眼形成手術外来

【責任医師】:石嶋  漢

【担当医師】:野崎  真世、鈴木  智浩、山本  哲平

 眼形成手術外来は主に手術による治療を担当させて頂いております。主 な対応疾患は眼瞼下垂、内反症、外反症、また兎眼矯正、涙道鼻腔吻合術、 眼球摘出、眼窩内容除去術、眼瞼の再建などです。最近の変化としては角 膜感染症を引き起こす内反症を積極的手術適応と考えて頂けるようになったのか内反症手術の紹介症例が増加しております。また抗がん剤による流涙症のご紹介も増加中です。

内反症は比較的にゆっくり進行し、あまり訴えのない症例も多く見受けられますが、特に高齢になり受診困難になった時に難治性角膜潰瘍として 紹介され最終的に眼球内容除去になる例もあります。今後高齢化が加速さ れますので通院出来なくなった時に困った事態にならないようにする事も 大事かと思われます。また、内眼手術後の眼瞼下垂もやはり一定数いらっしゃいます。小切開硝子体手術となり手術時間が短縮されている現在でも減った印象がないのは、腱膜にかかるストレスが手術時間に比例しないのではないかと考えております。

また本年度より鈴木智浩先生がフェローとなり、眼形成の手術に精励しております。鈴木先生も術中患者さんに手鏡を持ってもらいお互い左右差など確認し、納得いただいて手術されますので、術後経過も良く、現在の 患者満足度も高い印象です。今後も更に複数の術式の習得に入り、ハイレベルな成長が期待されます。

 減らない疾患に眼瞼の腫瘤があります。多くの場合当日の切除で比較的 良好な経過をたどるものの、睫毛内反などの合併症が起こり大事になった 話を聞くとある程度の精度が要求される手術と思います。この様なトラブ ルになりやすい疾患やその相談もご紹介いただければご説明させて頂きま す。

今後とも眼形成手術外来を宜しくお願い致します。