眼循環代謝外来 Ocular Circulation and Metabolism

 

【責任医師】加瀬 諭

【担当医師】齋藤 航、野田 航介、齋藤 理幸、安藤 亮、清野 有紀子、田中 孝幸

 

 

 

眼底:中心窩近傍に赤色調の数珠状の拡張した血管性腫瘤がみられる (矢印)。

 

 

LSFG:同部は暖色系を示し(白丸)、本病変はうっ血では なく、過灌流であることが判明した。

 

2016年4月より眼循環代謝外来を引き継がせていただいております。先代の齋藤先生は多大な臨床研究を推進しましたため、私では力不足ではないかと不安を抱えながら診療を行っております。

 

本外来は黄斑外来、網膜硝子体外来とも連携し、様々な眼底疾患の病態を、眼循環の観点から検討を行っております。研究手法は蛍光眼底造影検査所見に加え、これまで当科で積極的に行ってきたレーザースペックルフローグラフィー(LSFG)を用いた黄斑部脈絡膜血流の解析を行っております。LSFGは網脈絡膜の血流速度や血流量を反映し、黄斑部では80%以上脈絡膜血流を反映します。画像において寒色系では低灌流、暖色系では過灌流を示し、定量的に評価も可能です。Swept-Source (SS)-OCTにて明瞭に脈絡膜を観察することが可能になり、脈絡膜厚も正確に測定し解析しております。併せて2017年よりOCT-angiography (OCTA)が導入され、新しい診断および臨床研究のツールとして使用しております。実際には、加齢黄斑変性に対するラニビズマブやアフリベルセプトを用いたPDTトリプル療法、MEWDS、PIC、AZOORといった炎症性眼底疾患におけるOCTAとLSFGの比較などの検討を行っております。

 

併せて、眼内腫瘍におけるLSFGやOCTAの解析にも力をいれており、2020年は図に示すように眼底に腫瘤性病変として検出されるChoroidal macrovesselにおける循環を解析し、英文雑誌に掲載されました(Kataoka K, Kase S, et al. Ophthalmol Retina 2020)。

 

今後とも眼循環代謝外来をなにとぞよろしくお願いします。