涙道外来

【責任医師】山本 哲平

【担当医師】石嶋 漢、野崎 真世、鈴木 智浩

 涙道外来では流涙を訴える患者さんの診察・治療を扱っています。高齢者の後天性鼻涙管閉塞に対する治療が最も多く、涙道内視鏡を使用して、 シリコン製の涙管チューブを挿入することが多いです。また、新生児の先天性鼻涙管閉塞、結膜弛緩症などの治療も行っています。

涙道内視鏡を用いないチューブ挿入は随時行っています。涙道内視鏡を用いて行うチューブ挿入は月に2回、月曜日の午後に行っています。涙道内視鏡の解像度も以前より向上し、涙道内部の観察がしやすくなりましたが、それでも涙道の閉塞が強く、涙管チューブが挿入できない場合もしばしばあります。そのようなときは涙嚢鼻腔吻合術を行う必要があります。

今年度は北海道涙道研究会による第1回の勉強会も開催されました。北海道で流涙の治療を行っている所はまだ多くありませんが、興味がある先生は多いように感じます。今後涙道内視鏡を導入する施設が増えることを期待しています。

鼻涙管閉塞などで涙があふれているにもかかわらず、歳だからとあきら めている患者さんが多いです。治療可能な場合も多いため、流涙で困って いる患者さんがいたらご紹介ください。

 

 

涙嚢摘出術