角膜細胞生物学

グループチーフ:大口 剛司

 角膜グループの基礎研究部門である角膜細胞生物学のご紹介をさせて頂きます。

現在、以前よりご紹介させていただいている新たなdrug delivery system としての「結膜リン グ」(写真参照)について開発をすすめております。これは例えば加齢黄斑変性などに対し、繰り返し硝子体注射行う代わりの治療になり得るデバイスです。まず、ヒトに対し装用試験を行い、リング装用によるocular surface への検討を行ったところ安全性が確認されました。次に臨床応用へ向け、 薬剤の移行性および徐放性の上昇と装用感の改善のためリングのさらなる改良を行っております。動物実験ではエンドトキシン誘発ぶどう膜炎モデルマウスを用い薬剤の移行性を検討しました。

 

少しでも早く臨床応用 できるよう頑張ってまいりますので、 今後ともご指導のほどどうぞ宜しく お願い申し上げます。

 

図:結膜リングの装用写真