にして食すと満足度は更に増す。また、「極上の塩らーめん・極」は表面に赤いクコの実が浮かび、ネギは白髪ネギと青ネギのダブルネギ。やや味が濃めの鶏白湯スープであるが、コラーゲンと鶏の旨味は十分で美味しい。中太ストレート麵もこのスープによくマッチしている。このラーメンの具材であるコショウの効いた鶏チャーシューと豚バラ肉を使ったチャーシュー、メンマなどの脇役陣もいい。「えびらーめん」のつけ麺版「えび塩つけ麺」は、つけ麺らしく麵は全粒粉入り極太麺。海老串と海老満月、海老団子などの具材は面白いが、「えびらーめん」ほどの完成度はなく、「餃子」と共にお勧めできない。一方、「醤油らーめん」は鰹節を中心とした魚介系スープが香り、こちらもなかなか高いレベルだ。
 唯一残念だったのは、「黒八味噌らーめん」、「春一味噌らーめん」、「辛味噌らーめん」の3種類の味噌系ラーメン。何故かこの味噌系だけはどれも旨味調味料が強めに感じられて後味が悪い。なので、味噌ラーメンだけは通りを挟んだ向かいの「麺屋 彩未」の方がお勧めだ。
 ちなみに、平日ランチタイムには小ライスのサービスがあり、さらに髪留めや紙エプロンなどのサービスも。従業員の対応が実に良く、帰りの挨拶も含めて、味、サービス共に素晴らしい店である。(2014年8月追加)

豊平区美園11条6−1
電話番号:011-822-3344
定休日:不定休(電話で要確認)
営業時間:【平日】11時〜15時、17時〜21時、【土日・祝日】11時〜21時
予算:えびらーめん810円、極上の塩らーめん・極860円
アクセス:地下鉄東豊線・美園駅1番出口(美園郵便局)を出て左方向へ進む。200mほど進むと右側に大きな空き地(駐車場)が見えるので、その先。美園駅から徒歩3分。
最寄りのランドマーク:地下鉄東豊線・美園駅、美園郵便局
お勧めポイント:コシのある自家製麺とトロトロの厚切りチャーシューが美味しい人気ラーメン店

えびらーめん (味玉トッピング)

えびふりかけご飯

えびふりかけご飯にスープを投入したところ

えび塩つけ麺

えび塩つけ麺のつけ汁

えび塩つけ麺の極太麺と具材(左から海老串、海老団子、海老満月)

締めのスープ割り

極上の塩らーめん・極(味玉トッピング)

醤油らーめん

黒八味噌らーめん

 

麺処まるは BEYONDビヨンド


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

ラーメン激戦区の中の島エリアに昨年12月オープンしたラーメン店。この店の店主は未だ若いが、実は西岡から薄野に移転した後に閉店となった有名ラーメン店「麺処まるは 健松丸」の息子さんだという。この店の店名は、亡き父のラーメンを越えたいという思いから“ビヨンド"と名付けたとのこと。
 店内は左手前にL型のカウンター席が、そして右奥には4名用のテーブル席が1つある。まずは自動券売機で食券を購入。メニューを見ると「中華そば 醤油」と「中華そば 塩」、「背脂みそ」の3種類しかなく、「麺処まるは 健松丸」の名物であったあの超濃厚系ドロドロ豚骨ラーメンはなくなっていた。
 この店の僕の一押しは「背脂みそ」。とてもマイルドなスープは、 「麺屋 彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 「らーめん 庵(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」などの「純連・すみれ」 系を彷彿させる。札幌ラーメン定番の豚挽肉と玉葱、モヤシ炒めがのっており、さらに背脂と焦がしニンニク油“マー油"が香る。チャーシューは角切りのものしか入っていないので、「背脂みそ」にはチャーシューのトッピングを是非お勧めしたい。また、トッピングの味玉もトロトロの半熟でお勧め。しかしながら、厚めに切られたシナチクは柔らかいのはいいが甘過ぎてよろしくない。麺は札幌定番の中太よりやや太めの縮れ麺。この麺は、先代の「麺処まるは 健松丸」頃からわざわざ京都の「麺屋 棣鄂(ていがく)」に特注して仕入れているらしい。
 この他に「中華そば 醤油」も悪くない。スープはほぼ完璧で、魚介の香りや旨味も出過ぎておらず、鶏ガラや豚骨の旨味と野菜の甘みを感じる。「中華そば 塩」のスープは鶏ガラの旨味がより前面に出ている。「中華そば 醤油」は、スープだけなら3つ星でもつけても良いくらい美味しい。一方、「中華そば 醤油」や「中華そば 塩」で使われている中細縮れ麺は、低加水と縮れの食感が良くない。さらに、前述のシナチクが全体のバランスを悪くしている。これで、シナチクと麺が改善されれば、北海道トップレベルの中華そばとなるであろう。(2014年2月追加)

豊平区中の島1条3丁目7-8
電話番号:011-812-0688
定休日:火曜、第3水曜
営業時間:【平日】11時〜15時、17時〜20時45分、【土日・祝日】11時〜20時
予算:背脂みそ、中華そば 醤油 各750円
アクセス:地下鉄南北線・中の島駅2番出口を出て右へ。「中の島通」を進み、「みよしの」、「アパマンショップ」を過ぎると、正面に「パスタの店 ピアット」が見えるのでそのすぐ先右側。中の島駅より徒歩10分。
最寄りのランドマーク:市立中の島中学校
お勧めポイント:マー油が香るマイルドなスープの味噌ラーメン


閉店 フジヤマロック


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「山嵐(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 4つめのセカンドブランドの店。現在、「山嵐」はこの店舗の他に、 「山嵐天上天下龍我独尊(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 と昼はベジポタラーメン、夜は中華そばという別ブランド店「山嵐黒虎(昼)・山嵐雷文(夜)」を展開している。実は「山嵐」の店主・大村さんはかなり意欲的な方で、ラーメンの更なる可能性を試すがごとく、これまで開店したものの閉店してしまった店舗が3つある。それは、ちゃんぽん専門店「札幌ちゃんぽん 股旅」やジャンキーな日本蕎麦店「山嵐雀鬼蕎麦」、そしてつけ麺店の「つけ麺 フジヤマロック」である。この店は、真駒内にあった「つけ麺 フジヤマロック」の名前を引き継ぎ、店主一人で自ら営業しているところをみると、この店こそ店主のアイディアを具現化する実験的なアンテナショップなのかも知れない。
 店は地下鉄南北線・平岸駅と直結した「平岸ゴールデン街」にあり、欄間のオブジェが印象的な外観。銀色のドアを開けると、左側にはやはり銀色をしたテーブルが眩しいオープンのキッチンカウンター席が、そして奥には何故か一段高くなったど派手なステージがある。
 現時点でのラーメンメニューは「味噌カレーヌードル」と「レッド味噌ヌードル」、「味噌ヌードル」の3つだが、夜の営業が始まれば「つけ麺」と「ジャンクヌードル2」が加わる予定である。「味噌カレーヌードル」と「レッド味噌ヌードル」は、「普通」、「中辛」、「ハード(超辛口)」の3つから辛さを選べる。辛さは中辛まではさほど辛くないが、「ハード(超辛口)」からは急激に辛くなるので要注意。どのヌードルのスープも共通しているのは背脂入りのコッテリした魚介系豚骨スープで、「山嵐」の「海スープ」に近いテイストである。また、麺はモチモチとした食感の極太平麺である。
 まずは本店と同様に食券を購入。実はこの店は「味噌カレーヌードル」を売りにしているのだが、これは青森のB級グルメ「味噌カレー牛乳ラーメン」にヒントを得たのかどうかは不明である。また、ラーメンではなく敢えてヌードルと名乗っているように、海外のヌードルをイメージして作られているらしい。なので、通常のラーメンに入っているような具材は使っておらず、例えば、チャーシューの代わりにシューマイの中身のようにフックラとした鶏団子が、そしてシナチクは入っておらず、白髪ネギとシャキシャキした水菜が入っている。スープは、言われなければ単なるカレーラーメンかと思うかも知れないが、スープが濃厚なだけにカレーに味噌が加わることで味が締まり、青森の「味噌カレー牛乳ラーメン」とは全くの別物に仕上がっている。
 また、「レッド味噌ヌードル」や「味噌ヌードル」は、「味噌カレーヌードル」とスープの味だけが異なっているのかと思いきや、キクラゲや海苔など具材も異なっており、特に肉味噌を混ぜることで更に味に深みが出て4次元的な変化を遂げる。僕的には、辛い「レッド味噌ヌードル」がお勧めである。トッピングの「コーン」は無料であるが、入れない方が美味しい。サイドメニューの「タマゴライス」はトロトロの玉子焼きがのったライスで、醤油をかけて食べるよりもラーメンのスープをタップリとかけて食べた方が美味しい。
 この店のメニューには大盛りがなく、また現在は店主1人で昼間だけやっているため、電話番号は非公開である。ちなみに、今回は1つ星としたが、コッテリ好きで旨味調味料がさほど気にならなければ、かなり美味しく感じられるかも知れない。(2014年1月追加)

豊平区平岸2条8-2 第2松井ビル 平岸ゴールデン街地下1階
電話番号:非公開
定休日:月曜
営業時間:11時半〜15時
予算:味噌カレーヌードル800円、レッド味噌ヌードル800円
アクセス:地下鉄南北線・平岸駅直結(東光ストアの南向かい)
最寄りのランドマーク:平岸駅、東光ストア
お勧めポイント:個性的なコッテリ系味噌ラーメンが味わえる


らーめん佳(よし)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

月寒中央にある食べログで人気のラーメン店。ご夫婦なのだろうか?店は店主と女性の2人でやっている。店内はカウンター席しかなく、しかも7席のみと狭い。この席数の少なさに加え、この店は昼の4時間しか営業していないため、土日はすぐに行列ができてしまう。 
 メニューを見ると、「らーめん」とそれに味玉がトッピングされた「あじ玉らーめん」の2種類しかない。スープの表面には魚粉が浮かび、豚骨ベースの魚介系スープはトロリとしてコラーゲンたっぷり。口に含むと全く臭みがなく、とても洗練された旨味タップリのスープである。低加水の中細ストレート麺はシコシコとした食感が素晴らしく、シナチクもすこぶる美味しい。一方、分厚いチャーシューや味玉は、普通に美味しいくらいのレベル。添えられた青ネギと玉葱のダブルネギは、この濃厚なスープには良く合う。これでもう少しスープの濃厚さが抑えられていたなら、更に洗練された味となり、3つ星相当の評価になるであろう。(2013年11月追加)

豊平区月寒西1条7丁目8-19
電話番号:011-856-5632
定休日:月曜、第1第3火曜
営業時間:11時〜15時
予算:らーめん700円、あじ玉らーめん800円
アクセス:「札幌フードセンター」月寒中央店の入っているビルの地下鉄東豊線・月寒中央駅3番出口を出て、「札幌信用金庫」月寒支店の方へ信号を渡る。水源地通りを100mほど進むと右側にある。月寒中央駅から徒歩2分。
最寄りのランドマーク:札幌フードセンター月寒中央店、札幌信用金庫月寒支店
お勧めポイント:コラーゲンタップリの超濃厚な魚介系ラーメン


掲載保留 麺処 蓮海(はすみ)平岸店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

平岸店は夜が鮨ダイニング「海幸」、昼がラーメン店「蓮海」という二毛作の店である。夜は寿司屋と言ってもメニューを見ると居酒屋メニューもあるようだ。この店の店主は、魚のあら炊き豚骨ラーメンで有名な「あら炊き豚骨 あらとん」出身らしく、この店の本店は新栄にある。スープは魚のあら炊きというよりズバリ鮪のスープで、より洗練された味に仕上がっている。
 店内に入ると奥にL字型のカウンター席と手前右奥にはテーブル席が2つある。インテリアは寿司店とは思えないモノトーンな感じで、昼間でも薄暗い。まずは自動券売機で食券を購入。マグロ出汁の基本スープは3種類。あっさり系の「和風醤油ラーメン」、「和風塩ラーメン」、濃厚系の「醤油ラーメン」、「塩ラーメン」、「味噌ラーメン」、「辛味噌ラーメン」、そして更に濃厚なつけ麺の「醤油つけ麺」、「塩つけ麺」、「辛つけ麺」、「激辛つけ麺」である。
 「和風醤油ラーメン」は僕の1番のお勧めで、これも「味噌」と同じくらい焦げ茶色をした混濁したスープ。この和風の方が「ねぎま鍋」のスープ様なマグロの旨味を感じられていい。具材に麩が入っており、ネギは白ネギと青ネギのダブルネギである。麺は中細のストレートに近い縮れ麺で美味しい。「塩ラーメン」はマグロ出汁よりもむしろ鰹節の香りを強く感じ、濃厚な豚骨スープともマッチしていて美味しく、これもお勧めである。「味噌ラーメン」は焼き味噌を使っているため、スープカレーのような焦げ茶色のスープである。味に深みがあってマグロ出汁も出すぎておらず、最近のサッポロラーメンでは珍しくオリジナリティのある味噌ラーメンである。中細よりやや細めの縮れ麺もモチモチとしたコシがあって良い。長葱と玉葱のダブルネギやピリ辛に炒められた豚挽肉がのっているのもいい。食べログで話題の「醤油つけ麺」は、縮れた太麺こそ良いが、つけ汁の塩分がキツイ上に味付けが甘過ぎてバランスが悪くお勧めできない。また、どのラーメンにも素揚げにされた薄いレンコンがのっているが、これは入れている意味がよく分からない。ちなみに、この店は限りなく3つ星に近く、これでもう少し旨味調味料を抑えてくれたら最高の評価となるであろう。(2013年10月追加)

豊平区平岸5条7-8-1
電話番号:011-831-2877
定休日:火曜(祝日の場合は翌日が定休日に)
営業時間:11時〜15時
予算:和風醤油ラーメン700円、塩ラーメン750円、味噌ラーメン780円
アクセス:地下鉄南北線・平岸駅3番出口を出て、白石中の島通を右へ進む。「北大学力増進会」を過ぎ、右側に「ラルズ」、左側に「パティスリー シエム」がある交差点を左折するとすぐ右側に見える。平岸駅より徒歩12分。
最寄りのランドマーク:ラルズ、パティスリー シエム
お勧めポイント:洗練されたマグロ出汁のラーメンが味わえる


らーめん 心繁(しんわ)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌郊外の南郷にあるラーメン店。外の看板には「濃厚・豚骨系」と「あっさり・魚介系」の2つの看板が掲げられている。店内に入るとL字型のカウンター席の他、テーブル席が僅か1つと狭めである。この店の店主は未だ若いが、とても素晴らしいラーメンを作る。 
 基本となるラーメンは、煮干しが効いたあっさり味の「らーめん」とこってり味の「濃厚」、そして「みそ」、「つけ麺」の4種類。基本のラーメンにチャーシューがトッピングされた「らーめんちゃーしゅー」、「濃厚ちゃーしゅー」、「みそちゃーしゅー」、「つけめんちゃーしゅー」、さらにメンマ増しで味玉が入った「特製らーめん」、「特製濃厚」、「特製みそ」、「特製つけ麺」などがある。
 僕の一押しは、煮干しが効いた「らーめん」。スープは意外や意外、煮干しがメインというよりもむしろ鰹節の旨味を感じる洗練されたスープなのである。鶏ガラとトンコツのブレンドなのだろうか?トンコツだけとは思えないくらいサッパリとして円やか。それは、言われなければ鶏ガラベースのスープと勘違いしてしまうほど。麺は中細のストレート麺で、こちらもすこぶる美味しい。さらに、味玉や味が濃めのチャーシュー、シナチク、横浜家系ラーメンのような茹でホウレン草なども悪くない。一方、「濃厚」と「つけ麺」の麺は、やや縮れたモチモチのストレート太麺で、こちらも魚介系のスープ。どちらも全体のバランスが悪く、総合的評価としては決してお勧めレベルではない。ちなみに、駐車場がないのはマイナスポイントであるが、それを上回るくらいの素晴らしいラーメンを食べさせてくれる店である。(2013年9月追加

豊平区月寒東5条8丁目5-12
電話番号:011-856-5516
定休日:火曜
営業時間:11時〜15時、17時〜21時(土日・祝日は11時〜21時の通し営業)
予算:特製らーめん1000円
アクセス:地下鉄東西線・南郷7丁目駅4番出口を出て水源地通をローソンと逆方向(南)へ進む。「常口アトム」を過ぎ、数百メートルほど進むと「旭川信用金庫」の交差点が見えるので、東北通りを左折する。300m進むと右側に見える。南郷7丁目駅から徒歩12分。
最寄りのランドマーク:水源地通、旭川信用金庫、東北通り
お勧めポイント:スープ、具材、麺の3拍子が揃った素晴らしいラーメン店


さっぽろ 純連(じゅんれん)


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

「純連」と「すみれ」の2店は、札幌に住んでいる方なら誰もが知っている味噌ラーメンの有名店。しかも、平岸にある「すみれ 本店」と「さっぽろ 純連 本店」は、地下鉄駅2つ分ほどしか離れていない。元を辿ると、両店は母親である村中明子さんがやっていたラーメン店「純連(と書いて“すみれ"と読んだ)」からそれぞれ漢字と平仮名をとって分かれた兄弟店なのである。それ故、両店から独立した「純連・すみれ」系の店のスープは、強火のフライパンで焼かれ、表面にタップリとラードが浮いた極めて類似した濃厚な味噌ラーメンなのである。もちろん麺は黄色い中太の縮れ麺。
 この店のお勧めは、もちろん鉄板メニューの「みそ」ラーメン。この他に、この店には「辛みそ」ラーメンがあるなど、「すみれ」とは若干異なる点も幾つか見受けられる。先ずはスープであるが、「純連」の方が多少炒め方が強いせいか味噌のブレンドが異なるのか、スープにコクと深みがあり、母親である村中さんのオリジナルレシピに近い味だ。シナチクはどちらも変わらないが、チャーシュー「すみれ」の方が美味しい。また、「純連・すみれ」共通の名物であるチャーハンは、通常のレギュラーサイズの他、「純連」では小ポーションの「半チャーハン」もある。さらに、チャーハンの上に刻みチャーシューとマヨネーズでアレンジした「まかないチャーハン」などもあるのだ。ちなみに、「半チャーハン」や「まかない丼」はいずれかのラーメンとセットにできる。平岸の本店のみ数量限定で、中華そば風の「なつかしラーメン(“すみれ"のメニューでは昔風ラーメン)」をやっている。
 札幌では本店の他に、2013年2月21日新たに創成川通沿いに「北31条店」がオープンしたが、本店とは微妙に味が異なるような気がする。こちらの方が旨味調味料をあまり感じない点は良いのだが、濃厚さが少なくなった分インパクトも弱い。また、味噌のスープには山椒のような後味を感じる。ちなみに、道外では高田馬場に東京店が、そしてJR恵比寿駅前に恵比寿店、さらに東北大学農学部前には仙台店がある。(2015年3月更新) 

【さっぽろ 純連 本店】
豊平区平岸2条17丁目1-41
電話番号:011-842-2844
定休日:木曜
営業時間:11時〜21時
予算:みそラーメン820円、半チャーハン付きは1200円
アクセス:地下鉄南北線・澄川駅北口を出て左へ。信号を右折して「北大学力増進会」を過ぎ、澄川墓地を過ぎるとすぐ左側に見える。澄川駅より徒歩10分
最寄りのランドマーク:澄川墓地
お勧めポイント:村中オリジナルを忠実に守る純連・すみれ系本流の味噌ラーメン

【さっぽろ 純連 北31条店】
札幌市東区北31条東1-1-8
電話番号:011-750-5678
定休日:木曜
営業時間:11時~15時、17時~21時
アクセス:地下鉄南北線・北34条駅5番出口を出て右へ進む。信号を左折して進むと広い創成川通へ出るので、信号を渡り創成川通に沿って左へ進むとすぐに見える。北34条駅から徒歩5分
最寄りのランドマーク: 札幌創成高校

これが本店

左が待合のベンチシート、右がオープンキッチンのカウンター席

「みそ」ラーメンと「半チャーハン」のセット

「みそ」に「味玉」をトッピングしている

「みそ」のアップ。チャーシューは刻まれている

「味玉」は半分に切られ、擦り生姜ものっている

中太縮れ麺はコシがあっていい

スープは濃厚

これが創成川通沿いにある北31条店

まずは自動券売機で食券を購入。これは本店と同じ

手前にテーブル席、左奥に待合のベンチシート、右奥がオープンキッチンのカウンター席。これも本店と同じスタイル

「みそ」に味玉トッピング

見た目は本店と同じラードタップリの濃厚スープ

これが「辛みそ」ラーメン 特製の辛味噌がのっている 純連の味噌ラーメンに山椒の辛みがが加わり、何とも言えない美味しさ。これもお勧め!!辛みは追加することも可能です

麺屋 彩未


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌郊外の美園にある人気のラーメン店。店内にはL字型のカウンター席が10席、4人用テーブルが1つ、2人用テーブルが1つと狭め。また、カウンター席の後ろには、人気店らしく待つ客のためのベンチ席もある。この店を一躍有名にしたのは「味噌らーめん」。何故なら、この店の店主は味噌ラーメンの超有名店「すみれ」の出身。「すみれ・純連」出身者の作るラーメンは、どの店も一口食べれば「すみれ・純連」と分かるラードたっぷりの濃厚な味であるが、この店のラーメンは似てはいるが全くの別物で、オリジナリティがある。「すみれ・純連」に比べれば濃厚さがない分インパクトに欠けるが、擦り生姜が香る自然で優しい味なのである。また、「すみれ・純連」系にある煮卵やチャーハンなどもメニューにない。さらに、味噌の甘さか野菜の甘さかは不明だが、スープは若干甘めでスープが少ない。ラードも少なめで、モヤシの火の通り方も浅く、チャーシューもスープも「すみれ・純連」に比べると味は薄めである。僕も若い頃は「すみれ・純連」の濃い味の方が好きだったが、最近年を取るにつれてこちらの方が好みになってきた。麺は森住製麺の黄色い中風と縮れ麺でコシがあっていい。この店はチャーシューが美味しいせいか、多くの人は200円増しの「味噌チャーシューメン」を注文する。開店の11時ともなると平日でもすぐに行列ができ、駐車場も満杯となって入れないので、開店10分前に行くのがベスト。しかし、たとえ行列ができていたとしても、回転が良いので比較的待たずには入ることができる。ちなみに、月に2回の不定休日があるので、行く前には電話での確認が必要。(2013年3月更新)

豊平区美園10条5丁目3-3
電話番号:011-820-6511
営業時間:11時〜15時15分、17時〜19時半
定休日:月曜(月2回の不定休あり)
予算:味噌らーめん700円、味噌チャーシューメン900円
アクセス:地下鉄東豊線・美園駅1番出口(美園郵便局)を出て左方向へ進む。200mほど進むと右側に大きな空き地(駐車場)が見えるので、その先。美園駅から徒歩3分。
最寄りのランドマーク:地下鉄東豊線・美園駅、美園郵便局
お勧めポイント:擦り生姜が香る自然で優しい味噌ラーメン


我流麺舞 飛燕 


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

最近人気の鶏白湯スープを使った無化学調味料のラーメン店。この店のお勧めは、何と言っても塩ラーメン。塩ラーメンには3種類あり、魚介系の風味が強い「鶏塩白湯らーめん」と、魚介系風味を抑えてサッパリと仕上げた「鶏SOBA塩らーめん」、そして鶏の濃厚さをトコトン追求した「濃厚塩らーめん」である。僕のお勧めは、海老とホタテで作られた白いフレークがのっており、鰹節魚介系スープと鶏ガラのダブルスープのバランスが良い「鶏塩白湯らーめん」。麺は中太ストレート麺で、この繊細なスープにはもうすこし細めの中細麺の方が合うような気がする。「濃厚塩らーめん」は、土日・祝日限定のラーメン。写真を見ても分かるように、鶏油のような脂の層がスープの表面を覆い、鶏の旨味を実感できる。しかし、魚介系の風味が少なくなった分、鶏の風味や生姜のような香味野菜の香りが強くなり、少しアンバランスな感じがする。醤油らーめんのお勧めは「鶏白湯・鰹醤油らーめん」。鰹をふんだんに使用しており、和風テイストの中華そばに仕上がっている。さらに、特注の極太麺を使用した一日10食限定の「魚介鶏パイ醤油つけ麺」も、パンチこそないがなかなかのレベルに仕上がっていていい。(2013年1月更新) 

豊平区中の島1条9丁目4-14 
電話番号:011-842-5262
営業時間:11時~20時 スープ無くなり次第閉店
定休日:木曜
予算:鶏塩白湯らーめん750円
アクセス:白石藻岩通りを通って南平岸方面に向かう。豊平川を渡った2つめの信号を右折し、中の島通りに入る。しばらく進むと「北海道社会保険中央病院」が右に見えるので、そのすぐ先の右角の建物。最寄りの駅は地下鉄南北線・南平岸駅(西出口)。札幌中心部から車で20分くらい。
最寄りのランドマーク:北海道社会保険中央病院
お勧めポイント:本格的な鶏白湯スープのラーメン店


men-eiji HIRAGISHI BASE


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

平岸街道沿いの場所から移転し、店名も「麺 eiji」から「men-eiji HIRAGISHI BASE」というラーメン屋らしからぬ名前となった。現在の店舗は西友平岸店駐車場側の裏通りにあり、前店舗からさほど離れていないが、近くに「山嵐」や「すみれ本店」などが集まるラーメン激戦区である。2016年8月には、薄野の「スガイディノス」に支店ができ、本店と同じメニューでやっている。
 僕のお勧めは「魚介豚骨醤油」と、そのあっさりバージョン「あっさり醤油」の2つ。いずれも力強いコシのある自家製中細ストレート麺が秀逸で、「らーめん 侘助」と共に僕の好きな麺の一つ。ベースとなっているスープは、魚介系と豚骨系のダブルスープ。魚介系のスープは深いコクがあり、鰹節以外の魚介の風味も感じられる。また、「魚介豚骨醤油」は、通常の「あっさり醤油・塩」よりもスープが濃厚なだけでなく、ゆず風味の魚介エキスジュレが入っている。食べ進めるうちに徐々にジュレが溶け出し、四次元的な変化を楽しむことができる。また、「山嵐」と同様に、葉葱と千切りされた玉葱が入っている。「あっさり醤油」はトンコツの風味が抑えられ、ジュレも入っていないのでインパクトには欠けるが、むしろストレートな分、素直にスープの旨味が感じられ、かえって完成度が高い気がする。なので、この店を初めて訪れた方は、まずは「あっさり醤油」を試してみてほしい。「辛いらーめん」は未完の域を出ず、お勧めはできないが、つけ麺の「つけBUTO」や「台湾まぜ麺」は、以前より美味しくなっていおり、魚介ジュレ入り「卵まぜごはん」とともに、お勧めできるレベルになった。特に、名古屋名物の「台湾まぜ麺」は、極太麺を食べ終えた残り汁に「追い飯」という少量のライス(無料)をもらい、混ぜて食べると大満足間違いなし。さらに、「札幌味噌eijistyle」も悪くはないが、こちらはどちらかと言えばインパクトに欠けるので、道外客にのみお勧めしたい。(2016年7月更新)

豊平区平岸2条11丁目1-12
電話番号:011-813-7233
営業時間:11時~14時45分、17時~20時半 スープ無くなり次第閉店
定休日:水曜、第3火曜
予算:魚介豚骨醤油830円、あっさり醤油750円、台湾まぜ麺(小)700円
アクセス:地下鉄南北線・平岸駅2番出口を出て右へ進む。信号を右折し、平岸街道を南へ進む。マクドナルドを過ぎると西友平岸店が見えるので角を右折する。西友平岸店の駐車場を過ぎた角を左折すると右に白い喫茶店の様な建物が見える。地下鉄南北線・平岸駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:西友平岸店
お勧めポイント:北海道トップクラスの醤油ラーメン


山嵐


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

第3世代を代表するラーメン店。大人気店「すみれ本店」の斜め向かいにあり、店主の自信のほどを伺わせる。この店の特徴は何と言ってもストレート太麺と濃厚なトンコツスープ。濃厚なトンコツスープを売りにしている店はたくさんあるが、札幌ではどの店も成功を収めていない。しかし、この店のトンコツスープは背脂入りでドロドロしているにも関わらず、洗練されていて太麺とも上手くマッチしている。2011年度版では、背脂入り塩味の豚骨スープに魚粉が入っている「海スープ」と、魚粉が入っていない「白スープ」の2種類のみであったが、その後メニューが増え、白スープに辛みがプラスされた「赤スープ」と名古屋まぜそば様の「ジャンクヌードル」が加わった。さらにお勧めではないが、最近では、「煮干し中華そば」や「油そば(スタンダード、魚介、カレーの3種)」、「つけ麺」やトリュフオイルが入った創作系の限定メニューが登場するなど、なおも進化し続けているようだ。
 僕のお勧めはズバリ「白スープ」と「赤スープ」、「ジャンクヌードル」の3つ。「白スープ」には海苔と味付け煮玉子をトッピングするのがお勧めで、「赤スープ」は九条ネギたっぷりの「ネギダク」をチョイスしよう。「赤スープ」は赤、赤辛、赤大辛、赤激辛の4段階から辛さを選択できる。見た目は真っ赤で辛そうだが(写真は赤)、食べてみるとそれほど辛くはなく、「赤」は中辛程度と思っていい。麺を食べた後にはライスを注文し、赤スープに入れて食べれば最高に美味しい!「ジャンクヌードル」は恐らく名古屋の「まぜそば」にインスパイアされたものだが、名古屋のどの有名店の「まぜそば」とも異なり、独自にアレンジされ進化している。ブラックペッパーが香り、鰹節と玉葱が良いアクセントになっている。よく混ぜて食べると、まるでイタリアンパスタのようでもあり、ジャンクフードを超越した逸品。「ジャンクヌードル」には、酢、ラー油、マヨネーズの三点セットが付いてくるので、先ずはそのまま食し、後半にこれらを少しずつ追加して食べるとまた旨い。ところで、スープものは50円追加すると極細麺の替え玉が出来る。これがただの替え玉ではなく、「白、黒、赤」の3つから選択できる。「白」はスタンダードな単なる替え玉であるが、「黒」は焦がしニンニクの黒い油が、「赤」は特製唐辛子油が加わり、1杯目とは異なった味の変化を楽しめる。(2016年7月更新)

豊平区平岸1条9丁目6-1 
電話番号:011-815-3030
営業時間:11時半~15時、17時~22時(スープなくなり次第閉店) 
定休日:月曜
予算:白スープ780円、赤スープ850円
アクセス:地下鉄南北線・平岸駅2番出口を出て右へ進む。信号を右折し、平岸街道を南へ進む。500mほど進むとマクドナルドとモービル石油のガソリンスタンドが見える広い交差点にでるので、そこを右折する。「紳士服のはるやま」を過ぎ、左側に「ネッツトヨタ」が見えたらその向かい側(右側)。地下鉄南北線・平岸駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:ネッツトヨタ道都
お勧めポイント:札幌濃厚豚骨ラーメンの最高峰


白石区

ラーメン専門店 林


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

2014年にオープンした「 すみれ(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁 を参照)」の流れを汲むラーメン店。「すみれ系」であるということは、店の売りが濃厚な味噌ラーメンかと思いきや、実はそうではない。この店のラーメンは他の「すみれ系」出身者のラーメン店とは微妙に異なり、店主の個性が出ているのである。
 店舗は本郷通沿いのビルの1階にあり、右にベンチタイプのカウンター席と左に4人掛けのテーブル席が2つだけという小さな店である。メニューを見ると、定番である「味噌ラーメン」、「塩ラーメン」、「正油ラーメン」の他、昼限定の「黒醤油ソバ」と「あっさり塩ラーメン」の計5種類。僕のお勧めは、前述のように「味噌ラーメン」ではなく「正油ラーメン」。
 「正油ラーメン」は今流行の清湯・魚介系醤油ではなく、真っ黒なビジュアルの札幌・第一世代タイプの醤油ラーメンだ。表面にはタップリのラードが浮き、炒めたモヤシが入った正統派・札幌醤油ラーメンなのである。麺はもちろんコシのある黄色い中太縮れ麺で、ネギは炒めた玉葱の他に白髪ネギがのっている。チャーシューは、「すみれ系」特有の厚めのトロトロのチャーシューで美味しい。しかし、もしもチャーシューをトッピングする場合には、「黒醤油ソバ」の方の薄切りチャーシューの方がお勧めである(店主によると、「正油ラーメン」のトッピングとしてはやったことがないが可能とのこと)。「正油ラーメン」のスープは、チャーシューを煮た醤油ダレをそのままスープにしたような独特のコクと深みを感じる。この動物系が強調されたスープが麺と良く絡み、鼻腔を刺激する後を引く美味しさとなっている。これに対し、「正油ラーメン」を現代風にアレンジした「黒醤油ソバ」のスープは、中華そば風に魚介系を加えたバランス重視の大人しいスープとなっている。このスープに合うよう炒めたモヤシは加えず、麺は中細ストレート麺、ネギは青ネギ、チャーシューは薄切りのバラチャーシューとなっている。インパクトをとるかバランスをとるかは個々の好みによると思うが、僕はインパクトの方をとりたい。
 「味噌ラーメン」は本家である「すみれ」ほどの濃厚さはないが、濃い中にもバランスを感じる「味噌ラーメン」だ。どちらかと言えば、 「麺屋 彩未(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 に近い味といえる。また、細麺を使った昼限定の「あっさり塩ラーメン」は、スープ自体は悪くないものの、とにかく麺が良くない。歯にくっつくような独特の食感で、スープと全く合っていない。もう少し低加水にして歯切れの良い麺になれば良いのだが。(2017年7月追加)

白石区本郷通8丁目北8−1 クリオ本郷通壱番館1階
電話番号:011-862-9771
定休日:月曜
営業時間:11時半〜15時半、18時〜20時
予算:正油ラーメン750円
アクセス:地下鉄東西線・南郷7丁目駅3番出口を左へ出て、南郷通の交差点をすぐに左折する。「幌東病院」の奥の角信号を右折して、本郷通(一方通行・右折での進入禁止)に入るとすぐ左側にある。南郷7丁目駅より徒歩5分
最寄りのランドマーク:幌東病院、本郷通
お勧めポイント:真っ黒でコクのある正油ラーメンが美味しい

本郷通沿いにあります(取材のスタートは今年の桜の咲く頃だった) ココです! 店内は、右にベンチタイプのカウンター席、左に4人掛けのテーブル席が2つある メニュー 僕の一押しの「正油ラーメン」 まっ黒なビジュアルの札幌・第一世代タイプの醤油ラーメン。表面にはタップリのラードが浮き、炒めたモヤシが入った正統派・札幌醤油ラーメンだ 麺はもちろんコシのある黄色い中太縮れ麺 「正油ラーメン」を現代風にアレンジした「黒醤油ソバ」。チャーシューをトッピングしたわけではなく、6枚の薄切りバラチャーシューが入っている スープに合うよう炒めたモヤシは加えず、シナチクの他、ネギは青ネギで、チャーシューは薄切りのバラチャーシュー 「黒醤油ソバ」のスープは、中華そば風に魚介系を加えたバランス重視の大人しいスープとなっている 麺は中細ストレート麺 「味噌ラーメン」 「すみれ系」特有の厚めのトロトロのチャーシューには、すり下ろした生姜がのっている。ネギは白髪ネギで、もちろん、ラードで炒めたモヤシと玉葱入っている スープは「すみれ」ほどの濃厚さはないが、濃い中にもバランスを感じる 麺は「正油ラーメン」と同じコシのある中太縮れ麺 昼限定の「あっさり塩ラーメン」 野菜の甘味を感じる鶏ガラベースのスープ 歯にくっつくような独特の食感の細麺が良くない 「すみれ系」の「チャーハン」は美味しい 「餃子」はごく普通でお勧めではない

マリ・イイダ Mari iida


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

昨年11月にオープンした人気のラーメン店。実はこの店、薄野の人気フレンチ 「アキ ナガオ Aki Nagao(→ 札幌グルメバイブル・フレンチの頁を参照)」 がプロデュースするラーメン店である。店は薄野からかなり離れた札幌市郊外の北郷エリアにある。
 店に入るとL字型のカウンター席があり、右に自動券売機、奥にテーブル席がある。オープンキッチンのカウンター内では、派手なメガネの女性店主がラーメンを作っている。ベースとなっているスープは濃厚系とサッパリ系の2種類があり、濃厚系は豚骨ベース、サッパリ系は鶏ガラベースのスープを使用している。メニューを見ると、「濃厚魚介soba」、「淡麗魚介soba」、「つけsoba・濃厚魚介or淡麗魚介」、「かけsoba・こってりor あっさり」、季節限定ラーメン「ブラック担々麺」、夜限定ラーメン「濃厚アジ背脂ラーメン」の他、「黒トリュフspecial」や「オマール香る油soba」などといったフレンチっぽいメニューもある。「黒トリュフspecial」も他のラーメンと同様、濃厚魚介(コク旨)か淡麗魚介(サラ旨)のどちらかのスープを選べる。
 この店の僕のお勧めは「濃厚魚介soba」。たまり醤油のような濃厚な色をしたスープは、北区の「侘助(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」を彷彿させる。スープは焦がしているのか?と思うようなほんのりとした苦みを感じる。今流行の煮干しの風味はあまりせず、メインは鰹節のようである。スープは魚介系と動物系のバランスが絶妙で、とても洗練された繊細な味に仕上がっている。スープだけなら2つ星相当の評価で良いと思うが、使用している全粒粉の自家製麺との相性が良くない。ラーメンに使用している麺は博多ラーメンのような低加水の中細のストレート麺で、このスープにマッチしていない。それは他のラーメンについても同じ印象で、麺が改善されれば間違いなく2つ星評価となるであろう。ちなみに、Facebookによると、今月の1日(4月1日)に麺がリニューアルされたそうなので、また行く機会があれば再評価したいと思う。
 一方、「淡麗魚介soba」は、前述のように鶏ガラベースの魚介スープを使用しており、「濃厚魚介soba」に比べるとさらに繊細に仕上がっている。野菜の甘味が少ない分、若干味の深みに欠け、麺に絡まない単調な味となってしまっている。なので、もしも「淡麗魚介soba」を食べたければ、むしろ「黒トリュフspecial・サラ旨」がお勧めだ。「黒トリュフspecial・サラ旨」は、「淡麗魚介soba」にトリュフオイルで作られた黒トリュフペーストをのせたもので、まずはそのまま「淡麗魚介soba」として味わい、さらに黒トリュフペーストを混ぜて食べると、何とも言えない味の重層感が生まれる。麺を食べ終えたスープにライスを投入し、おじやのように食べることを是非お勧めしたい。
 「オマール香る油soba」は、その名の通り、オマール海老テイストの油そばである。しかし、味自体はおとなしくインパクトのない単調な味なので、添えられたラー油をかけてレモンを絞り、パクチーと混ぜて一緒にいただくと結構イケル。また、多加水の縮れ太麺との相性も悪くない。「レアチャーシュー丼」は、低温調理されたチャーシューの下に、刻み海苔と甘味のない醤油ベースのタレがかかったミニ丼。チャーシューは最近流行の低温調理のもので、日によって豚臭さを感じるが、これはこれでそれなりに美味しい。(2017年4月追加) https://www.facebook.com/Mari-iida-351947128477310/

白石区北郷4条12丁目6-19
電話番号:011-827-8667
定休日:日曜
営業時間:11時~16時、18時~21時
予算:濃厚魚介soba780円、黒トリュフspecialサラ旨980円
アクセス:JR平和駅を出て右へ。自転車置き場を右に見ながら細い駅前通を北へ進む。ランドマークのない住宅街を抜けると「札幌信用金庫」や「セブンイレブン」のある交差点に出る。さらに住宅街を進むと「ツルハドラック」が、そして右に「ラルズマート」が見えるが、その向かい側の建物(左側の建物)。JR平和駅より徒歩15分
最寄りのランドマーク:ツルハドラック北郷4条店、ラルズマート新ほくと店
お勧めポイント:魚介ラーメンの進化形を味わえる

アパートの1階にあります 向かいにラルズがあります ココです 外にあるイラスト入りメニュー 店内のメニュー まずは自動券売機で食券を購入する L字型のカウンター席 「濃厚魚介soba」 低温調理されたレアチャーシューと2種類のネギ 極太のメンマは歯ごたえなし。左に見えるチャーシューは、しっかりと味の付いた豚バラチャーシュー。「濃厚魚介soba」にはレアチャーシューと豚バラチャーシュー2種類のチャーシューが入っている 全粒粉を使った中細の自家製ストレート麺はスープと合わない スープは北区の「侘助」を彷彿させる濃厚なたまり醤油のような色。スープは焦がしているのか?と思うようなほんのりとした苦みを感じる。今流行の煮干しの風味はあまりせず、メインは鰹節のようである。スープは魚介系と動物系のバランスが絶妙で、とても洗練された繊細な味に仕上がっている 「淡麗魚介soba」 「黒トリュフspecial・サラ旨」 「淡麗魚介soba」にトリュフオイルで作られた黒トリュフペーストをのせている 「味玉」はトッピングしたもので、トロトロで美味しい! 「淡麗魚介soba」系のラーメンには穂先メンマが入っている 黒トリュフペーストを混ぜる前のスープ 黒トリュフペーストを混ぜた後のスープ 麺を食べ終えたスープは、おじやのようにして全てをいただきたい 「オマール香る油soba」と添えられたラー油 パクチーと水菜をどけてみるとこんな感じ。パクチーを追加した方が美味しいかも 麺は全粒粉で作った多加水の太い平麺 サイドメニューの「レアチャーシュー丼」。低温調理されたチャーシューの下に、刻み海苔と甘味のない醤油ベースのタレがかかっている。チャーシューは最近流行の低温調理のもので、日によって豚臭さを感じるが、これはこれでそれなりに美味しい

中華そば カリフォルニア


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

菊水にある現在人気急上昇中の中華そば店。店の前に立つと本当にココ?と思うようなカフェのような外観。店内は、入って左にオープンキッチンのカウンター席があり、右にテーブル席と待合席がある。店名通り、インテリアはアメリカンカントリーテイストで、置いているビールもアメリカナンバーワンクラフトビールである「BLUE MOON」というこだわりよう。店主は東京調布で人気の「柴崎亭」で修行したらしく、麺もその店で使っているのと同じ八王子の「田村製麺所」から取り寄せているという。
 一番人気はワンタンメンで、醤油味の「黒わんたんそば」と塩煮干し味の「白わんたんそば」がある。いずれの「わんたんそば」にもチャーシューが入っていないため、チャーシューも食べたい方は、ワンタンが半量の4つとチャーシューが4枚入った「チャーシュウ肉わんたんそば」にする必要がある。ワンタンの餡は豚肉と背脂が入った肉ワンタンで、紹興酒のような香りも感じられる。しかも、餡の量は餃子と同じくらいのボリュームがあり、女性であれば食べきれないくらいの量だ。僕的には、ワンタンのボリュームがありすぎで、ワンタンを食べているうちに麺がのびてしまうのが難点だと思う。人気の「わんたんそば」の他には、ワンコインで食べられる醤油味の「中華そば」と白醤油味の「煮干そば」の2つがある。店員さんによると、「白わんたんそば」は塩煮干しスープだが、「黒わんたんそば」の醤油スープは、基本的に「中華そば」と同じと考えて良いのだそうだ。
 何れのそばの麺も中細のストレート麺で、コシもほどほどあり、このスープに実に良くマッチしている。チャーシューは煮豚でなく、オーブンでローストされたバラ肉で、弾力ある食感も含めてごく普通だ。メンマは若干甘めで、さらにカイワレとネギがのっている。
 何と言っても僕のお勧めは、ワンコインで食べられる「煮干そば」とプラス100円の「味付け玉子」の組み合わせだ。味が良く染みた「味付け玉子」は、半熟加減もよくお勧めである。カタクチイワシがメインの「煮干そば」の清湯スープは白醤油を用いているため、塩ラーメン?と勘違いしてしまうほど美しく澄んだ黄金色のスープである。その表面には煮干しと菜種油で作られた「香味油」が浮いている。無化学調味料でこれだけ洗練された完成度の高い煮干しラーメンは、昨年取材した大阪でも、本場である青森県でも食べたことがないくらいの逸品。
 後で気がついたのだが、通路には紙エプロンも置いてあり、当初手が回らなかった従業員のサービスも良く行き届くようになった。また、店の横には1台分の駐車できるスペースがあるが、いつも埋まっているので基本的に駐車場はないものと考えて行った方がいい。すぐ近くの表通りには有料駐車場があるので、そこを利用するのが便利。ちなみに、開店直後はかなり混み合うので、行くなら一段落する13時半くらいの方が待ち時間が短い。(2016年3月追加)

札幌市白石区菊水3条4-4-6 ビバ菊水1階
電話番号:011-598-7773
定休日:月曜
営業時間:【平日】11時半〜14時半、18時〜21時半、【土・日・祝日】11時半〜15時
予算:煮干そば500円
アクセス:地下鉄東西線・菊水駅6番出口を出て左へ。「全労済」を過ぎた角を右折し、さらに次の交差点を右折すると左側にある。菊水駅から徒歩5分
最寄りのランドマーク:全労済道央支店
お勧めポイント:ワンコインで洗練された煮干しそばが食べられる奇跡の店

左側のマンションの1階です ココです ラーメン屋らしからぬ外観 左にあるカウンター席 右にあるテーブル席 右にあるベンチシートの待合室 これがメニュー 裏には店のこだわりが書かれています 「煮干チャーシュウ麺」。チャーシューは煮豚ではなくオーブンでローストされたバラ肉で、弾力ある食感も含めてごく普通。なので、「煮干そば」で十分だ 「煮干そば」の清湯スープは白醤油を用いているため、塩ラーメン?と勘違いしてしまうほど美しい黄金色のスープだ。その表面には煮干しと菜種油で作られた「香味油」が浮いている。無化学調味料でありながらこれだけ洗練された完成度の高いはなかなか味わえない 麺は中細のストレート麺で、コシもほどほどあり、このスープに実に良くマッチしている 醤油味の「黒わんたんそば」 ワンタンの餡は豚肉と背脂が入った肉ワンタンで、紹興酒のような香りも感じられる 餡の量は餃子と同じくらいボリュームがあり、8個も入っているので女性であれば食べきれないかも 「黒わんたんそば」の醤油スープは基本的に「中華そば」と同じで、野菜の甘味を感じる。万人受けしそうな味であるが、逆にアイデンティティを感じさせない 麺は八王子の「田村製麺所」から取り寄せているという共通の中細のストレート麺 味が良く染みた「味付け玉子」は、半熟加減もよくお勧め

雨は、やさしく


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌インターに近い菊水エリアに移転してきた創作ラーメンの店。敢えて“創作”という言葉を使ったのは、これまでの既成概念を覆すラーメンだからである。 全てのラーメンには、4次元的なスープの変化が楽しめるよう「鶏の白レバーペースト+昆布・干し椎茸を細かく刻んだもの+刻み大葉」が添えられていたり、 麺に抹茶をまぶした「抹茶和え辛つけ麺」があったり、シナチクの代わりに揚げゴボウを用いたりと、ラーメンマニアの好奇心をくすぐるようなメニューなのである。移転後は更に「生ハムとかけそば」や以前は口頭で伝えなければならなかったレバーペースト抜きの「ぬきそば」が加わり、一部のメニューも入れ替えられてさらに充実してきた
 この店の1番人気は「味噌(ラーメン)」のようだが、僕のお勧めは「醤油(ラーメン)」と「塩(ラーメン)」。「醤油」のスープは、鰹出汁が香る魚介系と鶏ガラベースの動物系のバランスがとれた旨味溢れるスープである。「塩」のスープは昆布の風味がより強く感じられ、こちらも美味しい。食べログ上では鶏白レバーペーストを絶賛している記事も散見されるが、これがラーメンに相乗的あるいは相加的効果を与えているかと言えば微妙だ。何故なら、レバーペーストに鶏の動物臭を感じるからである。しかもその臭みを消すためなのかさらに香りの強い刻み大葉が入っているのも良くない。この店の「塩」や「醤油」のスープは、非常に繊細かつ完成度の高いスープなので、レバーペーストは不要であろう。どうしても試してみたいという方は、「味噌ラーメン」か「辛味噌ラーメン」の方で試してみてほしい。今回評価を下げた理由は、新店舗になってから食べた揚げゴボウが揚げすぎで、かつ、変わらない低加水の中細ストレート麺がやはり微妙だからである。歯切れが良いものの、モチモチ感のない独特の食感で、僕好みではない。これで麺が良くなって、チャーシューや揚げゴボウなどの脇役陣が美味しくなって主役を盛り上げることができれば、スープが最高なだけにさらに評価を上げても良いと思う。(2015年3月更新)

白石区菊水元町4条2丁目1-7 古川ビル1階
電話番号:011-871-3922
定休日:月曜(祝日の場合営業。翌日休み)
営業時間:11時~15時半、18時~21時
予算:醤油、塩780円(ぬきそば各740円)
アクセス: JR苗穂駅を出て通りを真っ直ぐ進む。「マツダ」、「マルハン」を過ぎて豊平川を渡り、道なりに進む。一つ目の歩道橋と「北洋銀行」を過ぎ、2つめの歩道橋手前の信号を左折する。南7条米里通を進み、「札幌信用金庫」と「ラッキー」が見えたらすぐ右側。JR苗穂駅から徒歩20分(1.2km)、中心部から車で15分
最寄りのランドマーク:南7条米里通
お勧めポイント:北海道トップレベルのスープが味わえる

移転後の新店舗

新メニュー

新メニュー

ぬきそば(醤油)味玉トッピング

今回の揚げゴボウ

大葉と白髪ネギ入り

大葉とネギをどけると、その下には昆布・干し椎茸を細かく刻んだものがのっている

移転後の醤油スープ

低加水の中細ストレート麺は好みが分かれる食感

分厚いチャーシューは脱水気味

味玉は普通

醤油、味玉トッピング(旧店舗のときの)

これが鶏レバーペースト

かつての揚げゴボウ

かつての醤油スープ

塩・レバーペースト抜き(旧店舗のときの)

以前の揚げゴボウ


ラーメン まるいし 白石店


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌市郊外の白石にあるラーメン店。店名に“白石店"とあるが、暖簾分けをした桑園の本店は既になく、現在「まるいし」はこの店だけとなっている。喫茶店だった店舗を改装して使用しているせいか、インテリアはラーメン店としては多少違和感を感じる。入って手前と右側奥にテーブル席が、そして左側にはカウンター席がある。また、入り口側にはマンガと飲み放題のホット黒烏龍茶のポットが置かれている。壁のメニューを見ると、「正油ラーメン」、「塩ラーメン」、「みそラーメン」などの定番メニューの他、「カレーラーメン」や「懐かしラーメン」、「タンメン」、「スパイシー塩ラーメン」、「野菜ラーメン」、「きのこラーメン」などが。さらに、サイドメニューとして「ミニチャーハン」と「ミニチャーシュー丼」がある。
 お勧めは「カレーラーメン」と「正油ラーメン」の2つで、特に「カレーラーメン」が僕の一押し。豚バラが入った「カレーラーメン」は、夕張にあった名店「藤の家」の“カレーそば"を彷彿させる美味しさである。「カレーラーメン」のスープは、辛さやスパイシーさなど一切感じられないが、ベースのスープが美味しいだけに、マイルドでありながら最高レベルのカレースープに仕上がっている。辛さが物足りないと思う方は、添えられる辛子味噌のような自家製辛子ペーストを溶かして食べると、ピリッとエスニックな味に変身する。また、「カレーラーメン」には中太の縮れ麺も良く合い、是非一度味わって頂きたい逸品である。食べログ上で評価の高い「塩ラーメン」も悪くはないが、お勧めと言うほどではない。「正油ラーメン」は、とにかくスープが旨い。中華そばのスープのように、サッパリとしていながら野菜の旨味を感じる清湯スープだ。恐らく、スープだけで評価するなら、札幌の醤油ラーメンの中でもトップレベルのスープであるが、全ての麺が札幌ラーメン特有の黄色い中太縮れ麺であるため、この麺が繊細な「正油ラーメン」や「塩ラーメン」のスープとマッチしていない。これでもしも「正油ラーメン」と「塩ラーメン」が中細のストレート麺であったなら、さらに評価を高くしても良いと思う。
 一方、「懐かしラーメン」は「正油ラーメン」と「塩ラーメン」の中間的なスープで、中途半端な感じが否めない。「タンメン」は黒胡椒風味の野菜炒めがのったスープで、ごく普通。ピリ辛の「味噌ラーメン」は、決して悪くはないがインパクトに欠ける。さらに、「スパイシー塩ラーメン」はトムヤムクンのようなエスニックな辛口スープで、インパクトはあるものの、辛さが勝って折角の美味しいスープが生かされていない。これらに対し、サイドメニューの「ミニチャーハン」は、ご飯がパラパラとしていて刻みチャーシューともマッチしていてお勧め。「ミニチャーシュー丼」は、意外にも炒めたチャーシューと白髪ネギがのっている。それなりに美味しいが、どちらかと言えば「ミニチャーハン」の方がお勧めである。
 ちなみに、店内は禁煙で、通し営業なのでとても使い勝手が良い。しかしながら、店主1人で作っているので、混んでくると出てくるまでに時間がかかってしまうことも。(2014年3月追加)

白石区本郷通7丁目北7-17
電話番号:011-598-9239
定休日:木曜
営業時間:11時〜21時
予算:正油ラーメン680円。カレーラーメン800円
アクセス:地下鉄東西線・南郷7丁目駅3番出口を出て左へ。すぐに信号を左折して水源地通を進む。「幌東病院」、「ENEOS」を過ぎるとすぐ左側。南郷7丁目駅から徒歩8分。
最寄りのランドマーク:幌東病院
お勧めポイント:マイルドなテイストのカレーラーメンが美味しい

カレーラーメン

正油ラーメン

塩ラーメン

懐かしラーメン

タンメン

味噌ラーメン

スパイシー塩ラーメン


麺屋 菜々兵衛


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌郊外にある有名ラーメン店。開店当初はマスコミにあまり取り上げられず空いていたが、ミシュラン北海道版に掲載されて以降、食べログの点数もグッとアップして、昼間には行列が出来るほどの超人気店となってしまった。しかし、スタッフの手際が良いため、非常に回転が良く、行列ができていてもあまり待たずに入ることができる。この店を一躍有名にしたのは限りなく透明なスープの塩ラーメン。アッサリ系の塩で、味もコンソメスープのように繊細。これで豚骨が加わればまさに函館ラーメンだが、この店は鶏ガラ一本にこだわっている。隠し味に使用している柚子皮は、和食のお椀を意識しているのかどうかは不明だが、この様な繊細なスープには僕は不要だと思う。ちなみに、「名古屋コーチン 塩」には柚子皮がはいっていないので、サッパリとした透明なスープにこだわるならそちらの方が良い。好みにもよるが、むしろ白濁した「鶏白湯 塩」の方が濃厚な鶏の旨味が感じられて美味しいと思う。 「麺や けせらせら(札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 に比べるとやや薄めに感じられるが、鶏の旨味は十分で、むしろ濃厚さが少ない分上品な感じがして、完成度が高いような気がする。僕の一押しは「鶏白湯 醤油」。スープと麺の一体感が良く、魚粉などの強い魚介系スープに頼らなくても美味しいラーメンができることを証明している。つけ麺以外の麺は自家製麺中細ストレートで、以前と比べると若干コシがないような気がするが十分美味しい。特に大ぶりのチャーシューがめちゃくちゃ美味しいので、どのラーメンも200円増しのチャーシューメンにして食べるのがお勧め。「つけ麺」に使われる自家製麺は、全粒粉を使用した中太の平麺なので小麦の香りが感じ取れる。つけ汁は魚粉入りの魚介系醤油スープで、細切りにされた柔らかい穂先メンマとブツ切りのチャーシューが印象的だ。 「ほっぺ家(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 と共に、北海道トップランクに位置するつけ麺である。「つけ麺」は、200g+味玉半個(柚コショウ風味)か、味玉なしの300gへの増量かを選べる。また、熱盛と冷盛のどちらかも選択でき、鶏白湯のスープ割りが美味しい。「濃厚鶏白湯」と「特濃つけめん」は、日によってあるときとないときがあり、滅多に出会えないレアメニューだ。さらに、夜のメニュー「鶏白湯・名古屋コーチンつけ麺」は数量限定である。なお、夜の営業は平日のみで、みそ、塩、醤油ラーメンが500円とお得である。開店後の11時〜13時まではかなり混み合うので、その時間帯を外して行った方がベターである。(2013年2月更新)

白石区川下3条4丁目3-21 
電話番号:011-873-8860
営業時間:【平日】11時〜15時、18時〜20時 50分、【土日・祝日】11時〜15 予算:鶏白湯 塩750円、鶏白湯 醤油750円
アクセス:JR千歳線・平和駅出入り口1番を出て右へ進む。300mくらいで「札幌信用金庫」に面した北13条北郷通に出るので右折。さらに500mほど進んで「コープさっぽろ」を過ぎ、「北海道銀行」手前の交差点を左折するとすぐ左側。平和駅より徒歩15分。
最寄りのランドマーク:コープさっぽろ川下店
お勧めポイント:鶏白湯スープが美味しい郊外のラーメン店



厚別区

手稲区

元祖旭川 かとうらーめん 手稲本店


→ 札幌で旭川を食す、買う参照

清田区

ら〜めん 虎 TORA


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

札幌郊外の清田にある人気のラーメン店。店内はかなり広くカウンター席が2つある他、小上がりとテーブル席があるかなりの大箱店である。店主はクレイジーケンバンドの熱狂的ファンなのであろうか?店内にはクレイジーケンバンドの曲が流れ、壁にはたくさんのポスターが張られている。また、ショップカードを見ると、驚いたことに「健」という名前の店主は自ら「CRAZY KEN」と名乗っている。
 店のメニューを見ると、基本は正油味と塩味のトンコツスープのみ。先ずはこの店の1番人気「濃厚鯱(のうこうしゃち)」を注文。「純連・すみれ」系の味噌ラーメンを彷彿させるような油(ラード?)タップリの濃厚醤油ラーメンで、スープを口に含むと最初に野菜の甘さを、時間差で鰹節ベースの魚粉の苦さを感じる。しかしながら、「濃厚鯱」はあまりにもスープの油分が多すぎで、僕としては油の少ない「鯱」の方がお勧めである。意外にもどちらの麺も札幌ラーメン特有の黄色い中太縮れ麺でとてもコシがあり、第一世代の札幌ラーメン醤油の進化形と言えるかもしれない。僕が 「えびそば一幻(→ 札幌グルメバイブル・ラーメン、札幌グルメバイブル・新千歳空港の頁を参照)」 に出会って以来、久々に衝撃を受けた濃厚系ラーメンである。また、メンマも美味しく、煎り胡麻との相性も抜群である。しかし、チャーシューは多少脱水気味でイマイチだ。2番人気の「琥珀(こはく)」は魚介系トンコツ塩ラーメンであるが、「濃厚鯱」をそのまま塩ラーメンにしたように表面の油分たっぷりのスープ。「琥珀」は表面が茶色をしているため、かき混ぜなければ醤油ラーメンと勘違いしてしまうほどで、この「琥珀」も僕のお勧めである。3番人気の「白虎(びゃっこ)」はクリーミーなトンコツスープで、これもお勧めであるが、これをさらにピリ辛にした「赤虎(あかとら)」の方が後を引く美味しさで1番のお勧め!!それにしても、この店は九条ネギなどの青ネギと玉葱、そして九条ネギと白ネギという2つのダブルネギを使い分けているのが面白い。4番人気の「虎そば」は、動物系スープを用いずに作ったラーメンであるにもかかわらず、表面に油が浮いていて中華そばのようにサッパリとして美味しいが、これは“にぼし油”を使っているため。また、このようなサッパリ系のラーメンであるにもかかわらず、黄色い中細縮れ麺を使っているのも意外性があって面白い。
 「ちゃーしゅー飯」は刻みチャーシューとネギがのった最近流行のドンブリであるが、これは想像範囲内の味。むしろ、この店のコッテリとしたスープには「山わさび飯」の方がサッパリとしていて合う様な気がする。
 「菓子工房 北の国ものがたり」の「かぽぷ〜」は、プリン、カボチャプリン、粒餡が3層になったプリンで、この組み合わせが意外にも美味しい。「SWEETS LAB」謹製の冷凍プリン「カタラーナ」も濃厚かつクリーミーで美味しかった。また、ラーメン店にしては珍しく北海道名物の「コアップガラナ」が置いてあるのもマル!
 それにしても、旨味調味料がそれ程気にならなければ、実にインパクトがありまた食べたくなるようなラーメンである。(2013年7月追加)

清田区北野3条3丁目15-30
電話番号:011-376-0730
定休日:木曜
営業時間:11時〜14時45分、18時〜21時半
予算:鯱750円、琥珀850円
アクセス:北野通にある北野博善斎場の隣(北野中学校向かい)。
最寄りのランドマーク:北野博善斎場、北野中学校
お勧めポイント:現代的に進化した濃厚系ラーメンが味わえる


濃厚鯱


琥珀 

虎そば 

赤虎 

ちゃーしゅー飯 

かぽぷ〜 

カタラーナ 

花丸


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

美しが丘・北広島エリア唯一の「純連・すみれ」系のラーメン店。北広島インターや「三井アウトレットパーク」に近く、羊ヶ丘通にも面しており、比較的アクセスが良くて分かりやすい。店内にはカウンター席の他にテーブル席も5つあり、比較的広めである。僕のお勧めは「味噌らーめん」で、一口食べるとすぐに「純連・すみれ」系ラーメンと判るような味である。スープの表面をラードが覆い、色も濃くてスパイシー。擦った生姜がのっており、何故かカルダモンのようなスパイシーな香りもして、どこかしら 「千寿(→ 札幌グルメバイブル・ラーメンの頁を参照)」 を彷彿させるオリジナリティを感じる味わい。麺は黄色い中太麺で、とてもコシがあって良い。チャーシューはスライスと刻みチャーシューの両方が入っている。「純連・すみれ」ほどの美味しいチャーシューではないが、平均レベル以上で悪くない。もう一つのお勧めは「餃子」で、肉の食感と風味を感じ、ラーメン専門店の餃子と思えないほどジューシーで美味しい。ちなみに、月に1回土曜が休みとなるので、土曜日に行く場合は事前に電話での確認が必要。(2013年7月更新)

清田区美しが丘3条7丁目1-33 
電話番号:011-883-5003
営業時間:11時半〜15時、17時半〜19時半(金曜日は11時〜15時)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み、月1回土曜休み)
予算:味噌らーめん750円
アクセス:北広島インターを出て三井アウトレットパークへ向かい、羊ヶ丘通の信号を右折する。羊ヶ丘通を進み、左に「二木ゴルフ」と「かねひろ羊ヶ丘店」が見えたら、その右側向かい。北広島インターから車で5分。
最寄りのランドマーク:二木ゴルフ、かねひろ羊ヶ丘店
お勧めポイント:美しが丘・北広島エリア唯一の「純連・すみれ」系ラーメン



▲TOPに戻る


Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.