神経眼科外来

【責任医師】:新明   康弘

【担当医師】:石嶋   漢、中村   佳代子、鈴木 佳代

 いつも患者さんを紹介してくださる皆様に感謝しております。
 長年にわたって神経眼科で活躍していた野崎真世先生が大阪に転勤し、「真世ロス」を感じていますが、その代わり鈴木佳代先生が今年、新たに加入しています。鈴木佳代先生はデンマークで「痛み」の評価について研究をして、その研究の集大成として(?)出産までおこなって帰国しました。今年度は、新明、石嶋、中村と合わせて4名の医師で神経眼科外来を行っています。
 石嶋漢先生は眼形成外来チーフとの兼任で腫瘍の知識を生かしてIgG4関連眼症などを診察し、下がっている瞼もよく上げてくれます。今年は神経眼科相談医の資格も取得いたしました。脳神経外科や耳鼻科、形成外科など他科との合同手術にも積極的に参加し、何やらホルマリン標本を手にして嬉しそうにしています。
 中村佳代子先生は、眼瞼痙攣に対するボトックス治療や、北海道医療センターとの共同研究である脳脊髄液減少症に対する補液の効果を調べるなど、臨床に研究に大活躍しています。
 鈴木佳代先生は、「真世ロス」を埋めるべく、神経眼科のみならず、小児眼科、ぶどう膜外来と八面六臂の活躍です。麻痺性斜視手術にも積極的に取り組み、神経眼科外来をにぎやかにしています。
 よく分からない症例やお困りの症例がございましたら、是非ご紹介ください。今後とも神経眼科外来をよろしくお願いいたします。