臨床研究主任挨拶
新たに眼細胞生物学視覚科学研究室(Laboratory of Ocular Cell Biology & VisualScience)の研究主任を拝命しました神田敦宏と申します。偶然にも新しい元号が始まった年と重なり、誠に光栄なことと存じております。これまで野田航介准教授が中心となり築き上げてきた研究室を村田美幸先生(研究副主任)と共に引き継ぐ形で、運営を任せて頂きました。
 
これはまさに、「巨人の肩の上に立つ(standing on the shoulders of Giants)」と言う言葉が当てはまると思っております。意味としては、「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです」。つまり「先人の積み重ねた発見に基づいて何かを発見すること」です。日頃、PubMed(生命科学や生物医学に関する参考文献や要約を掲載するサイト)にて文献検索などを行いますが、それと同様にGoogle Scholarというサイトも使用します。そのGoogle Scholarを使用する際に必ず「巨人の肩の上に立つ」という言葉が出てき、これを見る度に毎回これまで行われてきた諸先輩方の下支えがあっての今があると感じております。
 
研究室で目指すものは、“自ら探究心を持って行動する人材を育てること”です。ノーベル化学賞を受賞した野依良治先生が日本の教育に関するインタビューの中で次のように述べています。
 
「創造性のある科学者に必要なのは、良い頭ではなく「強い地頭」。自問自答、自主学習ができないといけない。それから、感性と好奇心。これが不可欠です。そして新しいことに挑戦しなければいけない。今の大きな問題は、好奇心をもって自ら問う力、考える力、答える力。これらが落ちているということ。問題の全体像を掴み、自ら考えて、答えを得るというプロセスがなければ、知力を培うことは絶対に出来ません」
 
日常の業務をただ無機質に行うのではなく、そのなかで新たな発見(病状の違いなど)をして、自問自答し、それに対して基礎科学的なアプローチでの解決策(治療法開発・原因解明)に興味を持たれた先生方と研究を行い、一緒に色んな事を考えていければいいなと思っております。仕事を義務としてこなすと苦痛が伴いますが、何か意義を見つけそれを探究(研究)すると、楽しい?仕事になるかと思います。
 
これまでの眼細胞生物学視覚科学研究室のアクティビティーを落とすことなく、臨床にフィードバック出来る基礎研究・臨床の疑問に答える基礎研究を行っていきたいと存じます。今後も引き続き、同門の先生方、医局の皆様、そして学外の多くの方々には温かくも厳しい、御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 
研究室で目指すものは、“自ら探究心を持って行動する人材を育てること”です。ノーベル化学賞を受賞した野依良治先生が日本の教育に関するインタビューの中で次のように述べています。
 
「創造性のある科学者に必要なのは、良い頭ではなく「強い地頭」。自問自答、自主学習ができないといけない。それから、感性と好奇心。これが不可欠です。そして新しいことに挑戦しなければいけない。今の大きな問題は、好奇心をもって自ら問う力、考える力、答える力。これらが落ちているということ。問題の全体像を掴み、自ら考えて、答えを得るというプロセスがなければ、知力を培うことは絶対に出来ません。」
 
日常の業務をただ無機質に行うのではなく、そのなかで新たな発見(病状の違いなど)をして、自問自答し、それに対して基礎科学的なアプローチでの解決策(治療法開発・原因解明)に興味を持たれた先生方と研究を行い、一緒に色んな事を考えていければいいなと思っております。仕事を義務としてこなすと苦痛が伴いますが、何か意義を見つけそれを探究(研究)すると、楽しい?仕事になるかと思います。
 
これまでの眼細胞生物学視覚科学研究室のアクティビティーを落とすことなく、臨床にフィードバック出来る基礎研究・臨床の疑問に答える基礎研究を行っていきたいと存じます。今後も引き続き、同門の先生方、医局の皆様、そして学外の多くの方々には温かくも厳しい、御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。