ぶどう膜炎外来 Intraocular Inflammation

 

【責任医師】南場 研一

【担当医師】岩田大樹、水内一臣、品川真有子、鈴木佳代、長谷敬太郎、山本拓、西村萌美、加瀬諭、伊東崇子、西堀宗樹、大野重昭、北市伸義

 

 

 

現在、常勤の南場、岩田、水内、加瀬、品川、長谷、大学院生の鈴木佳代、山本および非常勤として西堀、伊東、西村(敬称略)という布陣で頑張 っています。大野重昭名誉教授、北市伸義先生(北海道医療大学病院長)はぶどう膜炎外来に来ていただくのは難しいご様子ですが、重要な助言を多々いただいております。

 

ぶどう膜炎の診療の中では、ステロイド薬、免疫抑制薬、生物学的製剤レミケード®、ヒュミラ®)による内科的な治療に加えて、様々な合併症に対する外科的な治療が必要になることもあり、これも我々ぶどう膜炎グループの重要な仕事であると考えています。もちろん、続発緑内障の手術は緑内障グループにお願いしていますし(丸投げ?)、増殖性変化の強い硝子体手術時には網膜グループに助けていただくこともありますが、それら以外の、併発白内障に対する白内障手術や、黄斑前膜、急性網膜壊死に対する硝子体手術などはぶどう膜炎グループでおこなっています。
 
ぶどう膜炎症例でのそれらの手術は、技術的にも難しいのですが、術前後の炎症コントロールについても、術前からの予測と術後の迅速な対応が求められます。
 
伝統ある当ぶどう膜炎グループをこれまで同様、ご支援いただきますようよろしくお願い致します。
 

 

ぶどう膜炎併発黄斑前膜(ERM)に対する硝子体手術術中写真粘着性の高いERMを剥離し、次にILMを剥離するためにブリリアントブルーG(BBG)で染色したところ、黄斑部はBBGで染まらず、つまり、すでに内境界膜も剥離されていた。粘着性が高い症例ではERMとILMが一緒に剥離されることがある