眼循環代謝外来

【責任医師】:加瀬 諭

【担当医師】:野田 航介、齋藤 航

2016年4月より眼循環代謝外来を引き継がせていただいております。

先代の齋藤先生は多大な臨床研究を推進しておりましたため、私では力不足ではないか不安を抱えながら仕事を行っております。本外来は黄斑外来、網膜硝子体外来とも連携し、様々な眼底疾患の病態を、眼循環の観点から検討を行っております。研究手法は蛍光眼底造影検査所見に加え、これまで当科で積極的に行ってきたレーザースペックルフローグラフィー(LSFG)を用いた黄斑部脈絡膜血流の解析を行っております。加えて、Swept-Source-OCT にて明瞭に脈絡膜を観察することが可能になり、脈絡膜厚も正確に測定し解析しております。併せて昨年よりOCTangiography (OCTA) が導入され、新しい診断および臨床研究のツールとして使用しております。このOCTA は簡単に説明しますと、OCT の撮影において赤血球の動きを捉え、画像化したものであり、造影剤を使用せずに眼底の血管を明瞭に描出することが可能であり、非常に有用なイメージングです。近年では、加齢黄斑変性に対するルセンティスやアイリーアを用いたPDT トリプル療法や様々な眼内腫瘍におけるOCTA とLSFG の比較などの検討を行っております。併せてMEWDS、PIC、AZOORといった炎症性眼底疾患も症例の収集、解析を行っております。本年度は左記のごとく、眼付属器MALT リンパ腫に対する放射線照射を施行した症例の脈絡膜血流解析結果について、日本眼循環学会で報告いたしました。

今後とも眼循環代謝外来をなにとぞよろしくお願いします。

 

左眼MALTリンパ腫と加齢黄斑変性の前駆病変である網膜色素上皮の色素異常を伴う症例に対して、左眼部に総線量30Gyの放射線照射を施行した1例。

照射を行った左眼の脈絡膜血流は寒色系が目立ち、血流の相対値であるMBRも右眼に比較し低下した。