涙道外来

【責任医師】山本 哲平

【担当医師】石嶋 漢、鈴木 佳代

涙道外来は流涙を訴える患者さんの診察・治療を行っています。後天性の鼻涙管閉塞に対する涙管チューブ挿入や、結膜弛緩症に対する治療、また先天性鼻涙管閉塞に対するブジーなども行っています。涙道の閉塞が強く、涙管チューブが挿入できない場合は涙嚢鼻腔吻合術を行います。
涙道内視鏡を使用してのチューブ挿入は月に2回月曜日に行っています。今年度から鈴木佳代先生が涙道外来のチームに新しく入って頑張ってくれています。
涙道内視鏡が登場して数年たち、道内でも導入する施設が少しずつ増えています。しかし道東などの遠方からはるばる紹介されていらっしゃる方もいて、まだまだ北海道の地方では涙道治療は普及していないのだなと思います。
また普段外来で診察をしていると、鼻涙管閉塞があり治療の適応があっても、点眼薬などで経過観察になっている患者さんが時々います。先生方も忙しい診療の時に涙道洗浄をするのは少し手間がかかることですが、流涙の訴えの強い方はぜひ一度涙道洗浄をして、閉塞しているようでしたら涙道外来にご紹介いただけると幸いです。

先天性鼻涙管閉塞症の涙道内視鏡画像