留学報告(米国・ハーバード大学)

稲福 沙織

 2015年10月からボストンのMassachusetts Eye and Ear Infirmary(MEEI)血管新生ラボに留学しております。ボストンは寒いと聞いて心配しておりましたが、10月末の時点でまだ初雪も降っておらず、北海道出身でボストン在住の友人によると、札幌より暖かいということだったのでホッとしております。

 私の所属するラボはDr.Connor グループとDr. Vavvas グループに分かれており普段は別々に研究をしておりますが、月に1回合同ラボミーティングが開かれています。半年に1度合同ラボミーティングでの発表、年に1度reseach fellow 全員の前での発表もあり、世界各国の先生方のプレゼンテーションを聞くことができるのはとても勉強になります。

 また、基礎研究の他にも臨床の先生方に混じって総回診や網膜カンファレンス、招待講演などにも自由に参加でき、とても恵まれた環境です。カンファレンスは毎回バイキング式の軽食が出るのですが、resident やfellow 達が朝からフライやチョコレートケーキをモリ モリ食べている姿には驚きます。

 こちらに来てまだ1ヶ月ですが、夏休みに北大眼科に留学していたRenata さんのご家族(お父様はMEEI 眼科の准教授)のお食事会に招待していただいたり、日本好きな他の科のresearch fellowと一緒に牛角に行ったり、ボストン日本人飲茶会では他職種の方とも知り合うことができたり、と次々と人の輪が広がりとても新鮮な日々です。

 ボストンは比較的治安も良く、車がなくても生活できとても住みやすい街です。ラボはボストン中心部やボストンコモン(札幌の大通り公園のような公園)からも近く、また周辺には煉瓦造りの閑静な住宅街が広がりとても良い環境です。大学院では糖鎖の研究をしておりましたが、こちらでは虚血再灌流モデルを用いて研究することになり、現在はまだモデルの立ち上げに試行錯誤している状態です。来年の留学報告ではある程度の研究結果をご報告できたらと思います。

 最後になりましたが、今回このような留学の機会を与えてくださった石田晋教授、野田航介准教授を始め、医局員の先生方に心から御礼を申し上げます。