石川県

甘納豆かわむら

 甘納豆は古くからある伝統的な食べ物であるが、実際のところ、滅多に食べる機会がない。北海道のローカルフードとして知られる“甘納豆入り赤飯”や、日本料理店などで“煮豆”を食べる機会はあっても、甘納豆を食べることはないのである。これまで僕が食べて美味しいと思った甘納豆は、山形 「老舗 長榮堂(→ その他日本の旨い店・山形県の頁を参照)」 と「山田屋 ふうき豆本舗」の“富貴豆(青えんどう豆の甘納豆)”くらい。
 今回、金沢の川口先生が贈ってくれた「甘納豆かわむら」の甘納豆は、とてもバラエティに富んでいて、これまで食べた甘納豆のベストと言っても良いくらい洗練された味わいだった。また、味だけではなく、パッケージも洒落ている。今回は、頂いた甘納豆を全種類一気に開けて医局員や秘書たちと食べ比べてみた。実は、甘納豆というジャンルの品を、これほど一気に食べ比べてみたのは初めて。その結果、僕の選ぶベストアイテムは、小さな壺に入った「豆壺(まめつぼ)」だった。小豆の他、白く大ぶりの“白花豆(白インゲン豆)”と茶色い“金時豆(赤インゲン豆)”が入っている。とりわけ、白花豆はフックラしていながら深いコクがあって素晴らしい。素朴でありながら、豆の美味しさがストレートに伝わってくる。
 次に良かったのは「大浜の黒豆」。少しシワがあるドライタイプなので、他の豆と異なり、食感もしっかりとしている。噛んでいるうちに、タンニンの深くリッチな味わいが口の中を包みこむ。その他のお勧めは、「能登大納言」と「大粒隠元 白花美人」、そして唯一甘納豆ではない「糖菓子 いよかん」。「能登大納言」は、小豆の香りが濃縮されていて美味しい。名古屋名物の小倉トーストとして、バタートーストの上に載せて食べても最高であろう。「大粒隠元 白花美人」は、最も大きな白インゲン豆で、こちらも食感がしっかりとしている。白系の豆とは思えないくらいのコクがあり良かった。「糖菓子 いよかん」は、柔らかな苦みといよかん特有のフレッシュな香りが秀逸で、オレンジピールよりも絶対に美味しいと思う。ちなみに、本店以外で販売している店舗はないようで、ネットでの購入もできない。来店できない場合には、唯一電話かファックスでの購入が可能。(2013年1月追加)

金沢市野町2-24-7  
電話番号:076-282-7000
定休日:第1火曜(祝日の場合には営業、夏季休業と正月休業有り) 
営業時間:平日9時半~18時、日曜・祝日9時半~17時 
予算:豆壺1200円、大浜の黒豆300円、糖菓子 いよかん250円 
アクセス:JR金沢駅から北陸鉄道バス野町駅行きで15分、広小路下車すぐ。タクシーで行くのがベストかも。 
最寄りのランドマーク:にし茶屋街、野町広小路交差点 
お勧めポイント:これまで僕が食べた甘納豆のベスト

金沢 味 五郎八(ごろはち)

 香林坊にある人気居酒屋。客層は地元客が多いようだが、僕らのような観光客もチラホラ見受けられる。1階にはカウンターとテーブル席、2階には座敷がある。夏の日本海の「岩牡蛎」や加賀野菜を代表する「金時草(きんじそう)の酢の物」、「鴨の治部煮」、「ホタルイカの沖漬け」、「げそ酒盗石焼き」、冬の「本マグロやブリの刺身」、地物の「バイ貝の刺身」などの美味しいメニューが目白押しである。特に、「ノドグロの姿焼き」はシットリとした身にタップリとのった脂が最高だった。名物の「ぶり旨か味噌」は日本酒のあてに良かったし、「海鮮ライスコロッケ」はビールのお供としてもグット。また、刺身に本わさびを使用するなど、居酒屋としてはかなり良心的で、評価は堂々の1つ星である。但し、二代目なのか?若い店主の素っ気ない対応や店員をしかる態度には、思わず評価を下げようかと思ったが、老練な板長の対応がとても良かったので、ここは目をつむろう。日本酒は淡麗なものしかなく、「遊穂」、「大慶」など地酒にこだわっているようだ。(2012年10月追加)

金沢市木倉町3-3  
電話番号:076-222-5680
営業時間:17時半~23時20分(火曜~土曜)、 17時~22時50分(土日)
定休日:月曜
予算:刺身盛り合わせ(6点盛)1680円、ぶり旨か味噌580円、金時草の酢の物480円、海鮮ライスコロッケ480円、飲み放題1600円(90分)、2100円(120分)
アクセス:香林坊にあるKOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテルから通りを南に進み、サンクスを過ぎた信号を右折。次の通りで少し道が右へずれるが直進するとすぐ右側。KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテルより徒歩3分 
最寄りのランドマーク:KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテル 
おすすめポイント:加賀野菜や地物の新鮮魚介が味わえる人気居酒屋

あいじ

 大通りから少し入った小路にある寿司店。若く坊主頭の店主と女将さんの2人だけでやっている。開店してから7年目を迎えるそうだが、最近改装したのかとても清潔感がある。小上がりや個室などはなく、カウンター席が僅か7~9席のみ。寿司はやや小ぶりで、ネタとシャリのバランスがとてもいい。昆布締めやヒカリものなど、仕事を施されたネタも多く、餡かけの蒸し寿司なども美味しい。基本的に夜のみの営業であるため、昼は予約があるときだけ営業する。昼は握り寿司12貫だけの1コースで、つまみと寿司が頂けるのは夜のみ。中心部の片町にありながら、極めてコストパフォーマンスの良い店である。(2012年10月追加)

金沢市片町2-30-2 片町ペントハウス1階  
電話番号:076-234-3733
営業時間:17時~23時 
定休日:日曜 
予算:昼(予約のみ)5000円、夜(おまかせ)7000円~ 
アクセス:香林坊にある「KOHRINBO109」、「金沢エクセル東急ホテル」から通りを南に進み、「サンクス」、「松屋」を過ぎ、「8番らーめん」を過ぎた進入禁止の小路を右折。150mほど直進するとすぐ右側。KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテルより徒歩5分 
最寄りのランドマーク:KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテル 
お勧めポイント:コストパフォーマンス抜群の優良寿司店

ル・ミュゼ・ドウ・アッシュ
       KANAZAWA

 石川県立美術館内にあるカリスマ・パティシエ辻口氏のスイーツ店。店内は天井が高く鏡を多用しているため、実際よりも広く感じられる。また、外に面したガラス窓も大きく開放的で、金沢城内の木々を見渡せる素晴らしいロケーションである。黒を基調とした店内にはショップの他、イートインスペースのカフェや日本茶を供するモダンな茶室スペースも備えている。茶室スペースでは、宇治玉露+炒り立てほうじ茶とオリジナルスイーツのコース(通称:コンセプトG)を頂ける。ケーキは名古屋版で紹介した 「フォルテシモ アッシュ(→ 名古屋版スイーツの頁を参照)」 とかなりかぶるところがあるが、この店の限定品も幾つか見受けられた。「フォルテシモ アッシュ」に比べると、この店の方が味付けが若干甘めで、販売しているアイテム数も少ない。「フォルテシモ アッシュ」でも紹介した苺のショートケーキ「セゾンドガトー」は、ピュアな生クリームが素晴らしく、まるで東京「ホテル ニューオータニ」内にある「SATSUKI」のスーパーショートケーキのよう。こちらの方がスポンジのきめが細かく、スーパーショートケーキよりもいい感じだ。この日は苺でなく桃を使用していた。「ルビーロマン フレ」は、1房1万円以上もする高級ぶどう「ルビーロマン」を使用したオリジナルムースケーキ。近江町市場で一粒280円で売っていたことを考えると、かなりお得感のあるケーキだ。さらに、能登ミルクを使用した「のとミルク杏仁」や「のとミルクプリン」などのこの店オリジナルのスイーツもある。加えて、「マンゴープリン」もトロけるような美味しさだった。(2012年10月追加) 

金沢市出羽町2-1 石川県立美術館内  
電話番号:076-204-6100
営業時間:10時~18時半 
定休日:無休 
予算:セゾンドガトー500円、のとミルク杏仁450円、マンゴープリン480円、コンセプトGは11時~17時までの1時間毎のコース3000円 
アクセス:アクセス:香林坊にある「KOHRINBO109」、「金沢エクセル東急ホテル」から信号を渡り、広い通りを「金沢市役所」、「金沢21世紀美術館」方面に進む。更に、左に兼六園の石垣を見ながら直進すると右側にある。KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテルより徒歩15分。 
最寄りのランドマーク:石川県立美術館 
お勧めポイント:カリスマ・パティシエ辻口氏のスイーツ店

つぼみ

 金沢市役所裏にある食べログで人気の甘味処。土壁と木を使ったインテリアは、古さと新しさが融合した落ち着いた雰囲気である。春と秋には川沿いの窓が開け放たれ、川のせせらぎが聞こえて心地良い。お勧めは「かき氷」。氷の削り方が薄くまるで泡雪のようで、僕の理想とするかき氷である。このタイプのかき氷は、どうしてもシロップを掛けるとすぐにドロドロに溶けてしまうため、この店は自分でシロップを掛けながら食べる。この日頂いた「生イチジクのかき氷」と「抹茶のかき氷」はいずれも美味しかった。また、「本蕨もち」や「本葛もち」は、国産の蕨根と葛根を用いて作られるが、他店に比べると幾分弾力がある。どちらも美味しいが、どちらかと言えば、黒蜜が付いた「本蕨もち」の方が僕好み。また、「アイスグリーンティー」に付いてきたイチジク羊羹も美味しかった。今回頂かなかったが、この店の「本葛きり」も旨いらしい。何れのメニューにもほうじ茶である加賀棒茶が付く。近くにある「カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ」でランチを食べた帰りか「金沢21世紀美術館」に行った際に寄ることをお勧めしたい。(2012年10月追加)

金沢市柿木畠3-1(金沢21世紀美術館そば)  
電話番号:076-232-3388
営業時間:11時~19時 
定休日:水曜 
予算:かき氷(生いちぢく、生黄桃、抹茶あずき)840円、本蕨もち890円、アイスグリーンティー680円 
アクセス:アクセス:香林坊にある「KOHRINBO109」、「金沢エクセル東急ホテル」から信号を渡り、広い通りを「金沢市役所」、「金沢21世紀美術館」方面に進む。茶色の「金沢市役所」と「金沢21世紀美術館(角にお多福軒がある)」の間の通りへ右折し、川を過ぎたらすぐ右折すると右側にある。KOHRINBO109、金沢エクセル東急ホテルより徒歩10分。 
最寄りのランドマーク:金沢市役所、金沢21世紀美術館 
お勧めポイント:金沢で人気の本格的和風甘味処

一献(いっこん)

 若い店主と女将の2人でやっているカウンター8席だけの小さな店。客層は地元客以外に、僕らと同じ観光客もちらほら。料理はシンプルな盛つけながら全般的に美味しい。しかし、店主1人で作っているせいか、塩味や火の通し方に多少ブレがみられる。コースで必ず出されるというイワシのすり身はフワッとしていて絶品。また、今回刺身として出された本マグロの大トロとしめ鯖の2品はいずれも美味しかった。さらに、最後の締めの土鍋御飯(今回はサンマの土鍋御飯)や手作りの上生菓子も良かった。なお、21時半以降は単品料理も楽しめる。お酒は日本酒やワインの他、梅酒なども置いている。コストパフォーマンス的にはとても良く、店主は若くてかなり勉強熱心なだけに、今後の成長が期待できそうだ。(2012年10月追加)

金沢市片町1-4-4  
電話番号:076-263-2121
営業時間:18時~23時半 
定休日:日曜 
予算:コース8000円~ 
アクセス:香林坊にある「大和デパート」より通りを南に進み、マクドナルドを過ぎ、「カラオケ・コートダジュール」を過ぎた角を左折。直進するとすぐ左側。「大和デパート」より徒歩4分。
最寄りのランドマーク:大和デパート、カラオケ・コートダジュール 
お勧めポイント:若い店主が作る期待の日本料理店

鮨 志の助

 市街地から少し離れた住宅街にある寿司店。若い店主と女将の2人で店を切り盛りしている。店内に入ると心地よい木の香りが漂う。席はゆったりと広めのカウンター席が10席のみ。この店のネタは極めて鮮度が良い極上品。なので、つまみがとても美味しく、お酒とつまみだけで暫く食べていたいほど。握り寿司の方は、シャリは良いのだが握り方は緩めで、何故か手毬寿司のように丸い。江戸前寿司のような粋な美しさはなく、ズングリとしていて不格好である。握り寿司としてはギリギリ合格点といったところだが、使用している素材と値段を考えれば、極めてコストパフォーマンスの良い店である。ガスエビやノドグロ、しめ鯖、小鯛、バイ貝、白貝などの地物魚介を、最高の状態で供してくれる。(2012年10月追加)

金沢市入江3丁目73番地  
電話番号:076-216-5280
営業時間:12時~14時半、18時~21時半 
定休日:水曜、日曜、祝日 
予算:寿司だけならお任せで8000円くらい 
アクセス:JR金沢駅よりタクシーで15分 
最寄りのランドマーク:入江三丁目交差点、Honda Cars石川西 
お勧めポイント:地物魚介を最高の状態で供してくれる寿司店