眼形成手術外来 Oculoplastic Surgery

【責任医師】石嶋漢

【担当医師】水門由佳、董陽子

眼形成手術外来は毎週木曜の午前に日帰り外来手術、午後に診察や処置を中心とした外来を行っております。対応疾患は眼瞼下垂、内反症、流涙症、外反症、結膜弛緩、腫瘍などです。

 

本年度より責任医師の石嶋が医大前中川眼科に異動になりましたが、水門由佳先生、董陽子先生と毎週木曜日にこれまで通り外来診療を対応させて頂いております。

 

疾患では眼瞼下垂は動眼神経麻痺の部分症状として現れる事も知られています通り、眼瞼下垂以外の症状がある場合慎重な鑑別を要します。MRIが必須になる場合もあり、急な発症、瞳孔異常、眼球運動障害のある場合はご紹介頂くほうが安全です。

 

最近は外眼部手術後の相談もあり、術後のトラブルや修正なども対応しております。

 

また、腫瘍では良性疾患と思われる症例の1%は悪性です。眼科医は霰粒腫を多く診察しますが、脂腺癌などは必ず出会います。ご紹介いただいた患者様は多くの場合当日の切除を行い病理診断を行います。初回の切除のみで比較的良好な経過をたどる症例も多いのも外眼部の腫瘍の特徴です。

 

トラブルになりやすい疾患やその相談も、ご紹介いただければ可能な限り迅速に対応させて頂きます。今後とも眼形成外来を宜しくお願い致します。

上涙小管炎です。菌石の排出に涙小管切開を行うこともあります。

外反症です。瞼の支持組織の緩みが原因のため外科手術を行います。腫瘍で外反を呈することもあります。

外反症です。瞼の支持組織の緩みが原因のため外科手術を行います。腫瘍で外反を呈することもあります。