黄斑外来

【責任医師】:野田 航介

【担当医師】:齋藤 航、吉澤 史子、加瀬 諭、森 祥平、齋藤 理幸、  鈴木 智浩

 黄斑外来は、毎週木曜日午後2時から主に抗VEGF 製剤などを用いた薬 物治療を必要とする黄斑部疾患の診療をおこなっております。加齢黄斑変性など脈絡膜新生血管をともなう疾患、糖尿病黄斑浮腫や網膜静脈閉塞症 などが主な対象疾患ですが、その他の黄斑疾患も診療させていただいております。

黄斑疾患の病態評価には造影検査が有用でありますが、昨年導入された NIDEK 社のOCT angiography が近頃バージョンアップされ、疾患にっては造影剤の使用なしでも後極部の網膜血管の評価や病態の把握がある 程度可能となりました。無侵襲という観点では患者負担も軽減されて、とてもいい診察機器だと思います。また、治療面でも抗VEGF 製剤やステロ イドテノン嚢下投与の薬物療法、光線力学療法、網膜光凝固などの治療手 段を病態にあわせて使用して、視機能予後の改善を目指しております。

 

 

糖尿病黄斑浮腫

抗VEGF製剤が適応承認となり、診療の幅が広がりました。