涙道外来

【責任医師】山本 哲平

【担当医師】石嶋 漢、鈴木 佳代、董 陽子

涙道外来は流涙を訴える患者さんの診察・治療を行っています。今年度は山本、石嶋、鈴木佳代先生に加えて董陽子先生が涙道外来を手伝ってくれています。涙道内視鏡を用いた治療は、月に2回、月曜日の午後に行っています。涙道内視鏡を用いないチューブ挿入は適宜行っています。また、鼻涙管の閉塞が強くチューブが入らないときは涙嚢鼻腔吻合術をおこないます。

高齢者の後天性鼻涙管閉塞に対する治療が最も多く、涙道内視鏡を使用して涙管チューブの挿入を行うことが多いです。また、結膜弛緩症の治療や新生児の先天鼻涙管閉塞症の治療も行っています。先天鼻涙管閉塞は経過をみていると自然に改善することが多く、今までは1歳まで経過をみても治らないときにブジーをしていました。しかし、1歳を過ぎると患児の固定が難しくなりますし、早めにブジーをする方が治癒率が良いというデータもでてきているため今後ブジーをする時期をすこし早めようと思っています。

鼻涙管閉塞による流涙に対して、昔はブジーをしても治癒率が低かったこともあり、あまり重要視されていなかった領域だと思います。しかし涙道内視鏡の登場で涙道内腔が観察できるようになったことで、治療成績が格段に向上しました。流涙はQuality of vision にも影響をあたえます。涙で困っている患者さんがいたらご紹介いただけると幸いです。

急性涙嚢炎