クリニカルカンファレンス(実績表)

2021年

日付内容・担当
2月3日「若年者の急な複視と内斜視」(太田純哉先生/ 指導:安藤先生)
2月10日「風邪をひいてから目が見えにくくなった」 千葉先生/ 指導:南場先生・斎藤先生)
2月17日「スペキュラ所見が特徴的であった片眼性の緑内障症例」(韓先生/ 指導:木嶋先生)
2月24日臨床研究委員会企画:「臨床研究に関する書類の探し方」木嶋先生
3月3日臨床研究委員会企画:「特定臨床研究について」田川先生
「色素性傍静脈網脈絡膜萎縮症が疑われた症例」(藤田先生/ 指導:加瀬先生)
3月10日「CSC?」(発表:横井先生/ 指導:齋藤先生)
3月17日「健常な若年者のCRVO」(発表:谷向先生 / 指導:斎藤先生)
4月28日「Sturge-Weber症候群による続発緑内障に一過性の網膜静脈蛇行が生じた1例」金谷先生

2020年

日程
曜日
内容
1月8日リサカンに変更
1月15日リサカンに変更
1月20日「小児の硝子体混濁」(長谷川先生 指導:加瀬先生)
1月22日「瞼が下がる疾患といえば?」(新海先生 指導:田川先生)
1月27日リサカンに変更
2月5日「頭痛を伴った脈絡膜肥厚の一例」(廣岡先生 指導:田川先生)
2月12日「眼瞼腫瘤を呈した涙小管炎の1例」(水門先生)
2月19日「角膜総合診断医 Dr.OG」金谷先生(大口先生)
2月26日「外傷性眼球破裂の一例」(片岡先生)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、一時休止
6月3日結膜に生じたMalignant spindle cell neoplasmの1例 (水門先生 指導医:加瀬先生)
6月10日加齢黄斑変性 (谷向先生 指導医:安藤先生)
 6月17日君はステロイドを使えるかい?(田川先生)
 6月24日看護師はつらいよ(長谷先生)
 7月1日PD-1阻害薬ペムブロリズマブによる免疫関連有害事象(品川先生)
7月8日病院にかかったことはありません(酒井先生)
7月15日3歳時検診で弱視を指摘された1例(清野先生)
7月22日研究室説明会  WEB(LIVE)配信予定
7月29日BRVOに対する網膜光凝固の可否(田中先生)
8月5日そして左眼も見えなくなった(新海先生)
10月21日眼内炎で紹介された1例(太田先生)
10月28日点眼のるつぼ 〜あなたならどうする〜(門先生)
11月4日コンタクトレンズを1か月間つけっぱなしにして角膜潰瘍を生じた1例(韓先生 指導医:田川先生)
11月18日大きくなる まぶたのできもの、なーんだ(庄子先生 指導医:加瀬先生)
11月25日高眼圧・前房消失で紹介された一例(千葉先生 指導:木嶋先生)
12月2日無治療のHIV感染者のおでき(藤田先生 指導医:加瀬先生)
12月9日突然見えなくなった(横井先生 指導医:齋藤理幸先生)
12月16日両眼が突然見えなくなりました…(谷向先生 指導医:安藤先生)

2019年

日付曜日内容 担当
  1月9日 水 先天網膜分離症 鈴木(智)
 指導医:
  1月16日 水 リサカンに変更 
  1月23日 水
「Light Eye Syndrome」

外眼筋の神経支配以上の疑い

 鈴木(佳)
 指導医:
  1月28日 月
「小児眼窩腫瘍の1例」

静脈奇形

 柴田
 指導医:加瀬
  1月30日 水 リサカンに変更 
  2月4日 月「片眼性の虹彩毛様体炎?」 新海
 指導医:南場・岩田
  2月6日 水「以前のカンファで検討した左眼瞼腫瘍の8才男児の経過報告」(特発性眼窩炎症) 翁
 指導医:石嶋
  2月13日 水「聴力障害を伴った両眼の汎ぶどう膜炎」→Cogan症候群 長谷川
 指導医:
  2月20日 水 タイトル未定 相原
 指導医:未定
  2月27日 水 タイトル未定 山口
 指導医:未定
  3月6日 水あっ!あ~!!あ~~~!!!(硝子体手術中の失敗から学ぶ教訓) 董
 指導医:
  3月13日 水「角膜の中にゆるキャラが?」(感染性角膜潰瘍の一例) 渡邉
 指導医:大口
  3月20日 水連絡事項(と術前検討)のみ 
  3月27日 水連絡事項(と術前検討)のみ 
  4月 3日 水「All Night Long] 清水
 指導医:
  4月10日 水 リサカンに変更 
  4月17日 水 休み 
  4月24日 水「瞳孔不同の一例」(動眼神経下枝麻痺の一例) 柴田
 指導医:
  5月1日 水 休み 
  5月8日 水 リサカンに変更 
  5月15日 水 両眼性の視力低下 新海
 指導医:新明
  5月20日 水 リサカンに変更 
  5月22日 水 角膜移植と輪部移植を施行した一例(アルカリ外傷) 長谷川
 指導医:大口
  5月29日 水 網膜白色病の一例 品川
 指導医:
  6月5日 水 リサカンに変更 
  6月10日 月 リサカンに変更 
  6月12日 水 リサカンに変更 
  6月19日 月 白点症候群の鑑別 齋藤(理)
 指導医:
  6月26日 水 リサカンに変更 
  7月3日 水「10年目の・・」(レクトミー術後10年後の脈絡膜剥離の一例) 木嶋
 指導医:大口
  7月10日 水 リサカンに変更 
  7月17日 水 リサカンに変更 
  7月24日 水
 感染性角膜潰瘍の穿孔例に対し治療的全層  角膜移植を施工した一例
 金谷
 指導医:大口
  7月31日 水 連絡事項(と術前検討)のみ 
  8月 7日 水 連絡事項(と術前検討)のみ 
  8月14日 水 連絡事項(と術前検討)のみ 
  8月21日 水 連絡事項(と術前検討)のみ 
  8月28日 水 白内障手術合併症(Infusion Misdirection Syndrome) 水門
 指導医:
  9月4日 水 リサカンに変更 
  9月11日 水 リサカンに変更 
  9月18日 水 リサカンに変更 
  9月25日 水 連絡事項のみ 
  10月2日 水 タイトル未定 清水
 指導医:
  10月9日 水 リサカンに変更 
  10月16日 水 リサカンに変更 
  10月23日 水 なし 
  10月30日 水 リサカンに変更 
  11月6日 水 リサカンに変更 
 11月11日 月 タイトル未定 片岡
 指導医:
  11月13日 水 連絡事項のみ 
  11月20日 水 リサカンに変更 
  11月27日 水 リサカンに変更 
  12月4日 水 タイトル未定 赤岡
 指導医:
  12月9日 月 リサカンに変更 
 12月11日 水 タイトル未定 清野
 指導医:
  12月16日 月 ラプチャー症例 
 12月18日 水 タイトル未定 大田
 指導医:
 12月25日 水 タイトル未定 松本
 指導医:

2018年

日付曜日内容 担当
1月15日 月白内障手術中に核落下し紹介受診した一例 新海
 指導医:
1月22日リサカンに変更 
1月29日 月CACDの1例 荻野
 指導医:
2月5日 月眼窩先端症候群の一例 草島
 指導医:
2月14日 水両眼性角膜浮腫の1例 秋元
 指導医:
2月19日 月角膜混濁の一例 和田
 指導医:
2月26日 月老視用角膜インレー抜去後角膜混濁の一例 木嶋
 指導医:
3月5日リサカンに変更 
3月7日 水初診時に眼位異常がなかった小児斜視外来の一例:周期性内斜視 鈴木(佳)
 指導医:
3月12日 月虹彩異常の1例(ICE症候群) 草島
 指導医:
3月19日 月「充血の一例」(埋没法術後のナイロン系による角結膜障害) 鈴木(智)
 指導医:
3月26日リサカンに変更 
3月28日 水角膜混濁の1例(角膜硬化の1例) 福津
 指導医:
4月4日 水リサカンに変更 
4月11日 水リサカンに変更 
4月18日 水なし 教授&野田先生他 日本眼科学会参加者不在のため 
4月23日 月 不可逆性散瞳に対する瞳孔形成術 藤谷
 指導医:
4月25日 水 Heavy eye Syndrome vs Sagging eye Syndrome.  鈴木(佳)
 指導医:
5月2日 水 原因不明の若年者ERMの1例 董
 指導医:
5月9日 水 白内障手術中に両眼デスメ膜剥離を生じた1例 白枝
 指導医:
5月16日 水 リサカンに変更 
5月21日 月  VMTSの一例 柴田
 指導医:加瀬
5月23日 水  TPートレーニングプログラムー 清水
 指導医:なし
5月30日 水 タイトル未定 草島
 指導医:
6月6日 水 両眼性虹彩異常の一例 木嶋
 指導医:大口
6月13日 水リサカンに変更 
6月20日 水 視覚障害認定基準変更について 木嶋
 指導医:なし
6月27日 水 半落ち, IOL脱臼 董
 指導医:
7月4日 水リサカンに変更 
7月11日 水リサカンに変更 
7月18日 水リサカンに変更 
7月23日 月画像が大事な1例(脈絡膜骨腫) 鈴木(智)
 指導医:加瀬
7月25日 水鉄の意志② ーMIVSの挑戦ー(鉄片による穿孔性眼外傷) 清水
 指導医:なし
8月1日 水上脈絡膜腔出血の1例 藤谷
 指導医:なし
8月8日 水 急速に片眼の視力が低下した症例(動脈瘤による圧迫性視神経症) 白枝
 指導医:
8月15日 水 連絡事項、症例検討あり 
8月22日 水 小児緑内障の1例 柴田
 指導医:陳
8月29日 水専門医試験には出られない疾患(deller) 草島
 指導医:大口
9月5日 水リサカンに変更 
9月12日 水リサカンに変更 
9月19日 水リサカンに変更 
9月26日 水リサカンに変更 
10月3日 水リサカンに変更 
10月10日 水なし 
10月15日 月アルゼンチンフラッグ 相原
 指導医:加瀬
10月17日 水強膜炎治療中に角膜混濁を発症した一例 翁
 指導医:
10月22日 月両眼の眼底病変を認めた症例 病名: 強脈絡膜石灰化症 山口
 指導医:
10月24日 水術前検討と連絡事項 
10月31日 水家族性滲出性硝子体網膜症 渡邉
 指導医:董
11月7日 水 「視力低下の原因は?」 →繰り返す角膜異物による不正乱視 長谷川
 指導医:大口
11月14日 水「伏兵に襲われて・・・」(眼外傷の後遺症に関して) 新海
 指導医:新明
11月21日 水 円錐角膜 木嶋
 指導医:大口
11月28日 水 境界明瞭な網脈絡膜萎縮を認めた1例 藤谷
 指導医:
12月5日 水 留学報告 董
 指導医:
12月12日 水 視交叉部腫瘍と視交叉 石嶋
 指導医:新明
12月19日 水連絡事項・症例検討 
12月26日 水 どーん!的外傷 清水
 指導医:なし

2017年

日付曜日内容 担当
1月16日「消えた、出血。15の夜」橋本
指導医:齋藤(理)
1月23日網膜でも斜視でもない話(網膜メラノーシス)安藤
指導医:なし
1月30日角膜輪部デルモイドの治療木嶋
指導医:大口
2月6日リサカンに変更 
2月13日器質化した網膜下血腫により術中網膜剥離を生じた加齢黄斑変性症の1例齋藤(理)
指導医:なし
2月15日眼底に出血と滲出斑を伴う片眼性の汎ぶどう膜炎で紹介された1例福津
指導医:水内
2月20日「眼球内容除去」→眼球鉄症石嶋
指導医:なし
2月27日乳児の再発性前房出血野崎
指導医:なし
3月6日リサカンに変更 
3月13日リサカンに変更 
3月20日休会 
3月27日リサカンに変更 
4月3日リサカンに変更 
4月10日「増殖硝子体網膜症(PVR)手術を振り返って」
指導医:なし
4月17日リサカンに変更 
4月24日連絡事項のみ 
5月1日症例検討「tertiary : 第3の、3次の、3期の」Reticular Pseudodrusen安藤
指導医:なし
5月8日「知っておきたい!点眼薬の知識」
指導医:なし
5月15日「怪奇! 月食??」木嶋
指導医:なし
5月22日CTR使用報告藤谷
指導医:なし
5月29日専門医試験対策:病理石嶋
指導医:なし
6月5日両眼に滲出性網膜剥離がみられた一例鈴木(佳)
指導医:水内
6月12日黄斑部黄色病変の一例鈴木(智)
指導医:森
6月19日多焦点、眼内レンズ挿入眼の硝子体手術加瀬
指導医:なし
6月26日神経炎症におけるDock8とミクログリアの機能原田 高幸 先生
7月3日休会 
7月10日リサカンに変更 
7月19日パッと見ではわからない視力低下の一例福津
指導医:未定
7月24日先天期間で著名な培大をきたした眼窩腫瘍の一例松本
指導医:加瀬
7月31日ヒドロキシクロロモン網膜症 スクリーニングのプロトコール安藤
指導医:未定
8月7日「手術、その前に」
指導医:未定
8月14日休会 
8月21日前房蓄膿を伴うぶどう膜炎新海
指導医:未定
8月28日リサカンに変更 
9月4日リサカンに変更 
9月11日リサカンに変更 
9月25日リサカンに変更 
10月2日角膜混濁の一例荻野
指導医:未定
10月16日Rieger症候群に外傷を併発した一例草島
指導医:未定
10月18日眼瞼下垂の一例和田
指導医:未定
10月23日両眼角膜混濁の1例秋元
指導医:未定
10月30日火の輪くぐりの一例木嶋
指導医:未定
11月6日リサカンに変更 
11月13日リサカンに変更 
11月20日リサカンに変更 
11月27日タイトル未定鈴木智浩
指導医:未定
11月29日タイトル未定石嶋
指導医:未定
12月4日タイトル未定藤谷
指導医:未定
12月6日タイトル未定鈴木佳代
指導医:未定
12月11日タイトル未定福津
指導医:未定
12月18日リサカンに変更 
12月20日 水 タイトル未定 安藤
 指導医:未定
12月25日 月 タイトル未定 森
 指導医:未定