関連寄附分野 眼循環代謝学分野

教授 〔学内兼務〕

石田 晋

出身大学 慶應義塾大学 1990年卒

 

専門外来 眼科一般

 

研究分野 眼細胞生物学、視覚科学

准教授 〔学内兼務〕

野田 航介

出身大学  慶應義塾大学 1995年卒

 

専門外来  黄斑(責任医師) 網膜硝子体、眼循環代謝

 

研究分野  網膜細胞生物学(血管)(グループチーフ)

特任助教

村田 美幸

出身大学  北海道教育大学 1996年卒

 

専門外来

 

研究分野

 

 眼循環代謝学講座チームは、これまでにlaser speckle flowgraphy とenhanced depth imaging optical coherence tomography を用いて様々な網脈絡膜疾患の脈絡膜循環動態および脈絡膜形態について検討してきました。例えば、脈絡膜を中心に炎症を来たすフォークト・小柳・原田病(原田病)や地図状脈絡膜炎では急性期に黄斑部の脈絡膜血流速度が低下、脈絡膜厚が肥厚し、副腎皮質ステロイド治療によりこれらの傾向が逆転することを報告し、この血流と形態の知見を脈絡膜の「炎症性パターン」と提唱しています。
 さらに今年は、原田病や地図状脈絡膜炎と同様に脈絡膜炎を主体とするacute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathyにおいても、急性期に黄斑部の脈絡膜血流速度が低下、脈絡膜厚が肥厚し、寛解期には脈絡膜血流速度が上昇、脈絡膜厚が減少することを、大学院生の廣岡氏が報告しました(Hirooka K,et al. Jpn J Ophthalmol. 2016)。また、AZOOR complex でも「炎症性パターン」が生じることを示し、一方で交感神経亢進が病態に関与する非炎症性疾患のcentral seroushorioretinopathy では急性期に脈絡膜循環速度と脈絡膜厚が上昇する「非炎症性パターン」となることを提唱してきましたが、さらに新たなパターンがあることも最近分かってきました。これら一連の研究成果は、齋藤航客員臨床教授の強いリーダーシップの下にこれまでおこなわれてきたものであり、北大眼科における眼循環研究の礎となっているものであります。
 今後さらなる発展を講座構成員一同で目指します。
 「生活習慣病に由来する眼疾患を対象とした診断機器の新規開発および診断機器を用いた眼底画像情報の客観的評価法の確立」と銘打っておこなっている眼底画像解析ソフトの開発プロジェクトは、村田美幸助教と齋藤理幸医員が中心となって推進してくれており、現在蓄積された膨大なデータの解析がおこなわれております。お力添えいただいている関係各位には、この場をお借りして心からの御礼を申し上げるとともに、解析結果について今後さらにご指導ご鞭撻をお願い致します。
 今後も様々な網脈絡膜疾患の解析を進め、新しい疾患概念の確立や病態の解明に取り組んでいきます。

野田 航介