教育主任挨拶
北大眼科における教育に関する位置づけ

大学病院としての三大業務は、臨床、研究、教育とされています。もちろん臨床や研究でより良い医療の実現に貢献していくことは大変重要なことです。しかし教育についても、たとえ他の業務で多忙であろうとも決して軽んじてはなりません。特に若手医師の初期教育は、その医師としての一生を左右するといっても過言ではありません。我々は、手術指導・外来診察・カンファレンスを3本柱として教育に取り組んでいます。

 

 手術教育

北大眼科では年間2,000件以上の手術を安定して行っています。その内容がバラエティーに富んでいることも特徴で、レベルの高い手術を大量に間近で経験し、手術の知識と手技を学ぶことができます。さらに、豚眼を使用したウェットラボで定期的に手術練習を行い、実際の執刀に向けた準備をします。実際、後期研修医の先生は半年間の教育で白内障手術の執刀を初年度から行い、すべての過程を一人で執刀しきれるようになっています。

 

外来診察教育

北大眼科には13の専門外来があります。日々の外来患者や入院が必要な患者の診察に携わるうちに、一般眼科医が滅多にみることのできない専門性の高い疾患について多くを学ぶことができます。
また初診カルテのチェックを若手医師向けに行っています。その日の初診の症例について、各々の所見に対する考え方・必要な検査の組み方・鑑別診断と治療方針について、外来終了後に上級医から学ぶことができます。自分が担当しなかった症例についても、広く知識を得られるというメリットもあります。

 

カンファレンス

 北大眼科では、医局員が一堂に会して話し合いをする 機会が多くあります。教育熱心なスタッフ、医局員一同 の協力により活発な討論が繰り広げられています。                                                                                             

 

 ■クリニカルカンファレンス

 毎週月曜日に、手術前後の症例を検討して問題点を話し合います。また、診療で遭遇した稀な症例や、治療に苦慮する症例について報告し、議論をする場でもあります。これにより多くの臨床経験を分かち合うことができます。

 

 ■リサーチカンファレンス

 毎週水曜日に、基礎・臨床研究についての講演をおこない討論します。他大学から先生をお招きして講演をしていただいたり、若手医師の学会の予行会も行い発表内容の推敲をします。「実際の発表より緊張しました…」という若手医師の感想もチラホラと聞こえてきますが、この予行会を経験することで学会発表のスキルを磨き、落ち着いて本番の発表に臨めるようになります。

 

 

 

■モーニングクルズス

 研修医、専修医向けの少人数での講義を年間80回程度行います。始業前の早朝に集まり、主に臨床に関する講義を行います。各疾患の特徴、診察のコツ、そして治療の方針について教科書では学ぶことのできないような本音の話も聞くことができます。