北大眼科TOPにもどる

15. ハラル料理


中央区

掲載保留 トルコキッチン ザ・ケバブ


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

かつて薄野近くに、東京青山にあった有名トルコ料理店「ハレム」のオーナーが経営していた「トルコ・ビストロ タファ tafa」という店があった。グルメバイブルで2つ星を獲得するほどの名店であったが、その後惜しまれつつも閉店。その「タファ tafa」の料理長・クサル・ムスタファさんが、この度この店の料理長となった。オープンして間もない頃の「トルコキッチン ザ・ケバブ」には行ったことがあるが、特に印象のないレストランだったように思う。彼がシェフになったことで、これまでごく普通だったこの店の料理が俄然美味しくなった。
 入口を入ると、右側にオープンキッチンのカウンター席があり、窓側にテーブル席がある。中は民族色のない今風のビストロのようなインテリア。先ずはトルコビール「エフェスEFES」を注文。これはサッパリとしたドライタイプのビールで、可もなく不可もなしといった感じ。水を加えると白く濁ることでトルコの有名焼酎「ラク(ラキ)YENI RAKI」は、“ライオンのミルク”とも呼ばれる酒で、アニスの香りがする蒸留酒。どこかしら中国の「白酒」やギリシアの「ウーゾOuzo」にも似ているが、慣れてくると結構いける。トルコ産のワインなんてあったの?と驚くかもしれないが、この店には赤が4種類、白が3種類もあった。味に関してはまあ値段相応で、可もなく不可もなしといった感じだ。
 料理は総じてどれも美味しく本格的なものであるが、場所柄か「タファ tafa」よりも価格が低く設定されているため、「タファ tafa」のような美しい高級感のある料理ではない。
 お勧めは、トロトロとした食感の茄子料理。前菜のお勧めはトルコ風のディップの「エズメ」。「タファ tafa」では7種類のエズメがあったが、この日の「エズメ」は4種類。特に、胡麻入りのパン「エキメキ」にのせて食べると美味しい。「タファ tafa」では、「ホウレン草ヨーグルト」と「ニンジンヨーグルト」、「空豆とディル」のエズメが良かったが、その中でこの日あったのは「空豆とディル」のみだった。その他のお勧め前菜は、まるでイタリア料理のような「パトルジャンサラダ」。茄子とトマトで作ったケーキのように美しい「キュベオール」はメニューになかったが、予約の時に事前に言っておけばやってくれるらしい。メインでは、茄子とチーズの温かいペーストにローストした肉やマグロなどをトッピングした「ベエンディ」が最高である。特に、「中トロの炙りのベエンディ」がいいが、こちらは要予約とのこと。通常メニューで選ぶならチキンよりも「ラムのベエンディ(ヒュンキャール)」の方だ。肉料理のメインは、チキンのあぶり焼き「ドネルケバブ」か「スパイシーラムケバブ」などが良いだろう。デザートはトルコ風ライスプティング「ストラッチ」がお勧めだが、これもメニューにないので事前にリクエストが必要だ。
 ちなみに、ハラール料理にも対応しているので、イスラム圏の方にもお勧めである。(2013年6月追加)

北区北12条西4丁目1-3 メゾン12 2階
電話番号:011-757-7756
定休日:水曜
営業時間:【ランチ】12時~14時、17時~.22時半
予算:ヒュンキャール・ベエンディ1300円
アクセス:地下鉄南北線・北12条駅2番出口を出てすぐ左の交差点を左折すると、「セイコマート」が見えるのでその2階。地下鉄南北線・北12条駅から徒歩1分
最寄りのランドマーク:地下鉄南北線・北12条駅
お勧めポイント:北海道ナンバーワンの美味しいトルコレストラン

このセイコマートの2階です 入口はこんな感じ 右側にはオープンキッチンのカウンター席があり、民族色を感じさせないモダンなレストランといった感じ 左にはテーブル席もある イラスト入りのメニュー 説明入りのものも これは前のシェフから引き継いだメニューなのか?写真入りで、微妙にメニューが異なる トルコワインのメニュー 各ワインには説明書きが・・・ チキンのあぶり焼き「ドネルケバブ」をそいでいる料理長のクサル・ムスタファさん チキンのあぶり焼き「ドネルケバブ」 表面はカリッと、中はシットリとしてドライなトルコビールに良く合う ラム肉を使った茄子料理「ヒュンキャール・ベエンディ」は美味しい 「スパイシーラムケバブ」 こちらはこの店のものではなく、料理長のクサル・ムスタファさんが「トルコ・ビストロ タファ tafa」時代に作った7種類の「エズメ」 胡麻入りのパン「エキメキ」 胡麻入りのパン「エキメキ」に「ホウレン草ヨーグルト」のエズメをのせて食べる これもムスタファさんが「トルコ・ビストロ タファ tafa」時代に作った「中トロの炙りのベエンディ」 「トルコ・ビストロ タファ tafa」時代の一皿で、茄子とトマトがケーキのように美しい「キュベオール」

北区

ダワット カフェ DAWAT CAFE


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

“ハラル”とはイスラム教の教えに基づき、「合法的なもの」あるいは「許されたもの」という意味のアラビア語らしい。イスラム教では豚やアルコール(アルコール成分を含む日本のみりんなども)などが禁止されているため、食品の場合はこれら禁止されている物を含まないものが“ハラル(フード)”となるのだ(ウェブから一部引用)。
 ハラルレストランには大きく分けて2タイプがあり、完全なハラルと呼ぶべきレストランと、日本の実情に合わせて既存メニューにハラルメニューを提供できる「ローカルハラル」を含む不完全なハラルレストランがある。例えば、札幌グルメバイブルで紹介しているトルコ料理の 「トルコ・ビストロ タファ tafa(→ 札幌グルメバイブル・ハラル料理の頁を参照)」 では、アルコール飲料を提供しているので、不完全なハラルレストランと言える。また、この他にローカルハラルを提供している各地の「ルスツリゾート」や札幌のインド料理店「タージ マハール」も同様である。この「ダワット カフェ」は、ハラル認証の食材を使用し、アルコールを提供しないだけでなく、アルコールに触れたり豚に触れたような食器や調理器具を一切使用しない真のハラルレストランである。もちろん、店主もイスラム教徒。
 この店はインドカリー専門店であり、特に表示はしていないが、サラッとしたルーの特徴や本格的なビリヤニなどがあるところを見ると、南インド系料理店に分類されるのかも知れない。客席は僅か7席しかなく、店主が一人でやっている。カリーは「チキン」、「マトン」、「ベジタブル」の3種類があり、どれも辛さやホールスパイスが感じられて良い。但し、マトンやチキンなどの肉類は冷凍肉ハラルなので、肉そのものの美味しさは感じられない。それでもどちらかと言えば、「チキンカリー」の方がお勧めである。辛さは何も言わなければ辛口くらいの辛さとなるが、これは調節してもらえる。また、カリーには通常の日本米が付くが、店が混んでいないときにはチャパティに変更することができる。本格的なインド料理を希望する方は、ぜひ追加料金を払って「バスマティライス」か「クミン入りバスマティライス」で食べることをお勧めしたい。“バスマティ”とは香りの女王というヒンディー語に由来し、独特の香りがする長粒米で、パラパラとした食感とサラッとしたルーが絶妙にマッチする。このバスマティライスを使った「(チキン)ビリヤニ」も、 「ジャドプール(→ 札幌グルメバイブル・カレーの頁を参照)」 ほど本格的ではないが、スパイシーで美味しいビリヤニであ る。(売り切れ次第終了であるが予約をすれば用意してくれる)。ドリンク類では自家製ヨーグル トを使用した「「プレーンラッシー」が美味しい。グアバやマンゴーラッシーなどもあるが、プレーンに比べると甘くなるので、やはりプレーンがお勧め。さらに、生姜が効いた「チャイ」も悪くなかった。
 ちなみに、この店ではハラルの冷凍肉などの他、バスマティライスやスパイスなどの食品も販売している。(2015年5月追加)

北区北17条西4丁目1−11 ニューエルム1階
電話番号:090-1383-9703
定休日:土曜
営業時間:12時~20時(金曜のみ13時半~20時)
予算:チキンカリー650円、バスマティライスへの変更+200円、クミン入りバスマティライスへの変更+300円
アクセス:地下鉄南北線・北18条駅2番出口を出て左へ進む。すぐに、北海道大学前郵便局のある信号を左折し、西5丁目樽川通(通称:北大通)を進むと、大塚眼科病院の手前にある。北18条駅から徒歩3分
最寄りのランドマーク:大塚眼科病院
お勧めポイント:完全ハラルのインドレストラン

店内は僅か7席と狭い

オープンキッチン

壁に貼ってあるおすすめメニュー

メニュー

メニュー

メニュー

マトンカリー

チキンカリー

バスマティライスを使った「(チキン)ビリヤニ」

生姜のきいたチャイ

ハラル認証を受けたいろいろな食料品を販売している

冷凍庫の中には

ハラル認証を受けた冷凍マトン

ハラル認証を受けた冷凍ラム

ハラル認証を受けた冷凍チキンレッグ

ハラル認証を受けた冷凍チキンナゲット




▲TOPに戻る


Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.