野田 航介 Kousuke Noda

 

>英文業績はこちら

 

役職 准教授
専門:網膜硝子体

 

 

経歴

1995年 慶應義塾大学医学部 卒業
1995年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 研修医
1998年 国立病院東京医療センター 眼科医員
2001年 慶應義塾大学医学部病理学教室 共同研究員
2003年 慶應義塾大学病院 眼科 助教
2004年 Mass Eye and Ear Infirmary 研究員
2007年 Harvard Medical School Research Fellowship
2008年 慶應義塾大学病院 眼科助教・外来医長
2009年 慶應義塾大学病院 眼科講師
2009年 北海道大学大学院医学研究科眼科学分野 講師
2013年 北海道大学大学院医学研究科眼科学分野
 (現:北海道大学大学院医学研究院眼科学教室)准教授

 

資格・学会活動

 

資格

日本眼科学会認定専門医
日本眼科学会認定指導医
臨床研修指導医(厚生労働省)
視覚障害者用補装具適合判定医
PDT認定医
医学博士

 

学会

日本眼科学会(専門医)
日本網膜硝子体学会
日本糖尿病眼学会
日本糖尿病合併症学会
日本眼炎症学会
北海道医学会評議員会
アメリカ視覚眼科学研究会議/ARVO

 

 

取得研究助成・受賞歴

文部科学省科学研究費補助金
2004年 若手研究(B)【H15-16】
2008年 若手研究(B)【H20-21】
2010年 若手研究(B)【H22-23】
2012年 基盤研究(C)【H24-26】
2015年 基盤研究(C)【H27-29】

 

研究助成
2004年 MEEI/BLJ Vitreoretinal Research Fellowship
2004年 財団法人日本眼球銀行協会 海外研究助成
2008年 ナテグリニド記念豊島研究教育資金 研究助成
2010年 公益信託三島済一記念眼科研究国際交流基金
     研究助成
2010年 北海道大学総長室事業推進経費
     公募型プロジェクト研究等支援経費
2011年 財団法人高齢者眼疾患研究財団 研究助成
2011年 公益信託参天製薬創業者記念眼科医学研究基金
2012年 公益財団法人武田科学振興財団 医学系研究奨励

受賞

2007年International Travel Grant (ARVO)
2011年第4回田野Young Investigator’s Award
(日本網膜硝子体学会)
2013年第18回ROHTO AWARD (ロート製薬株式会社) 
「糖尿病網膜症の病態形成における分子ネットワークの解明」
2016年Young Investigator Award(日本糖尿病合併症学会)  
「糖尿病眼合併症動物モデルの探索」
2017年北海道大学研究総長賞(北海道大学)
2017年 日本眼科学会評議員会賞(日本眼科学会)
「多機能蛋白に着目した糖尿病網膜症に対する創薬研究」

 

 

第121回日本眼科学会総会 評議員会指名講演を終えて

 

最近の論文10編 
糖尿病網膜症の病態と治療に関する検討を主におこなっております。

  1. Yoshida S, Murata M, Noda K, Matsuda T, Saito M, Saito W, Kanda A, Ishida S. Proteolytic cleavage of vascular adhesion protein-1 induced by vascular endothelial growth factor in retinal capillary endothelial cells. Jpn J Ophthalmol. in press
  2. Dong Y, Noda K, Murata M, Yoshida S, Saito W, Kanda A, Ishida S. Localization of Acrolein-lysine adduct in fibrovascular tissues of proliferative diabetic retinopathy. Curr Eye Res. 2017; 42: 111-117
  3. Matsuda T, Noda K, Murata M, Kawasaki A, Kanda A, Mashima Y, Ishida S.Vascular Adhesion Protein-1 Blockade Suppresses Ocular Inflammation after Retinal Laser Photocoagulation in Mice. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017; 58: 3254-3261
  4. Murata M, Noda K, Kawasaki A, Yoshida S, Dong Y, Saito M, Dong Z, Ando R, Mori S, Saito W, Kanda A, Ishida S. Soluble vascular adhesion protein-1 mediates spermine oxidation as semicarbazide-sensitive amine oxidase: possible role in proliferative diabetic retinopathy. Curr Eye Res. 2017; 42: 1674-1683
  5. Kinoshita S, Noda K, Saito W, Kanda A, Ishida S. Vitreous levels of vascular endothelial growth factor-B in proliferative diabetic retinopathy. Acta Ophthalmol. 2016; 94: e521-523
  6. Inafuku S, Noda K, Amano M, Nishimura S, Ishida S. Increase of sialylated N-glycans in eyes with neovascular glaucoma secondary to proliferative diabetic retinopathy. Curr Eye Res. 2015 Jul 15:1-4
  7. Inafuku S, Noda K, Amano M, Ohashi T, Yoshizawa C, Saito W, Kanda A, Nishimura S, Ishida S. Alteration of N-glycan profiles in diabetic retinopathy. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2015; 56: 5316-5322
  8. Ando R, Noda K, Namba S, Saito W, Kanda A, Ishida S. Aqueous humor levels of placental growth factor in diabetic retinopathy. Acta Ophthalmol. 2014; 92: 245-6
  9. Inafuku S, Noda K, Amano M, Ohashi, Yoshizawa C, Saito W, Kanda A, Nishimura S, Ishida S. A comparison of N-glycan profiles in human plasma and vitreous fluid. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2014; 252: 1235-1243
  10. Murata M, Noda K, Fukuhara J, Kanda A, Kase S, Saito W, Ozawa Y, Mochizuki S, Kimura S, Mashima Y, Okada Y, Ishida S. Soluble vascular adhesion protein-1 accumulates in proliferative diabetic retinopathy. Invest Ophthalmol Vis Sci.2012; 53: 4055-62
 
 
Copyright(C)2009 Department of Ophthalmology, Hokkaido University School of Medicine.All Rights Reserved.