北大眼科TOPにもどる

24. 札幌で見る


中央区

大倉山ジャンプ競技場とその展望台


  • 閉じ る
  • 本文
  • アクセス
  • 写真

大倉山ジャンプ競技場」は、1972年の札幌オリンピックで90m級ジャンプ競技(現在で言うラージヒル)が開催された場所である。これに対し、笠谷、金野、青地の日の丸飛行隊が金、銀、銅を独占したのは、70m級(現在で言うノーマルヒル)の「宮の森ジャンプ競技場」である。宮の森ジャンプ競技場は特に行かなくても良いが、この大倉山ジャンプ競技場は、最上部の展望台から見渡せる札幌の景色と、移動するリフトから見えるラージヒル競技場の迫力ある姿が素晴らしく、一見の価値がある。
 まずは車を駐車場にとめ、長いドーム型エスカレーターでジャンプ競技場へと向かう。上がってすぐ見えるガラス張りの建物「クリスタルハウス」前にある切符売り場でチケットを購入する。「クリスタルハウス」の1階にはお土産品店があり、2階にはレストランがある。さらに、半円形の広いジャンプ台のランディングスペースに沿うように迂回する通路を抜け、リフト乗り場へと向かう。
 リフトは乗る人や降りる人によってスピードが変わるため、そのつもりで乗っていないと、突然停止することなどもあるので注意したい。また、最上部の展望台から眺める景色も最高に良いが、帰りの移動するリフトから見える景色は、まさにジャンプしたアスリートが札幌の街中へ飛び出していく体感そのもので、素晴らしい。
 ちなみに、「札幌ウィンタースポーツミュージアム」には、冬季オリンピック札幌大会の展示品とウィンタースポーツの体感型のゲーム機がある。時間があれば寄ってみてもいいが、こちらは特にお勧めというほどではない。(2016年8月追加)
http://okura.sapporo-dc.co.jp/index.html

中央区宮の森1274
電話番号:011-641-8585
定休日:無休(但し、4月の整備期間やジャンプ大会とその公式練習日を除く)
営業時間:【夏季:4月29日~11月3日】8時半~18時、【冬季:11月4日~翌4月28日】9時~17時
予算:往復リフト料金500円、札幌ウィンタースポーツミュージアムとのセット券1000円
アクセス:地下鉄東西線・円山公園駅から車で5分、徒歩30分
最寄りのランドマーク:札幌聖心女子学院高校
お勧めポイント:ラージヒルジャンプ台の上から見える大迫力の札幌の街並み

駐車場とエスカレーター エスカレーター入口 エスカレーターで上ると、クリスタルハウス前に出る。クリスタルハウスの1階にはお土産品店があり、2階はレストランとなっている 1階のお土産品店 ペナントと並ぶ昭和土産の定番、記念メダルもあった チケット売り場でリフト券を購入する 下から眺めたラージヒル競技場 リフト乗り場 コンクリート打ちっ放しの観客席。ちなみに、赤い看板は146mという「伊藤大貴」選手の大倉山ジャンプ競技場バッケンレコード このように1m毎に着地点の札がある これが最上部の展望台 名物は夕張メロンソフト ここで購入 味は今ひとつ。洗練された美味しさでない 建物内からの札幌の景色 展望台の屋上からの札幌の景色 選手からはこの様に見える この建物が札幌ワインタースポーツミュージアム 入場口 札幌オリンピック関連の展示品 ジャンプを体験するゲーム ボブスレーを体験するゲーム スピードスケートを体験するゲーム これもまたジャンプを体験するゲーム クロスカントリーの対戦型ゲーム


▲TOPに戻る


Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.